day 28.2 愛媛県 興居島での一夜目

2010年11月14日(日) – テントを張ってしばらくすると、近くにお酒を買いに行こうと、バックパックをおろして、外へと出ようとしたとき、大きな眼鏡をかけた人が、海水浴場前の砂浜を散歩していた。

興居島 バックパッカー 島旅 四国

【興居島 山田商店の隣の店】

「こんにちは」と挨拶をして、話をすると彼は興居島出身で、現在島外の学校で先生をしている。

見かけはぼくら田舎バックパッカーよりも若そうだが、実際40歳だと言う。毎日、定期船で学校まで通っているそうだ。

今日は散歩で、隣町からここの海水浴場までやってきたという。田舎の人は、近い距離でも車などの乗り物を使うことが多いので、「え、あそこから歩いてきたんですか?」と驚いた口調で問う。

すると、「いや、近いですよ。歩いて約15分。ぼく、歩くの早いんですよ」と話している。



 

興居島 初日の夜

興居島 バックパッカー 瀬戸内海

【興居島 相子ヶ浜海水浴場から見えた景色】

ぼくら田舎バックパッカーがいる相子ヶ浜海水浴場の奥まで散歩するそうだ。

しかし…先を見る限り、海水浴場から数百メートル先には岩があり、その先には何もありそうにない。

「これからどちらへ行くんですか?」と聞くと、その岩周辺まで行き、引き返すそうだ。

「その岩の先には、昔、死体を焼いていた場所があったんですよね」と、今夜ここで寝るというのに、聞きたくない話を聞いてしまった…続く<続きはこちら

<前回のストーリー 『day 28.1 愛媛県 興居島 弘正寺の住職さんの車で、泊から由良へ』>

<次回のストーリー 『day 28.3 愛媛県 興居島 「さぁ、ビールだ」 ~スクーターを貸してくれた萩野さんとの出会い~』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す