2011-02-03 Before Leaving for Kumamoto - 九州 熊本へのバックパッカー旅前の出来事

バックパッカー旅、次はどこへ… 大震災後 鎌倉散策しながら村尾茂雄さんと語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
村尾茂雄

2011年3月19日(土)神奈川県鎌倉市 – 東日本大震災の翌日から、ぼくはほとんど家で、地震の被害をテレビで見つつも、これまでのバックパッカー旅の記録や写真を整理して…「今後どうしていくか」含め自分の頭の中を整理していた。

樹ガーデンで語る 中川生馬と村尾茂雄

行動も重要だが、立ち止まって考えるバランスも重要だろう。

ぼくらは旅先でほぼ毎日と言っていいほど、人と出会い様々な話しを聞き、そこで感じたことを細かくメモをしていた。

主に聞く話しはそこの地域のこと、出会った人の生きざまや暮らし方/ライフスタイルや働き方などについて。

2010年10月から始まった旅だが、厚さ1センチ程度のメモ帳が数冊、写真と動画のデータ量は既に2テラバイに達していた。

村尾茂雄

 

自分ができることを行い進む

それはともかく…

長年の広報の職業柄、震災に関する政府の記者会見の様子をテレビで見ていると、思うことは沢山ある。

「原子力安全保安院の広報はすごく緊張しているなぁ」と思ったり…

あらゆる場所で記者会見が開催され情報が入るが、同じタイミングで、官房長官と原子力安全・保安院の会見が開催され、情報が錯綜する。

もう少しタイミングをあけてほしいなぁ…などと思ってしまう。

気になるのが…福島県の原子炉だ。原子力発電所にて、なんらかの爆発的事象があったとされる。

原子炉そのものの爆発なのかは確認できていない…専門家を交えて調査中らしい。

福島第二原発では10キロ圏内の退避勧告がでている。10キロだけで大丈夫なのだろうか…

そして、津波の影響で、海と民家の境目がわからないほどの状態になっていた。

鎌倉 大仏 斜め角度から 撮影

「被災地に行って現地で困っている人たちのサポートをしに行くべきか…」地震が起きた時から考えている。

しかしながら、今後、結花は子どもを産む可能性もある。自分の体への放射能の影響も心配だ。「被災地へ行くべきではない」とも考えてしまう。

それに、現地での宿泊、食料、風呂など…被災者のほうが必要としており、個人が行っても余計な資源を使ってしまい、逆に迷惑になってしまうかもしれない。



NPOや役場の広報をサポートするなど、自分の広報スキルを活かしたサポートの仕方があるのではないだろうか。

全国紙記者の友人に連絡し…現地の状況含め「できること」を聞くなどした。

だが、どうしても東北方面へ足が向かないのだ。原発から発生する放射能の人体への影響が心配だ。

そして、ぼくら自身が今後進むべき道も決まっていない。

今は自分たちに比重を置いて物事を考える時期ではないだろうか…

などと…あれこれ考えた。

 
最終的に「できることをする」しかないと考え、母校・オレゴン大学と大学日本人同窓会のメンバーと義援金を募ることにしたのだ。

そして、余震や結花の体調が落ち着くまで、鎌倉に滞在し、気分転換に手広のファミレス「ジョナサン」に行くなどして、旅の記録を書いたり、写真の整理を続け、時は過ぎていった。

 

震災から1週間後…

久しぶりにオレゴン大学からの友人 村尾茂雄さんと再会した。

震災の影響で、週末なのに、全く混雑していなかった鎌倉を散策しながら、今後について思ったことを語った語り合った。

オレゴン大学 ポニーキャニオン 村尾茂雄

村尾茂雄さんは長崎県佐世保出身。現在、東京で映画関係の仕事をしている。

将来的には、プロデューサーとして、才能ある監督や俳優などと共に、映画をつくり、自分がプロデュースした映画で、みんなに感動を伝えたいと考えている。

映画のジャンルは問わず、茂雄さんがプロデュースした映画で、観た人の「人生観が変わったり・豊かになる映画をつくりたい。日本が“外”に目を向けたり、“外”が日本に目を向かせるような映画をつくりたい。人の悩みを解消させたり、観て元気づけられる映画づくりに励みたい」と熱くもろもろ細かく語る。

ポニーキャニオン 村尾茂雄 Pony Canyon Shigeo Murao

茂雄さんはとにかく、良い意味で“必要以上に”あらゆることを熱く語るオレゴン大学時代からの友だちだ。

映画に関しても、語り出すと、止まらない。

あ~そうかそうか…」と流す人たちもきっと多いのだろう。そのあたりはぼくも似ているかもしれない(汗)

茂雄さんとは大学のころから、ざっくり言えば「今後の人生どうするよ?」を“とにかく”熱く語り合ってきた。

樹ガーデンで語る 中川生馬と村尾茂雄

【神奈川県鎌倉市 – 鎌倉で一番お気に入りのカフェ「樹ガーデン」にて(樹ガーデンの詳細はこちら)】

この日、茂雄さんが「旅してて、今後住みたい場所や、理想なライフスタイルは見えてきた?」と聞いてきた質問が…まだまだ“考えている段階”にあった自分だったからだろうか…質問と回答が深く頭に刻まれていた。

ぼくは旅が好きなことは言うまでもない。このとき、ぼくが茂雄さんに伝えた回答のいくつかのポイントは:

・日本各地の田舎/地方には住みやすそうな良い場所が沢山ある。

・そんな理由から、「ここだ!」と選んで、中々、移住先/引っ越し先を決めることができない。能登や五島列島・宇久島は良かった。しかし、現時点では“そこに住む”レベルまで一歩踏み込めない

・田舎のライフスタイルを探求した旅先全てを良い場所だぁ~っと思ってしまうことから、可能であれば、今後長い間、バックパッカー旅を継続して、常に移動生活する“遊牧民的”で、移動型定住が理想だ。

と、この三点を伝えた。

特に三点目の“移動型定住”を伝えたときは…「まぁ、無理だと思うけどね!でもやってみるわ!」っと笑いながら話した理想だった。

そして、ずらずらと…

人生勝負するなら、人と同じことをやりたくない。他の人と同じことをやっても、おもしろくない。

人がやってないことをやって注目されたい。自分の存在をこの世界に広げたい。それで、だめだったら、また違う道をチャレンジすればいい。

鎌倉 富士山 江ノ島 村尾茂雄

とにかく、自分がハッピーでなければ、他の人にそのハッピー感を伝えることができない。

自分の生き方は都会だけではない、様々な生き方が人生にはある。ユニークな生き方もありなんだということを皆に情報発信したい。

田舎/地方がこれだけ良い場所。自分の住処は都会だけじゃない。選択肢が広い、ということを皆に伝えたい。

もろもろの理由や背景は頭の中に入れつつ…この日の記録をずらずらと…綴っていた自分だった。

そして…バックパックを担いだぼくと結花は、九州・熊本県天草へ足を向けていた。(続きはこちら

村尾茂雄

<前回のストーリー: 田舎へのバックパッカー旅は継続なるか… ~ 都会から飲食料品が消えた三陸沖地震…東日本大震災の日 ~

<次回のストーリー: day 95-96 バックパッカーのスマートな交通手段“夜行バス”で熊本県天草に向けて出発 ~ 熊本県宇城市三角町で“戦争”と“震災”について語る75歳のおばさん ~

結花のブログはこちら

■関連するストーリー:

・バックパッカー旅の背景はこちらから

・【2010年10月】能登半島へのバックパッカー田舎旅はこちらから

・【2010年11月】四国“左周り”のバックパッカー田舎旅はこちらから

・【2010年12月】四国“右周り”のバックパッカー田舎旅はこちらから

・【2011年1月】能登・穴水町椿崎での田舎体験暮らしはこちらから

・【2011年2月~3月】福岡県 小呂島、長崎県 五島列島や池島の島々へのバックパッカー田舎旅はこちらから

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

ロカフレ 移住者 穴水町 能登 【メディア掲載】『ロカフレ』に登場!来年4月 穴水町移住予定の“ぼり”さんが取材 day 79 長崎駅前で1日リラックス そして桜町公園でのテント泊 【メディア掲載】各地の地方紙「時のひと」「この人」などの人コラムに「田舎バックパッカー」 Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島 キャンプ テント day 50.1 高知県沖の島 風速18メートル弱 転覆しそうな定期船に揺られ ソニー 広報センター 元上司 東京へのバックパッカー“私事”旅 元職場 ソニー広報の元上司たちとの再会

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. トヨタ ハイエース, hiace toyota
  5. 穴水町 鮭, salmon in anamizu Ishikawa, 石川県 鮭
  6. 能登 うさぎ, 穴水, 石川県 野生動物, rabbit anamizu

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
東京の駅だったら批判殺到?!能登牡蠣“破格”食堂『あつあつ亭』2018年1月7日から
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
【田舎で仕事 ‐ 田舎バックパッカーハウス】「さよなら、ぼくのモンスター」のコナー・ジェサップが写真で語る『結生の能登暮らし』続編
day 76.6 福岡県 小呂島 EXILEのミュージックスクール特待生 島田乾生くん家族とバックパッカー夫婦の夕べ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。