2011.02: <九州>福岡県(小呂島)・長崎県(池島・五島列島)

day 81.4 長崎県 池島炭鉱の歴史について ~日本初の“海水淡水化装置”はこの池島で…~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
2011131日(月) – さて、どんどんまじめな話しになる。次は、池島炭鉱の歴史について。

海外の炭鉱でコンサル事業を展開する三井松島リソーシスの従業員は約3040名。その他、池島には産業廃棄物のリサイクルをする池島アーバンマイン2007年設立、従業員数は約80人)がある。アーバンマインでは、廃車となった自動車のパーツ、金属などを集めて再資源化している。産業廃棄物は、主に長崎県や周辺の県から届くそうだ。

三井松島リソーシスと池島アーバンマインは、三井松島産業株式会社(旧・松島炭鉱株式会社で、設立は1913年。会社発祥の地はこの名の通り長崎県の松島)のグループ会社。ちなみに、このスーパーPine(パイン)も三井松島産業の傘下。
1952(昭和27年)に池島の炭鉱(海底)を掘り始めた。この時に近くの島“松島”から池島間の海底送電線も完成させ、徐々に炭鉱設備を整え、掘削(くっさく)を開始した。

長崎県 池島 掘る技術が進化し、機械化が進む
1958、池島港も完成し、翌1959(昭和34年)から石炭の出荷が開始された。労働力も人間の手から、マシンで炭鉱を掘り起こす“ドラムカッター”を導入、保安体制の整備も始めた。
この頃が、池島の炭鉱経済の急成長となる幕開けとなったのだ。人口も急増し、従業員アパート、発電所など、急ピッチでインフラ整備が開始された。1964年(昭和39年)、池島にスーパーマーケット「タマヤストアー」が開店。1965年(昭和40年)には、池島小学校や社宅も完備。1978(昭和53年)までで1,200戸の社宅が建設された。

長崎県 池島発電所と淡水化装置
1967(昭和42年)には、台風到来の停電対策として、池島発電所を建設。発電所の排熱を利用して、池島海水淡水化装置日本初の造水設備も完成。島内で安定した飲料水の確保もできるようになった。池島が日本で初めて、淡水化装置を導入していたなんて…

長崎県 池島 賑わったアパートと島
最も多かった池島の人口は、1970(昭和45年)頃で、8,000だったそうだ。また、最盛期、池島炭鉱の従業員は全盛期、2,400だった。生徒は1,000人以上。
炭鉱の発展に伴い、島のインフラ整備は進み、1982(昭和57年)ごろ、池島に病院も完備。総合的な治療はもちろん、入院もできるようになった。同年には、スーパーが拡大され、島であらゆるモノの購買が完結するようになった。当時、魚屋が2軒、肉屋が2軒あったそうだ。レジャー施設や道路も整備されてきた。釣り船も港に置かれ、船が豊かさのシンボルになっていた。その他、レジャーとして、池島ではボーリングが大人気だったそうだ。(続く
<前回のエピソード 『day 81.3 長崎県 池島 小さな島の技術が新興国で活かされている ~“歩けない建物”が取り残された池島…一体どんな島なのだろうか…~』>
<次回のエピソード 『day 81.5 長崎県  池島炭鉱…海面下650mの世界を“マンベルト…”“ドラムカッター…”で… ~採炭掘進の給料は…~』>

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. day 74 福岡県博多へ 夜行バスで。っとその前に“事件”発生…
  2. day 87.5 森クリーニングの森さん宅での“民泊”の愉快なお…
  3. day 84.4 「なぜ結花は“ひょこひょこ”と…」ふっと考える…
  4. day 81.1 長崎県 大瀬戸から“池島”に向けて出発 ~池島…
  5. 五島列島・小値賀島 “ぶうさん”宅での民泊編をアップ ~ バック…
  6. day 87.4 森さん宅へ戻る前に…五島列島・小値賀(おぢか)…
  7. day 86 田舎バックパッカーが“子牛”の競り『牛市』に参加?…
  8. day 81.6 長崎県 池島 約40棟の“歩けない”アパートた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

バンライフ 娘 親子 能登 石川県 【メディア掲載】『Suumoジャーナル』の『バンライフ』特集に登場 Australian travel blogger Jean Carmela 【田舎で仕事】フィリピンへのブロガーツアーから4年 豪ラグジュアリー旅ブロガーのジーンと再会 day 81.9 長崎県池島 熱すぎる柔道家との“焼酎ナイト” ~ 人生 逃げずに立ち向かう ~ ガイアの夜明け カーステイ メロウ キャンピングカー 医療機関 支援 【田舎・地方で仕事 – 広報】来週6月16日放送の『ガイアの夜明け』に登場 ~ 医療現場でキャンピングカーが活躍 ~ ハイエース 仕事 【仕事しながら“ちょい”田舎旅】『中居湾ふれあいパーク』

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
フジテレビ めざまし8 AU,AU電波障害
  1. 穴水町 小学校 統合, 向洋小学校, 小学校 説明会
  2. inaka backpacker japan
  3. 穴水 車中泊, 石川県 バンライフ,北陸 バンライフ, 中川生馬
  4. 穴水町 車中泊,石川県 車中泊,石川県 バンライフ,ふれあいパーク
  5. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
【能登での田舎暮らし】石川県穴水町の小学校の統合に関する説明会 7月14日開催 そもそもなぜ統合ありきで話しが進んでいるのか?
day 70.1 石川県輪島市 3ヶ月滞在予定が20年以上に 田舎の森の中に住み“デザインを冒険する”漆芸作家スザーン・ロスさんとの出会い
【星空旅スポット】能登・穴水町で『天の川』 ~ 街灯がない地方の魅力 ~
脚本執筆のために「田舎バックパッカーハウス」シェアハウスに滞在したConnor Jessup(コナー・ジェサップ)の新作ドラマ
石川県穴水町のシェアハウス兼“住める駐車場”車中泊スポット「田舎バックパッカーハウス」< 公式概要と利用料金について>
day 52 高知県 沖の島の『赤い有名人』1 ~ 自己ブランドを構築する荒木健吉さん ~
【田舎バックパッカーハウス】能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス、長期間 車中泊滞在“バンライフ移住”可能な<住める駐車場>『バンライフ・ステーション』について
【能登での田舎暮らし】添加物賛成・反対派に関する質問をみて 結局 添加物ありがいいの?なしがいいの?
day 70.4 輪島塗の現状 ~ 輪島に残れない輪島塗に熱心な次世代 ~
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。