Oyster – 牡蠣

  1. 穴水町 ドライブスルー, ドライブスルー 牡蠣

    能登半島 石川県穴水町でドライブスルー牡蠣祭り 3月20日(日)開催!身入り最高の能登牡蠣1つ約80円!

    漁協いしかわ穴水支所かき部会は2022年3月20日(日)午前10:00から、穴水港あすなろ広場で、ドライブスルー方式で能登牡蠣<のとかき>の販売を行う。今年も3密を避けて、車に乗ったまま販売コーナーで牡蠣を購入・受け渡しする「ドライ…

  2. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa

    今季も石川県 能登・穴水町で超美味な牡蠣<かき>の販売サポート開始! ~ 冬の牡蠣鍋やフライに最高! ~

    さてさて、今季は少し早め(2021年11月)に、石川県 能登・穴水町で超美味な牡蠣<かき>の出荷・販…

  3. 大井川電機 はなびらたけ ホホホタケ 牡蠣 かき

    静岡県島田市の自動車用電球メーカーの大井川電機、はなびらたけ「ホホホタケ」と春が旬!の能登牡蠣のセット販売開始

    自動車用電球を製造・販売する大井川電機製作所は、石川県能登地方の牡蠣養殖業の河端水産と連携し、大井川…

  4. 牡蠣 はなびらたけ アヒージョ

    【田舎料理】はなびらたけ「ホホホタケ」と牡蠣<かき>のアヒージョ、はまる!

    最近、ぼくや地元の牡蠣漁師さんがはまっている牡蠣<かき>とはなびらたけ「ホホホタケ」のアヒージョ。“…

  5. 牡蠣, かき, はなびらたけ, アヒージョ

    【メディア掲載】中日新聞 はなびらたけ「ホホホタケ」と牡蠣のセット販売サポート開始

    今日付け(2021年5月8日)の北陸中日新聞のとおり、ぼくの移住先・穴水町岩車で販売サポートさせても…

  6. ドライブスルー牡蠣祭り『おうちDEかき祭り』2月21日(日)11:00~ 石川県穴水町で

  7. Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 能登 かき 石川県 販売

    【能登牡蠣<かき>レビュー】石川県金沢市の方「12月は(かきは)小ぶりだと聞いていたが。大きかったですよ!」

  8. 穴水駅 跨線橋 牡蠣 かき Oyster at Noto Ishikawa Anamizu Station Bridge

    2021年 かき祭りに続き、穴水駅『あつあつ亭』も中止!列車駅ホーム跨線橋の牡蠣炭火焼コーナー

  9. 穴水駅 牡蠣 あつあつ亭 Noto Ishikawa Anamizu Oyster restaurant railroad

    【牡蠣販売】どなたでもぜひ!ゴールデンウィーク中の自宅での楽しみに身入り最高の能登牡蠣<かき>はいかがですか?

  10. 能登 穴水町 岩車 牡蠣 かき

    <牡蠣購入者のコメント> 奥能登・石川県穴水町岩車産の牡蠣 どんな味?どんな料理?!牡蠣王国“広島”出身・料理人お墨付き!

  11. 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師

    能登・穴水町最大の牡蠣祭典「雪中ジャンボかきまつり」の裏にいる牡蠣漁師 ~ 岩車から1トントラックで運ばれた2万6千個以上の牡蠣 ~

  12. 石川県 穴水町 牡蠣 直販 能登・穴水町岩車産の牡蠣<かき>販売サポート中。水揚げ直後の牡蠣があなたの手元に最速翌日届く

    能登の田舎で今季の真牡蠣 出荷販売開始!

  13. 石川県 穴水町 牡蠣 直販 能登・穴水町岩車産の牡蠣<かき>販売サポート中。水揚げ直後の牡蠣があなたの手元に最速翌日届く

    牡蠣漁師 直送!最速翌日到着!牡蠣販売サポートページ オープン!

  14. 能登 牡蠣 販売

    能登牡蠣: 牡蠣(かき)の蒸し方

  1. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  2. philippines boracay island
  3. 動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」中川生馬さん(右)と会話を弾ませて交流を深める赤井成彰さん=穴水町川尻で 写真 金沢の赤井さん、穴水で魅力伝える 宿泊型移動車「モバイルハウス」で一風変わった旅をしている赤井成彰さん(30)=金沢市=が二十九、三十の両日、穴水町川尻に宿泊し、なじみの薄いモバイルハウスの面白さを町民らに伝えた。(田井勇輝)赤井さんは昨年春、営業社員だった大手玩具メーカーを退社。ハワイでの暮らしを夢見て、貯金するため家賃を節約しようとさまざまな生活の仕方を模索。家を持たないで車内や荷台で寝泊まりしながら生活するモバイルハウスと出合った。中古の一トントラックを購入し、昨年十月から荷台で部屋作りを開始。長さ二・五メートル、幅一・六メートル、高さ一・九メートルの木製による落ち着きある空間を手掛けた。壁を開閉して楽しめる縁側や、天窓、折り畳み式机といった工夫を凝らした家具を設置。外壁はオレンジ色と茶色の細長い板千枚以上を組み合わせ、魚のうろこを表した。製作は今年一月に終了。車の購入と製作の総額約九十万円の大部分は資金を募るクラウドファンディングで集めた。モバイルハウスの可能性だけでなく、全国の魅力ある人や場所を探そうと、今月二十七日に金沢市を出発。車中泊可能な場所を検索できるサイト「カーステイ」で、中川生馬さん(40)=同町岩車=が運営する場所を見つけ訪れた。赤井さんは中川さんや通り掛かった住民に「まさに動く個室。行った場所がどこでも庭になる」と熱く語った。バックパッカーとして国内を旅した経験がある中川さんとはうまが合い、縁側でいつまでも会話を弾ませていた。赤井さんは十一月末まで全国を巡る予定。三十日は珠洲市、三十一日は七尾市能登島で泊まり、その後県外に出る。

ピックアップ記事

  1. 飛騨 穴場 滝
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP