2011-01 Experiencing Life in Noto - 能登での田舎暮らし体験

day 65.1 石川県穴水町 8家族分の味噌作り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
穴水町 自家製味噌作り

2011年1月10日(月) − 8:30頃から、新田さんが改装した外の倉庫内で味噌作りがスタートした。

集まったメンバーは、新田さんやぼくら田舎バックパッカーの他、新田さんの従兄弟、お母さん、お母さんの友だちとその友だちの元同僚など総勢10名。

穴水町 自家製味噌作り

【石川県穴水町 白味噌作り 新田信明さん宅に集まった、味噌作りメンバーのみんな】

 

味噌作りのプロセス

1. 味噌1年分/8家族分の味噌を作るので、大量の水を沸かす大きな“鍋”が必要となる。

半分に切ったドラム缶を巨大な“鍋”代わりに使用して、薪(まき)で水を沸かす。

ドラム缶に入った水を沸かすので、当然のことながら、火はドラム缶の下にセットされている。

そのセットの仕方には、下のコンクリートに、火や火による熱の跡がつかないようにするシンプルな工夫をする。

コンクリートの上(火の下)には、鉄板が敷かれ、その鉄板の下には、細かい石を沢山置いている。

単純だが、これがコンクリートに火の跡がつかないようにするための工夫である。

自家製味噌 薪 大豆

【石川県穴水町 白味噌作り。このような感じで薪で火を熾かす。薪の下には、火の跡がつかないようにするための工夫として、鉄板や細かい石が敷いている】

2. カーテンレースのような生地に包まれた白豆を、熱湯が入った半サイズのドラム缶に入れて茹でる。

白豆は、茹でる2~3日前から、水につけておくと、柔らかくなり、茹で時間が短縮されるそうだ。

白豆を茹でると灰汁(あく)が湧いてくるので、灰汁をとる。ちなみに、白豆から作っている味噌は、もちろん白味噌!

味噌づくり 自家製

【石川県穴水町 白味噌作り。薄いレースの生地に白豆入れることで、ドラム缶の中で豆がばらばらにならない】

自家製味噌 美味しい

【石川県穴水町 白味噌作り。白いレース生地から白豆を出して、茹で汁をきる】

3. ある程度柔らかくなってきたら白豆をドラム缶からだし、茹で汁の水分をきって、専用の機材に入れて白豆をミンチにして“ぐしゃぐしゃ”にして挽き始める。

この写真や動画の通り、ハンドルを回して、“ぐしゃぐしゃ”につぶす。

ぼくはこのハンドルを回すかかり。回し続けると、結構な力仕事になってくる。

豆がある程度柔らかければ、そう重いハンドル回しにはならないが、茹ですぎると豆が柔らかくなりすぎて、中に豆が“ぐにゃぐにゃ”の状態で詰まってしまい、ハンドルが空回りすることがある。

さすがに、一人でずっと回していると腕が疲れてくるので、滝川さんや、なおしろさんと交代して、白豆ミンチ機材のハンドルを回す。

【石川県穴水町 白味噌作り。白豆を専用の機材に入れて、“ぐしゃぐしゃ”にして、ミンチ状態にする】

自家製 味噌作り

【石川県穴水町 白味噌作り。白豆を専用の機材に入れて、“ぐしゃぐしゃ”にして、ミンチ状態にする】

白豆がミンチ状になったものが、その機材の穴から出てくるので、大量のお漬物を作るときに使用するような大型容器のバケツに落としていく。

そのバケツの中に、塩、豆の茹で汁、発酵に必要な麹(こうじ)を入れて、素手でよく混ぜる。

量の割合は、全て「半々で混ぜる」とのことだ。豆約1斗、麹一升、塩八合(一合約160グラム)、茹で汁を適量、入れる。ちなみに麹は一升で300円。

【石川県穴水町 白味噌作り。白豆、麹、塩を混ぜる】

4. 混ぜ終わったら、透明の大型ビニール袋がセットされた容器のバケツに入れるのだが、入れる前に虫が入らないよう、赤唐辛子を数個ビニール袋内の下に入れる。

豆、塩などを混ぜたものを入れたら、その上にも、唐辛子を数個のせる。

そして、袋を閉めて、その上に重石をのせれば、下準備完了!

