Noto Anamizu Iwaguruma - 能登 穴水町 岩車

田舎旅するバックパッカー×広報: 能登の田舎でプレスリリース作成中…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

能登・穴水町岩車(石川県) – 前からちょこちょこと伝えているが、ぼくは、“田舎旅する”広報マンとして、ここ奥能登の田舎の遠隔地やバックパッカーの旅先から、東京などのベンチャー企業の広報をサポートしているわけで…

ここ数日は大阪の情報セキュリティ専門の会社のプレスリリース作成に取り掛かっている。

広報の仕事はリリース作成と配信だけではない

リリース作成…数日から約1週間は作成に集中したいところだが…中々時間が取れない。

いきなりだが…

プレスリリースの書き方が重要なのは言うまでもない。が、作成して配信するだけでは、効果ある広報活動にはつながらない

ただ単にプレスリリース配信サービスを活用して、情報発信すればよいと思っている企業や個人事業主が多いが、広報はそんな甘いものでは成り立たないし、楽ではない。

プレスリリース配信サービスの代表的な例はベクトル社が運営しているPR TIMESだが、そこから配信されたリリースは見ないという記者も少なくはない。

個人的には、リリースがそのまま自動的にメディアのリリース専用サイトに転載されることから、客観性にかけていたり、記者は「もう既に沢山掲載されている」と考え…独自の視点で記事を書く気が失せてしまうのではないかと思う。

ただ「載らないより載せたほうが良い」という視点もあるだろう。なので、PR TIMESの活用は工夫して気を付けて活用したほうが良いだろう。

広報の仕事の目標は…“メディアに掲載してもらうこと”、そして、それが最終的に売り上げなどにつながれば尚良いわけだ。

日々、メディア/記者の手元には何百ものリリースが届く。驚きのニュース/ネタだったらともかくとして、「書き方に工夫をこなし作成する+配信をする」だけでは、メディアは取り上げてくれないし、配信先も編集部へ送信すれば良いってものではない。

“メッセージの打ち出し方”と“リリースを活用したアプローチ/活動の仕方・手法”が重要なのだ。

「驚きのニュース/ネタだったらともかくとして…」と書いたが、いわゆる“小さなニュース”をいかにどう取り上げてもらうか…を考え動くことが広報の重要な役割なのだ。

広報マンにとって、リリースは“あくまでも広報の一つのツール”でしかない。

ぼくは能登の遠隔地や、時には旅先にいるわけだが…実際行っている広報の仕事/活動はもちろんのこと、リリースの作成だけではない。

「田舎で広報の仕事?!」

そもそも、田舎/地方のほうでは…役場が発行する「広報誌が“広報のすべて”」だと思っている人がほとんど。『広報』を理解している人と出会ったことはない。

そんな背景もあり…「田舎で広報の仕事?!」の観点から考えると、広報の仕事を田舎で行うことは大変難しい。そして、広報は“現場が重要視される仕事”でもある。同じ業界にいる広報マンにとっては「おまえ、どうやって田舎で広報の仕事を請け負ってんだ?」と思われている。

 
って…ここまでリリースについて語り始めておいてアレだが、今は広報について詳しく語っている時間はないのだった…

近々…ってもう来週だがこれまでとは少し違った場所へのバックパッカー旅が待ち構えている。

最近はもろもろばたばたしていて、久々の旅となるわけだが…今回は驚きのスポットとなる。

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 



IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 【予告】田舎バックパッカーブログ読者にフィリピン行き航空券をプレ…
  2. アイルランド 『Game of Thrones』と『Star Wars』のロケ…
  3. 穴水町 岩車 限界集落 今日も遊び場 ブランコ独占状態 – バックパッカーが…
  4. Iwagruma Anamizu Ishikawa 能登半島 石川県 穴水町 岩車 農山漁村の『岩車』に移住した理由 ~ 東京で“埋もれる”よりも田…
  5. 能登の田舎から...ロンドン・ビジネススクールへ ?!え!?留学…
  6. 珠洲 大雪 見附島 Suzu Heavy Snow Mitsuke island 能登での田舎暮らし:寒波再び?穴水の『大雪』はいかに?積雪は&#…
  7. 穴水町 岩車 猪 イノシシ バーベキュー 能登・穴水町の岩車漁港で“イノシシ”パーティー – …
  8. 銀座コリドー マイモン 牡蠣 Ginza Korido Oyster Restaurant Maimon 田舎旅:リアルな田舎「鎌倉」への途中 「銀座コリドー街」の『牡蠣…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

スタートアップビジネスプランコンテスト いしかわ2020 Carstay 宮下晃樹 Carstay代表の宮下晃樹さん、ISICO「スタートアップビジネスプランコンテスト いしかわ2020」へ 長野県 みどり湖 振り向くカモシカ day 3 長野県 みどり湖と白駒の池 カモシカと遭遇 ~ 今夜はどこで寝るのか… ~ Carstay CMO 田端信太朗 資金調達 【速報】CarstayのCMOに田端信太朗氏が就任 「バンライフ」ワールド市場浸透に加速 「バンライフこそ未来のライフスタイル」 読売テレビ バンライフ 車中泊 カーステイ Carstay 【メディア掲載】大阪の読売テレビ「かんさい情報ネットten.」にバンライフ特集で登場 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 【メディア掲載】住める駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. トヨタ ハイエース, hiace toyota
  5. 穴水町 鮭, salmon in anamizu Ishikawa, 石川県 鮭
  6. 能登 うさぎ, 穴水, 石川県 野生動物, rabbit anamizu

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
東京の駅だったら批判殺到?!能登牡蠣“破格”食堂『あつあつ亭』2018年1月7日から
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
【田舎で仕事 ‐ 田舎バックパッカーハウス】「さよなら、ぼくのモンスター」のコナー・ジェサップが写真で語る『結生の能登暮らし』続編
冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~
day 10.3 石川県舳倉島の『へぐら愛らんどタワー』
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。