day 71 石川県 穴水町 雪で寒い中、家から締め出された田舎バックパッカー! ~結花はぶつぶつと…文句と勝ち誇った笑み~

2011年1月16日(日) − 朝から雪が降り続いていた。積雪20センチぐらいだろうか…

穴水町の岩車地区で、ここまで雪が積もることは珍しいそうだ。

穴水町 雪

【石川県 穴水町 岩車周辺に積もった雪】

昨日作った牡蠣ご飯を朝食べて、新田さん宅から椿崎の家へとバスで戻る。

かなり寒かったが、外でバスを待った。しかし、雪の影響で、到着予定時刻になってもバスが来ない。

穴水町 雪 冬

【石川県 穴水町 岩車周辺に積もった雪】

到着時刻が、20分過ぎたところで、ぼくらは歩き始めた。とにかく、寒くて手が痛い!

歩いて5分後に、バスが近づいてきた。しかし、ぼくらは既に歩き始めている!

いつも焦っている結花ちゃんは「急いでバス停まで引き返そう!」と言い張る。

 

バス停じゃなくても乗せてくれるバス

ぼくは「いや大丈夫だろ。戻っても間に合わない、きっと停まってくれるさ」とリラックスモード。

バス停ではなかったが、「田舎では、どこでも、手を挙げれば、バスに乗せてくれるよ」と、みんなに言われていたことを思い出し、手を挙げて、バスに乗せてもらった。

今まで、都内で仕事していたとき、頑張って走っても、停まってもくれなかったが…、

田舎のバスはなんとも良い意味で“ざっくばらん”で…おおらかな感じだ。

椿崎のバス停で降り、家に向かっていくときに、なんと!家の鍵を忘れたことに気づいた…。しまった!

昨日、三井の100円温泉に行き、家の鍵!タオル、シャンプー、着替えが入ったビニール袋を、新田さんのクルマの中に入れっぱなしにしてしまったのだった。

雪が積もり、寒い中、朝からやってしまった!

能登半島 冬 厳しい

【石川県 穴水町 椿崎 氷柱(ツララ)…寒そう…。そりゃ手が凍るな…】

窓の鍵が開いてないか調べるが、こんなときに限って、全ての鍵を閉めている。

お風呂の窓でさえ閉まっていた。まぁ、どちらにしろ、その窓は高い位置にあり、よじのぼることはできない。

結花は、「あーあー、いつも私にぶつぶつ言うくせに、どうしたの~、いくちゃん」と、「やった~」という勝ち誇ったような、笑みを浮かる。

さてどうするか…(続きはこちら

<前回のストーリー 『day 70 石川県穴水町 “体にスーっと入っていく…”『100個の能登産 焼牡蠣』の夕べ ~ 『田舎の倉庫』での夜の楽しみ!「牡蠣の炊き込みご飯」と「海鼠(ナマコ)酢漬け」の作り方も(“ざっくり編”) ~ 』>

<次回のストーリー 『day 71.1 石川県 穴水町 『ピンチはチャンス』 ~ 家にようやく入れたが…寒過ぎでお湯がでない! ~ 』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す