2010.12: 四国の島々と田舎町<沖の島・日振島・伊島><神山町・上勝町>

day 49.1 高知県 宿毛 道の駅「すくもサニーサイドパーク」 “優しい旅人哲学”をもつお好み焼き屋『もくもく屋』の平田秀美さんと田舎バックパッカーの出会い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

20101213日(月)ぼくらバックパッカーは現在、高知県宿毛(すくも)にある道の駅「すくもサニーサイドパーク」のお好み屋さんの「もくもく屋」に入った。別にここで食べるわけではないのだが…

ここは、バックパッカー/旅人にとっては、万々歳のスポットなのである。
お好み焼き屋さん「もくもく屋」店主の平田秀美さん(60歳)(〒788-0053高知県宿毛市坂ノ下1023-44(国道321号沿い)、営業時間: 10:3021:00)は既に、ぼくらの存在を知っていた。さっき、道の駅まで乗せてくれた夫婦が、このお好み焼き屋さんで夕飯を食べていて、ぼくらに、道の駅に設置されているお遍路さんの小屋を紹介したことについて、既に店主の平田さんに話していた。
平田さんは、ぼくらに、「すくもサニーサイドパーク」で、今日みたいな強風を凌ぐことができるテント泊スポットを紹介してくれた。その場所は、“道の駅の”屋根付きで、ごつごつした石造りの“遊歩道のような”場所の端にあり、平田さんが、旅人用に造りこんでいる。道の駅をここまで造り変えてしまって良いのか…は知らないが…ぼくらバックパッカーにとっては、大変ありがたく優しい場所なのである。
この平田さんが独自につくったこの「平田手作り“道の駅”旅人宿スポット」には、多くのおもちゃも置いてある。平田さんは、横雨や風を防止できるよう、そのスポットの四方を厚いプラスチックや板で囲っている。使われている板には、選挙運動でよく使われ、選挙立候補者のポスターが貼られている板…が多い。それをごつごつした石造りの地面に敷いて、テントを張りやすくしてもらった。
そして、なんと!平田さんは、宿毛の綺麗な星を、皆に見てもらいたいがために、ここに天体望遠鏡まで置いている。「宿毛=綺麗な星=綺麗な自然」のイメージ発展でも、地域に貢献しつつ、外からの訪問者・旅人に優しい。

高知県 宿毛 道の駅「すくもサニーサイドパーク」の

お好み焼き屋「もくもく屋」の平田秀美さんとバックパッカーなぼくらは、
「旅人に優しい宿」や“旅に理想的な「道の駅」”についてを熱く話しあった。
At a Road Station* “Sukumo Sunny Side Park” in Sukumo City, Kochi** Prefecture Japan, we met Mr. Hidemi Hirata, owner of Okonomiyaki*** restaurant “Mokumokuya” and… we started discussing about ideal style of travelers’ rest places, guest houses and road stations (roadside stations).(On next photo) Hirata san “personally” created a small space for visitors including travelers of Shikoku Henro**** at a Road Station “Sukumo Sunny Side Park.” He also gathered toys for family with children and has an astrometric telescope for visitors who want to see stars in the sky at night. Yes… Road Stations are “public” rest facilities. It is a “public” space… Well, I am not quite sure… if he could “personally” create “his own traveler space for travelers” at a public space. But I thought… he was doing something very kind for travelers and unique to promote Sukumo area.
He says that it was very easy to start up a okonomiyaki restaurant.
Okonomiyaki is a Japanese pancake which contains various ingredients or toppings, such as noodle, cabbage, egg, pork, etc. Depending on regions in Japan, people put different types of ingredients on okonomiyaki. Kansai and Hiroshima okonomiyaki are the two popular and famous ones.
Hirata san smiled and said, “it is a pancake! Pan’s already set up on tables. Only thing we do is, serve them pancake’s ingredients! Easy, isn’t it?”
高知県 宿毛 道の駅「すくもサニーサイドパーク」の
お好み焼き屋「もくもく屋」の平田秀美さんとバックパッカーなぼくらは
「旅人に優しい宿」や“旅に理想的な「道の駅」”について熱く話しあった
At a Road Station* “Sukumo Sunny Side Park” in Sukumo City, Kochi** Prefecture Japan, we met Mr. Hidemi Hirata, owner of Okonomiyaki*** restaurant “Mokumokuya” and… we started discussing about ideal style of travelers’ rest places, guest houses and road stations (roadside stations).