手作り味噌 完成

【石川県穴水町 白味噌作り。最後に、虫除けとして、数個の赤唐辛子を味噌の下と上に置いて、袋を閉じ、重石をのせて、下準備完了。半年後ぐらいに、発酵されて、白味噌の完成となる】

混ぜたものを、約6カ月間おいて、発酵させると“白味噌”になり、ようやく完成となる。

一家族で5升(ちなみに1升は約1.8リットル)。新田さん宅では毎年、約8家族分、約1年間分の味噌をつくっているそうだ。

この一連の作業が終わると、味噌が入ったバケツは、新田さんの倉庫に保管される。

大根 唐辛子 自家製

【石川県穴水町 新田さん宅に干してある赤唐辛子や大根】

このバケツをもっていく人もいれば、自宅で置く場所がないため、新田さんの倉庫で保管する人もいる。

新田さんのお母さんは、この味噌作りを約20年も続けているそうだ。

自家製 味噌

【石川県穴水町 新田さん宅での味噌作り】

自家製 味噌

【石川県穴水町 新田さん宅での味噌作り】

ざっとだったが、これが味噌作りの一連のプロセス。

それにしてもこの“発酵”、微生物を混ぜるという技術。一体誰が考えたのだろうか…

※また、来年1月に、石川県穴水町に行く予定なので、そのときに、より詳細な分量を紹介したいと思う。(続きはこちら

<前回のストーリー 『day 65 石川県穴水町 薪を使った“味噌作り”準備開始 』>

<次回のストーリー 『day 65.2 石川県穴水町 (“味噌作り”の途中に)『そうだ!“微生物”を食べ物に入れてしまおう!』または『あ!微生物が入った物を食べてたね!』の発想からの創造 ~ “微生物”を食べることを決めたクレイジーな人たち ~ 』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 田舎 地方 イタチ itachi japanese mink イタチと遭遇し…東京土産が大量のネギとナマコに“変身”した今朝
  2. 能登へ田舎旅…ジャパンテント三日目・最終日 奥能登一周から穴水…
  3. 田舎へのバックパッカー旅の合間に…有楽町の外国人記者…
  4. 古民家 屋根 改修 田舎で空き家を借りるとき大抵 改修する箇所は?
  5. 田舎時間 稲刈り “米”と“牡蠣”作業で田舎と13年の交流 東京の“サラリーマン”…
  6. 能登 キリコ祭り 本祭り 第二回目『田舎体験』- 穴水町岩車の『キリコ祭り』翌日の『本祭り…
  7. 穴水町 岩車 おばあちゃん 娘の“とある”友だちは80代
  8. 能登/日本海側は雪だが

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

天草 バックパッカー夫婦 テント泊 day 99.5 旅人のトイレと風呂に関する“革新的”な発想?! 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan 田舎へのバックパッカー旅の背景『ぼくの人生 これでいいのか』の自問自答 su singularity university 社会問題 ビジネスチャンス シンギュラリティ大学 「社会問題は優秀な人材が集まれば一気に解決できる」 シンギュラリティ大学のミッションをローカルレベルに 北陸中日新聞 カナダ人映画監督 穴水で脚本 能登暮らし 創造力刺激 コナージェサップ メディア掲載:中日新聞『カナダ人映画監督 穴水で脚本』コナー・ジェサップ 能登の農家民宿 ゆうか庵 輪島塗 夕飯 昼食 ishikawa noto town hostel experience wajima nuri lunch dinner <写真で振り返る>田舎体験 2日目 奥能登一周 能登町の豪華“料亭”農家民宿

牡蠣販売サポート中!2019年12月から今季の真牡蠣販売・出荷開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
群青 吹奏楽団 天の川 チラシ ポスター
  1. nuroモバイル ソネット 0SIM
  2. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  3. 石川県 穴水町 岩車 積雪
  4. 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師
  5. 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅
  6. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP