Opinion - オピニオン

車中泊する人はお金を使わない?考え方を柔軟に…ってお話し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
車中泊 貧乏なの

これ(以下)、最近、「田舎バックパッカーハウス」でCarstay泊した「えりたく夫婦」のたくちゃんのつぶやき。


「車中泊は、地元に金を落とさない」という考え方、古いし、ほんのごく一部のクルマ旅人しか見てないなぁ~って思うなぁ。もちろん、そういう人もいると思う。

でも、お金落とさなきゃ、旅先で食べていけないし、暮らしていけない。クルマで走っていられないわけだ。

おそらく、未だに「車中泊/クルマ旅=車上生活者=貧乏=私の店でお金使ってくれない」の方程式が成り立っているのだろう。

世代によって、ホント考え方違うし、職業によっても考え方違うんだよね。

長谷部祭り 馬

まだまだ「仕事=会社へ行く」「家=仕事じゃない」と固定概念持った大人も多い。

今は、ホント豊かな時代…あらゆる生き方/ライフスタイルが存在し、実現可能ということに気づいたほうがいいよぉっと思うなぁ。

まぁ、とは言っても、みんながみんが、そういった生き方ができるわけではない。だけど、いろんなタイプの人がいるってこと、そういった生き方はありってこと、お互いをリスペクトしあいながら、共存しなければいけないってことを分かり合える社会になってほしいもんだなぁ。

今の50代や60代は「車上生活」を多く見てきた世代だから、「車中泊=貧乏」というイメージが強い気がする。上の世代になるほど、「クルマに住むなんて考えられない」という考え方が強い。

極端に言ってしまうけど、要するに“固定概念”、当時の考え方で“大きくなってしまった”大人が多いんだよね。

で、「テレビが、そんな暮らしもありだ!」と言い始めると、ようやく賛同し始める大人。いわゆる、テレビと共に育った世代というのかな。

世間一般論に従い、育った考え方かなぁ。

そういったタイプの人は、いろんな意味で成長が止まっていると思う。

体は“固く”くなっても、いつまでも考え方がフレキシブルなタイプの大人であり続けたいなぁ。

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 広報マンが観た「吉本興業」会見劇場『家族喧嘩は他でやらない?!』…
  2. Yamauchi Amacho Oki island 海士町 町長 山内道雄 若者が移住したくなる地方/田舎の共通点とは?
  3. 広報マンが観る「吉本興業」会見劇場『宮迫博之さんと田村亮さん』
  4. 田舎暮らし 子供 教育 オピニオン: 学歴考えると、田舎暮らしはお薦めできない?!
  5. anamizu noto ishikawa Is living in Japan expensive?
  6. 移住定住 引っ越し 地方 能登での田舎暮らし:「移住」はただのお引越し?いつまでいるのだろ…
  7. 日本の地方 補助金 意味なし ぼやき: 日本の「田舎や地方なんとか」って発想遅れすぎ̷…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

群青 吹奏楽団 天の川 チラシ ポスター 「星空のまち 穴水町」天の川の写真 九州・吹奏楽団「群青」コンサートのポスター画像に 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 メディア掲載: “住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に スタートアップ 災害時 俊敏 スピード 災害時 新興企業<スタートアップ>の俊敏な対応と行動力がポジティブな方向へ ガイアの夜明け カーステイ メロウ キャンピングカー 医療機関 支援 【田舎・地方で仕事 – 広報】来週6月16日放送の『ガイアの夜明け』に登場 ~ 医療現場でキャンピングカーが活躍 ~ hiace cruise control ハイエース クルーズコントロール クルコン 長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

2020年7月10日付 北國新聞朝刊「横浜の40代夫婦、3カ月滞在 コロナ禍 穴水で車中泊 自然、人情に触れ『来て良かった』」
  1. 田舎バックパッカー 娘
  2. 田舎バックパッカーハウス 秋葉博之 秋葉洋子 車中泊 ぶうすけ
  3. 中川結生 田舎バックパッカー
  4. Japan's 'campervangelist' extolls the benefits of life on the road
  5. 大井川電機製作所 広報
  6. カーステイ バンシェア carstay van share rv campingcar

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP