能登 穴水町 - Anamizu Town (Ishikawa Pref)

能登・穴水 朝焼けの七尾北湾に浮かぶボラ待ちやぐら ~ 潮騒の道や中居湾ポケットパークなどの車中泊やテント泊?!したくなるスポット ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

穴水町 岩車 – 七尾北湾からの「ボラ待ちやぐら」の朝焼けだ。こんな風景を眺めながら…朝を迎えることもできる…能登での田舎暮らし。

穴水町 根木(あなみずまち ねき)からの「ボラ待ちやぐら」の朝焼け

純粋~に、自然~に、気持ちが良い。ひょっこり海を見れば、稚魚や手のひらサイズぐらいの魚が泳いでいる。

このボラ待ちやぐらをテレビで見かけることが多いのではないだろうか。そう、あの相撲界でも有名になってきている若手力士・遠藤関の化粧まわしにも描かれている。

のと鉄道の穴水駅で遠藤関とバックパッカーファミリー

このボラ待ちやぐらは、江戸時代からの原始的で“のんびり”した漁法。ボラは、音に敏感で、静か~~に待たなければいけないそうだ。ボラの群れが網に入ったところを、やぐらの上から確認し、海底に仕掛けた網をたぐりあげ、ボラを獲る。

国道249号線の根木や、中居湾ポケットパーク、潮騒の道、椿崎の別荘地周辺などの湾に設置されている。

ぼくらバックパッカーのお薦めは「潮騒の道」…ボラ待ちやぐらを見たり、穴水の里海や里山を体感しながら散策を楽しむことができ、のんびり一日中のんびりできる場所もある。ぼくらのような旅人はこの潮騒の道をとおると、「ここでのテント泊も快適だろうなぁ~」っと思ってしまう。しかし、トイレがないのだ。

穴水町 川島(あなみずまち かわしま)の「潮騒の道」と「ボラ待ちやぐら」 地元の人たちにも好かれるウォーキングスポットでもある。

中居湾ポケットパークは、車中泊スポットとして活用するのも良いのではないだろうか。このポケットパークには日々、釣り客も集まってくる。

穴水町 川島(あなみずまち かわしま)の「潮騒の道」にある「ボラ待ちやぐら」

穴水町 中居(あなみずまち なかい)の「中居湾ポケットパーク」 トイレもあり、屋根付きで木のテーブルがある交流スポットもある

さて、こんな風景を早朝から目に焼き付け…

これから、ほんの数日、友人の結婚式のために、穴水町岩車から約350キロ離れた長野県軽井沢へ行く。

せっかくなので…その他どこへ旅するか…

穴水町 中居(あなみずまち なかい)の「中居湾ポケットパーク」

穴水町 中居(あなみずまち なかい)の「中居湾ポケットパーク」 「ボラ待ちやぐら」 の解説。しかし、「ぼら」って…見たことがない人が多いのではないだろうか…

ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!



IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 能登・穴水町の大きなナメコ
  2. 結生ちゃんカメラマン&バックパッカー撮影中 能登さくら駅<能登鹿島駅>にて 日本最大の“桜駅”能登さくら駅<能登鹿島駅>へ ~ 着物モデルも…
  3. 20ヶ月世界を旅している韓国からの友人と能登の生活スタイルを ~…
  4. 田舎へのバックパッカー旅からの“必然的”出会いと“つながり”
  5. day 70 石川県穴水町 “体にスーっと入っていく…”『100…
  6. サクラサク能登・穴水町 岩車で 大津波警報が!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

キャンピングカー 家 秋葉博之 秋葉洋子 “住める駐車場”長期滞在可能な究極車中泊スポット「バンライフ・ステーション」に再び秋葉さん夫婦 ウミネコパーラー かき氷 穴水町 金沢 『ウミネコパーラー』穴水町新崎店 閉店、金沢市石引店に完全移転とお引越し 〜 田舎の移住者受け入れ体制ってどうなの? 〜 カーステイ バンシェア carstay van share rv campingcar キャンピングカーのカーシェア本格稼働 車中泊仕様の車を激安利用?!車中泊仕様の車で副収入も?! 朝日新聞 バンライフ asahi vanlife 【メディア掲載】朝日新聞 夕刊に登場 「バンライフ」という生き方とは? 地方移住 小学校 子育て 穴水町 石川県 田舎バックパッカーハウス 【娘の田舎暮らしと旅日記 – 奥能登・石川県穴水町】3じかんめのときたのしかったこと

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
田舎バックパッカーハウス, 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan
  1. ハイエース バンライフ, ハイエース 仕事, バン 仕事
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
【カーステイ車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
映画「人生、いろどり」上映をきっかけに『石本商店』再オープン ~ シェフ・谷本徹さんの噂のカレー ~
【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!<2021年7月2日追記>
5歳の娘、今夜も“家の前”で車中泊?!将来は大物バンライファ―?!
day 70.4 輪島塗の現状 ~ 輪島に残れない輪島塗に熱心な次世代 ~
長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。