This is a small traveler’s / backpacker’s space that Hirata san created. 


平田さんは、旅人に優しく、「道の駅」や旅人に関する独自の哲学をもった人。
以前は、木材関連の事業をしていたが倒産。その後、1991年(平成3年)8月に、このお好み焼き屋「もくもく屋」をオープンしたそうだ。
「もくもく屋」をオープンした背景はおもしろくてシンプル。
お好み屋であれば、「鉄板をセットして、お好み焼きのネタを準備するだけで済む。あとはお客さんが勝手にお好み焼きを作ってくれる」と平田さんは笑いながら言う。そんな発想からこのお好み焼き屋を始めたそうだ。
ここは“平田さんの道の駅化”している。
平田さんは、「本来、道の駅は旅人を支援するべきだ」と話し、「駐車場だけでなく、シャワーやコインランドリーが設置されていれば、旅人にとって優しい施設になり、フレンドリーだ」と続ける。確かに、ぼくら旅人にとって、一番困ることは、銭湯や温泉を探すことが一番困難だ。銭湯や温泉が、行くところに沢山あれば、旅に全く苦はない。
到着した駅で、まず かゆい頭を洗いたくなる。そして、そこに屋根があれば、雨に濡れる心配がなく、大変助かる。「全ての公園に屋根付きのスポットを設置してくれれば、旅もしやすくなる」とぼくは思う。


雨が降ったときにテントを張るのは結構面倒なのだ。濡れながらテントを張ると、服が濡れてしまい、そのままテントに入ると、テント内も濡れてしまう。乾かせず、濡れたテントを畳むと、バックパックも重くなり、カビの原因になる可能性もある。
悪天候のときに頼れる一部屋(人数制限なし)2,0003,000円ほどの安い宿もあると助かる。テントを持たない旅人にとって、一番かかる費用は、宿泊費。ぼくらの場合、宿泊費を抑えるために、テント、寝袋などを持って旅をしているのだが、天候が最悪な場合、宿に泊まることも検討したい。
そして、ぼくらが担いでいるバックパックは大荷物なので、衣服は5日分ぐらいしか持って行けないため、コインランドリーが近くにあると大変助かるのだ。
平田さんによると、お風呂は衛生法上、面倒な手続きがあるとのこと。シャワーなら簡単だそうだ。まぁ、そもそもシャワーだけで十分だ。
平田さんに、ぼくらの次の目的地について話すと、平田さんは、バスや船の時刻、天気情報などを調べてくれて、ぼくらの旅をサポートしてくれた。
旅で四国エリアや宿毛の好印象が残れば、「リピーターも増え、地域興しにも役立つ」と平田さんは考える。地域興しには、まず地元の人がプロジェクトに参加して、現状を把握する必要がある。


第三者的/客観的な視点で、いつも当たり前のように生活しているその地域を所々見直し、地域の「これって実はおもしろいんじゃないの?」という見所を発掘。それをうまく広報活動して、情報発信することが必要である。
千葉県船橋から年に二回、宿毛や平田さんを訪れる人がいるそうだ。都会の池では、鰌(どじょう)やメダカを見ることができない。その千葉からの訪問者は、子どもに宿毛周辺の自然を見せたくなり、宿毛を訪れる。そのきっかけは、平田さんが道の駅のトイレ隣に置いた、鰌やメダカが入った水槽。
そんな水槽から話しが膨らみ、「宿毛でどじょうやメダカを見られる場所」に関する話しにつながったそうだ。道の駅や宿毛周辺が盛り上がれば、少しでもお金が地域におち、地域興しのきっかけにつながる。
ぼくらの、旅話しはつづく…(続きは

知県 宿毛 道の駅「すくもサニーサイドパーク」の

お好み焼き屋「もくもく屋」の平田秀美さんとバックパッカーなぼくらは
「旅人に優しい宿」や“旅に理想的な「道の駅」”について熱く話しあった

At a Road Station* “Sukumo Sunny Side Park” in Sukumo City, Kochi** Prefecture Japan, we met Mr. Hidemi Hirata, owner of Okonomiyaki*** restaurant “Mokumokuya” and… we started discussing about ideal style of travelers’ rest places, guest houses and road stations (roadside stations).

知県 宿毛 道の駅「すくもサニーサイドパーク」の

お好み焼き屋「もくもく屋」の平田秀美さんとバックパッカーなぼくらは
「旅人に優しい宿」や“旅に理想的な「道の駅」”に関することを熱く話しあった

At a Road Station* “Sukumo Sunny Side Park” in Sukumo City, Kochi** Prefecture Japan, we met Mr. Hidemi Hirata, owner of Okonomiyaki*** restaurant “Mokumokuya” and… we started discussing about ideal style of travelers’ rest places, guest houses and road stations (roadside stations).

高知県 宿毛 道の駅「すくもサニーサイドパーク」の

お好み焼き屋「もくもく屋」の平田秀美さんが、
旅人用につくってしまった道の駅内のスペース (翌朝撮影)
「旅人に優しい宿」や“旅に理想的な「道の駅」”について熱く話しあった
バックパッカーなぼくらにとってはすごくありがたいスペースだ
At a Road Station* “Sukumo Sunny Side Park” in Sukumo City, Kochi** Prefecture Japan, we met Mr. Hidemi Hirata, owner of Okonomiyaki*** restaurant “Mokumokuya” and… we started discussing about ideal style of travelers’ rest places, guest houses and road stations (roadside stations).

They offered us to set up a tent at a little space that Hirata san created “personally” at the road station. (Photo taken next morning)

高知県 宿毛 道の駅「すくもサニーサイドパーク」の

お好み焼き屋「もくもく屋」の平田秀美さんが、
旅人用につくってしまった道の駅内のスペース (翌朝撮影)
「旅人に優しい宿」や“旅に理想的な「道の駅」”に関することを熱く話しあった
バックパッカーなぼくらにとってはすごくありがたいスペースだ
At a Road Station* “Sukumo Sunny Side Park” in Sukumo City, Kochi** Prefecture Japan, we met Mr. Hidemi Hirata, owner of Okonomiyaki*** restaurant “Mokumokuya” and… we started discussing about ideal style of travelers’ rest places, guest houses and road stations (roadside stations).

They offered us to set up a tent at a little space that Hirata san created “personally” at the road station.

高知県 宿毛 道の駅「すくもサニーサイドパーク」の

お好み焼き屋「もくもく屋」の平田秀美さんの奥さん。
平田さんとは、「旅人に優しい宿」や“旅に理想的な「道の駅」”について熱く話しあった

At a Road Station* “Sukumo Sunny Side Park” in Sukumo City, Kochi** Prefecture Japan, we met Mr. Hidemi Hirata, owner of Okonomiyaki*** restaurant “Mokumokuya” and… we started discussing about ideal style of travelers’ rest places, guest houses and road stations (roadside stations).

高知県 宿毛 道の駅「すくもサニーサイドパーク」の
お好み焼き屋「もくもく屋」の店内。「もくもく屋」の店内には、
多くの漫画が本棚に並べられていた
At a Road Station* “Sukumo Sunny Side Park” in Sukumo City, Kochi** Prefecture Japan, we met Mr. Hidemi Hirata, owner of Okonomiyaki*** restaurant “Mokumokuya” and… we started discussing about ideal style of travelers’ rest places, guest houses and road stations (roadside stations). Inside of Mokumoku. There were lots of manga comics.


