バックパッカー旅/冒険の背景と始まり 『これでいいのかぼくの人生 Life in Japan』


 
毎日の過ごし方に疑問をもって過ごしてない?」と自身に問うときが多々あった。

自分の好きな仕事はしている。

しかし、毎日の“ライフスタイル”が「自分」の人生を狂わせている。

ぼくの生活は…朝起きる。会社へ行く。モノレール、電車に乗り込むが、満員電車で人が溢れているため、ドアが閉まらない。

格好よくポジティブに言えばぼくは「企業戦士」だ。JRの駅員さんが、電車「企業戦士向けの列車」にぼくを押し込む。

もちろん、そんな暗そうなことばかり、考えて日々を過ごしてないが、そんな風に「ぼくは、一体なんなんだろうか…」と考えることが多々あった。

この電車に乗って、会社の最寄り駅へと向かう。

改札を出れば、何千人もの『企業戦士』が同じ方向へ歩き、ここまでくると「なぜ、ぼくはここにいるのだろう」、「自分はこの社会でこんな風に過ごすことに賛成したっけ」などと考えてしまう。

“行き先”のほとんどは、自身ではなく、誰かが創った他人の会社。仕事が終われば、また「企業戦士向けの列車」である。「起きる、会社に行く、帰ってすぐ寝る」。これがこの社会にいるぼくの「普通」と呼ばれる人生なのだろう。

好きな職種なので、満足していないわけではない。正直、職種にはすごく満足している。ただ、ぼくはこの自分のライフスタイル全般に対して、疑問をもって毎日を過ごしている。

大体、何故ここまで混んでいる電車に乗ってまで、ぼくは会社へ行くのか。

Tabi_09_Hokkaido_(2011_07)_14986bw

そこまでこの会社が好きなのだろうか。「お金のためだけなのだろうか」「家族のためなのだろうか」「そこまでやって、自分は幸せなのだろうか」「これが当たり前なのだろうか…」という疑問が頭を過ったりする。

「こんな人生の過ごし方もありだろうな」と思いつつ…毎日のライフスタイルを過ごしている。これはあくまでもぼくの視点からみた毎日の過ごし方。

これが自分の人生なのだろうか…こんな疑問を持ちながら自分の人生は終わっていくのだろうか…」、“This is not how my life is supposed to be, is it? Maybe this is how my life ends…”と思いつつ、毎日を繰り返している自分がいた。

会社のために約13~16時間、自分のために約1~2時間。残り約5~6時間は睡眠時間だが、翌日の会社のために寝るようなもの。ぼくの日々をリスト化すると…こんな日々を送っていた。

 

ぼくの毎日の過ごし方をざっと見てみると…

ざっくり、日々の生活を振り返り、リストアップしてみる。

起きる。洗面所でもろもろ作業(歯ブラシ、洗顔など)、スーツに着替える(7:40~8:15)(※起きるのが精一杯で朝食はなし)。

満員の湘南モノレールに乗ってJR大船駅へ向かう(8:15~8:25)。「いつも遅くまで会社にいるのに、なんで走って向かわなければいけないのだ」と思いつつも、たまに家から「満員」モノレールの駅まで走るときがある。

湘南モノレール大船駅からJR大船駅までの100メートルを歩く。JR東海道線に間に合うために、たまに全力で走るときもある。(8:25~8:28)。

JR東海道線に乗って会社(JR品川駅や新橋駅)に向かう。「早く起きられなかったのは、自分のせいか」と思いつつ、たまに「自腹」で特急の湘南ライナーに乗るときもあった。

会社に向かう途中、疲れてなければ本を読んだり、携帯でニュースをチェックする。

立寝することも多々…あった。そして、プライベートメールの確認と返信、会社でやらなければいけないことを整理して、リストアップする(8:37~9:15)。

JR品川駅(や新橋駅)から会社まで、その他の会社員と横並びに整列して歩いたり、早歩き(9:15~9:25)。

会社で仕事(これまでの会社勤務時間帯を平均すると、おそらく9:30~22:20) 時間に余裕があるときには、友人や仕事関係の会食や飲み会がある。

しかし、疲れていると「飲み会より、帰ってリラックスしたい、寝たい…」という強い想いがでてくる)。

会社から自宅へ帰宅(22:20~23:30)。

夕食。500mlのビールやハイボールを飲みながら、プライベートメールの確認と返信、映画や海外ドラマ、ニュースをパソコンで見る(23:30~1:00)。

お風呂(1:00~1:30)

寝る(1:30~7:40)

基本このサイクルの繰り返しだ。

週末は疲れてなければ外出する。都内での飲みやクラブに行くこともあったが、正直、週末まで「高層ビルの森」で過ごしたくない。好きなテニスをすることもあった。たまに1週間ぐらい休みをとり、海外へ旅に出かけることもある。

このままだと人生の大半が、上記で書いた過ごし方の繰り返しとなってしまう。もちろん飲み、付き合い、趣味、新しい人たちとの出会いなど、すごく楽しい時間もあるが…

「誰かの会社のための毎日」が人生の中心となっている。もちろん、会社勤務中、学べることは沢山ある。

別に人生を悲観的に考えているわけではない。ただ「このままの人生で良いのだろうか」と感じることが多々あったのだ。

この生活を永遠と何十年も、送っていていいのだろうか。退職まであと30年以上…

 

将来…どうなるのか?定年退職後では遅い?

「これはぼくが過ごしたい人生ではない」、「新たな“何か”を探しに行きたい」と、今でも、同じことを感じていたことはラッキーだった。

この気持ちを維持していたからこそ、今のような、一歩を踏み出すことができたのだろう。自分で、いろいろと見て、考えた上で、今後の自分の方向性を判断したい。

「昔の人たちは毎日がすごく楽しかったんだろうな」と、思うことも常にある。「きっと、石ころや土も食べたり、川を見つけたり、新たな場所を見つけるために放牧民的な生活をしたり…」など、新しい場所、食べ物など、毎日なんらか新しい発見があったのだと思う。

そんな新しい発見が、ぼくらの世代に引き継がれ、「今」ができた。その時はその時で大変だったんだろう。でもきっと…「毎日が冒険ある楽しそうな生活だったのかな」と、勝手な妄想がふくらむ。

「会社を退職したら田舎暮らしをしたい」「釣りをして暮らしたい」「海の側でリラックスして暮らしたい」と言っている人たちの声を聞いたりするときがある。

将来に関する考え方はもちろん、「個人の勝手で自由」だが、ぼくの場合、「これを思ったら、社会の思う壺にはまってしまう」、「会社を退職したらあれこれしたい」なんて思わない方がいい。

そのころ、ぼくの体は今より弱り、今できることができなくなっているかもしれない。何かをやるなら、体が動く若いときのほうが、良いと思う。

 

今、“動く”か“動かない”かは…自分次第だ

それに、若い時にできることや考えることは、年齢を重ねるごとに、弱くなってくる気がする。「この年になったら、もう何かをしても遅いだろう」「もう年だし、こんなことしたら恥ずかしい、周囲の目が気になる」など弱気の考え方も持ってしまう。

仕事をしていると、忙しすぎて、今考えている自分の大切な想いを忘れてしまう。忙しいから、他のことを考えている余裕がなくなってくる。

自分は「電車で疲れて爆睡しているサラリーマンには絶対になりたくない」と思って毎日を過ごしていた。しばらくしたら、自分もその一員になっていた。

 

『冒険する人生』へ

忙しくなってくると、そんなことを気にせず、自分も淡々と毎日を過ごしていたのだ。

こんなことをずっと考えていた自分。そして…自身の感覚を信じて、新たな生き方を見つけるために、一歩踏み出し、国内外での、いろいろな人生の過ごし方、暮らし方を見ることを決めた。

ぼくは前職を退社する約半年以上前、パートナーの結花に、「今のライフスタイルは自分に合わない」「その他の暮らし方を見たうえで、今後の人生の過ごし方を決めたい」などと、今後の暮らし方について話した。

もちろん、今後の具体的な計画については漠然としていて、そこまでの貯金などの蓄えがあったわけでもないが、今後の人生の過ごし方のビジョンはあった。

こんなぼくの考え方に結花は共感し、ぼくらは一緒に「人生を冒険する旅」をすることにした。

さて…これからどうなることやら…<続きはこちら

IMG_7942

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

inaka-backpacker

日本の田舎/地方をバックパッカー旅する中川 生馬(なかがわ いくま)。バックパッカー✖ハイエースがベースの“動く拠点”(ファミリーワゴンC)で、聞いたことがない田舎を旅して、そこでのライフスタイルを探求する。ときには、飛行機、電車、夜行バス、スクーターなどの乗り物のテクノジーも活用。    旅先は基本、これまで聞いたことがない田舎/地方のマイナースポット。 小学校・中学校のころ、社会科で使用していた帝国書院の地図をパッと開き、「ここは聞いたことがない!」と思た場所。途中、『ここもいいねぇ~』と“気になるスポット”を見つけたら、寄り道して、“気になるスポット”も探求する。トラベルスタイルは自由奔放。     基本、旅先の事前調査などはせず...現地の人に話しかけながら、一歩づつ進む。     約10年間の東京や鎌倉での会社中心の生活を経て、2010年10月から、会社中心以外の新たなライフスタイルを探求したく、都会での生活を離れ、“聞いたことがない”日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅へ。     「自分が過ごしたいライフスタイルは、これまで過ごしてきた場所以外にあるかもしれない、自身で体感したい」「ライフスタイルやワークスタイルにもっと選択肢はないのか?」という疑問を抱き始め、旅歩くことを始めた。旅先の田舎で出会う人々とコミュニケーションをとり、より自身に合いそうな田舎でのライフスタイル(暮らし方)を探す...     仕事面に対しては『約10年、企業で培ったスキルをフル活用、今後も仕事して学んでいくから、仕事はなんとかなるだろう!』という楽観的な考え方。バックパッカー旅への初めの一歩を踏み出す。     気になる...知らない...スポット...日本の“マイナー”スポットだからこそ発掘しがいがあるのだ。「日本のマイナーな田舎/地方を発掘、そこでのライフスタイルも実感する、そして人生/ライフスタイルの選択肢は幅広いことを多くの人に届ける」ことを、ぼく自身を軸に発信する。     ITベンチャー、国内独立系最大手の広報代理店 共同ピーアール株式会社や、電機とエンタテインメント世界大手企業 ソニー株式会社などで広報職を経て、フリーランスで独立。     2013年5月、能登の岩車(石川県鳳珠郡穴水町)に移住。大抵、ぼくと同年代であれば、“仕事ありき”で移住することが多いが、『自身のスキルと現在のテクノロジーをフル活用すればなんとかなる!』という、漠然とした根拠と楽観的な考え方から二歩目を踏み出す。     移住後、自身のスキルをフル活用し、東京のベンチャー起業・地方/田舎の小規模企業などの広報、ライター、執筆・撮影・基盤構築含めたウェブ制作、海外の著名人への取材依頼・現場取材・ラフ原稿執筆含めた取材コーディネート、ブロガーとして活動を開始。   能登では、地元の人たちと連携して「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」、「田舎旅するショッピング」として地元の海産物の販売サポートなども行っている。     フリーランスや田舎バックパッカーとしての主な持ち物は...テント、寝袋、自炊道具、衣類など生きるために必要な道具。そして、メモ帳、スマートフォン『Huawei Mate9』、タブレット『Surface Pro 3』、ミラーレス一眼レフカメラ『ソニーα6000』、一眼レフカメラ『キャノン7D』、ICレコーダーなどのIT/ガジェットグッズ。     鎌倉の深沢中学校卒業後、1994年、15歳のときに1人、アメリカ・オレゴン州のValley Catholic High School(バレー・カトリック高校)へ。半自給自足生活をする家族と3年間暮らす。2001年に同州・オレゴン大学を卒業。約8年弱のアメリカでの田舎暮らしを経て、帰国。     現在の拠点は能登の岩車(石川県鳳珠郡穴水町)の古民家(家賃1万円)と、ハイエースがベースの“動く拠点”『ファミリーワゴンC』。家族3人で暮らしている。1979年生まれ。     働き方/ワークスタイルは基本『とにかく自由奔放』で、いずれ、常に移動して暮らすことが定住のような『遊動民』的なライフスタイル『移動型定住』を目指している。

10件のフィードバック

  1. 2015-03-18

    […] ・旅の背景はこちらから […]

  2. 2015-05-18

    […] 背景について話す。夫婦で田舎/地方を中心にバックパッカー旅をしていることを話すと、「ほぉぉー!」とユニークなトーンで驚いた印象的なリアクション。(旅の主な背景はこちら) […]

  3. 2015-05-18

    […] 旅の背景はこちらから […]

  4. 2015-05-18

    […] 旅の背景はこちらから […]

  5. 2015-05-18

    […] 旅の背景はこちらから […]

  6. 2017-03-04

    […] BACKGROUND STORY- 旅・冒険・移住の背景 […]

  7. 2017-03-07

    […] BACKGROUND STORY- 旅・冒険・移住の背景 […]

  8. 2017-03-08

    […] BACKGROUND STORY- 旅・冒険・移住の背景 […]

  9. 2017-03-26

    […] BACKGROUND STORY- 旅・冒険・移住の背景 […]

  10. 2017-04-08

    […] BACKGROUND STORY- 旅・冒険・移住の背景 […]

コメントを残す