*A Road Station (roadside station, “Michi no Eki” in Japanese) is a government designated rest facility. It is set up on roads and highways across Japan. At a Road Station, people can take a break and receive a local or tourism information. Furthermore, it can be used for communication spaces to distribute various “local information and services.” In addition, by locally managing a Road Station and proactively utilizing the facility, people can closely cooperate with each other that it stimulates local community and leads to local revitalization. At a Road Station, there are of course toilet, free parking spot, restaurants to serve local foods, shops to sell local products and souvenirs. As of March 2011, 970 Road Stations are registered in Japan under the Ministry of Land, Infrastructure, Transportation and Tourism.
**Kochi Prefecture is located on the southwestern part of Shikoku island in Japan. Shikoku is the smallest of the four main islands of Japan, located south of Honshu and east of the Kyushu island.
***Okonomiyaki is a Japanese pancake which contains various ingredients or toppings, such as noodle, cabbage, egg, pork, etc. Depending on regions in Japan, people put different types of ingredients on Okonomiyaki. Kansai and Hiroshima okonomiyaki are the two popular and famous ones.
****In Shikoku (4 prefectures / provinces) island Japan, there is Shikoku Henro (Shikoku Pilgrimage)” which is associated with Kukai or Kobo Daishi, the Buddhist monk master who propagated the Buddhist teaching in 800s. There are 88 Shikoku Henro pilgrimage temples where Kukai (said to be) visited as his Buddhist teaching training. Since Kukai visited the 88 temples, Shikoku Henro journey is very popular among travelers (tourists, campers, bicyclist, bikers, college students, etc). Travelers who visit 88 temples are called “Ohenro san.”
Because there is “Shikoku Henro” system, people in Shikoku are very kind and very used to travelers and there are so many huts in Shikoku.
Shikoku island (4 prefectures / provinces including Tokushima, Kochi, Ehime and Kagawa) is the smallest of the four main islands of Japan, located south of Honshu and east of the Kyushu island.



続きは

ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

関連記事

  1. day 48.2 高知県甲浦から室戸岬を経由して、奈半利へ ~駅…
  2. day 48 徳島県 道の駅「宍喰温泉」で海の幸BBQ無料朝食 …
  3. day 47 徳島県 伊島 小さな島に大きな『湿原』
  4. day 46.1 徳島県 伊島 稼ぐ若手爽やか漁師たち ~バック…
  5. day 49 高知県 旅人に慣れている四国 ~道の駅「すくもサニ…
  6. day 53.1 高知県 宿毛から愛媛県 宇和島(うわじま)へ。…
  7. day 45.4 徳島県 伊島の爽やかな若手素潜漁師たち
  8. day 47.1 徳島県 伊島から宍喰温泉へ ~ぼくらが「風呂に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

スザーンロス なにごとにも進化は必要なのか? 上勝町 紅葉 “葉っぱ”の町へ再び…バックパッカー✖クルマ“私事”旅 mobile lifestyle vanlife family 移動型定住 東京モーターショー 家族 バンライフ 家族 子持ち “ざっくり”特集: クルマで“移動暮らし”できる時代 始まる『移動型定住』『動くX』 < VANLIFE 1 > 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 メディア掲載: “住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に Hiace solar panel ハイエース ソーラー 田舎旅: 冬の“ソーラー”重視のクルマ旅 どこへ? ~ 一式と一石二鳥的メリットとは ~

今季の牡蠣出荷・販売開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

能登・石川県穴水町のシェアハウス・バンライフステーション『田舎バックパッカーハウス』

石川県 知事 谷本正憲
  1. 動く家 モバイルハウス 軽トラハウス モバイルハウスビレッジ
  2. Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島 キャンプ テント
  3. バックパッカー 石川県 日本
  4. 能登 石川県 穴水町 川尻 シェアハウス 田舎バックパッカーハウス
  5. オレゴンコースト 歩く
  6. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP