2011.02: <九州>福岡県(小呂島)・長崎県(池島・五島列島)

day 91 五島列島の中通島へ ~五島を南下するバックパッカー旅…どうする?~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2011年2月10日(木) – 翌日、13:00前に、森さん宅を出発した。

ぼくらバックパッカー夫婦は、五島列島の宇久島から南へと順に、小値賀、中通島(なかどおりじま)、若松島、奈留島、福江島、久賀島へ行く予定だった。

しかし…ぼくらの“中”では密かに「今回の九州の島々への旅…小呂島(おろのしま)、池島や大瀬戸、宇久島、小値賀っと…今回の旅で会いたかった人と出会えたんじゃないかな…」と、今回のバックパッカー旅では十分多くの田舎人たちのライフスタイルについて聞くことができた満足感で一杯だった。

いろいろと聞いた話しを、自分たちの中で、消化して…次の“田舎旅”へとつなげたいという想いもあった。頭の中を整理せず、“消化不良”な状態で先へ進むと、容量オーバーになってしまう。

一方では、この先の島には、自給自足の新聞で生計を立てている人がいる…という話も聞いたことから、会ってみたいなぁとも思っていた。

そんな想いの中、向かう次の五島列島の目的地 中通島・有川だった。

■中通島の有川港に到着したが…

有川に着くと、まずはテント泊できそうな場所を探す。宇久島や小値賀と比べ、有川は、“都会の島”という印象を受けた。

五島列島 中通島の有川港周辺。EV車(電気自動車)のレンタカーもあった。ぼくらにとっては“進んでいる島”の印象…

もっと散策すれば、きっとそんなことはないんだろうが…

港近くには、公園があるが、この日から、また寒くなり、しかも予報は雨。テントはゴアテックス仕様で濡れても全く問題ないのだが、バックパックに積める荷物が濡れると、後々片づけが大変なことになるので、屋根がある場所でテント泊したい。「濡れるより、濡れないほうがましだろう」

港周辺には、大きな芝生の公園があるのだが、屋根付きの場所はない。公園内に屋根付きのステージがあるのだが、クルマ通りがありで、そこにテントを張るのは気が引ける。

公園近くの観光物産センター前には、屋根付きで、机や椅子などが置いてあり、外で食べることができるスペースがある。この場所なら、濡れなくて済む。しかし、このスペースは観光センター、うどん屋などに囲まれた広場。

「寝るだけだし、周辺を汚さず、早朝に荷物を撤収すれば大丈夫かな…」と思いつつ、港周辺を散策。

とりあえず、スーパーへ行ってお酒を買うなど、港周辺を“うろうろ”した。

五島列島 中通島の有川港周辺にある大きな公園/広場。その近くには観光物産センターがある。このあたりから有川港を背に右へ進むとスーパーなどがある

しかし、到着早々に感じた“都会の島”のイメージや、今回の旅で既に多くの“田舎人(いなかびと)”たちと出会いから感じたことなどを一度、持ち帰って“消化したい…”という気持ちが強くなってきてしまったことから、鎌倉へ帰ることを考え始めた。(続きはこちら

<前回のエピソード 『day 90.5 バックパッカー田舎旅 in 五島列島 「中川くん、飲みんしゃい」「おれ恥ずかしか!」小値賀には最高の夫婦がいる…と思う夕べ』>

<次回のエピソード 『 day 92 五島列島から佐世保へ ~今回のバックパッカー田舎旅で感じたこと~』>

ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

こちらクリックを!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. day 74.1 福岡県博多へ行く前の“紛失”トラブル ~クレジ…
  2. day 85.4 長崎県 五島列島・宇久島の隣にある人口14人の…
  3. day 83.2 田舎バックパッカー、五島列島・最北端の宇久島(…
  4. 第一弾目の九州バックパッカー田舎旅 最終全話アップ! ~「こんな…
  5. 五島列島 小値賀島 田舎ビト必読 田舎バックパッカーとブロッコリ…
  6. 小呂島 福岡 day 76.4 福岡県 小呂島にEXILEメンバーが!?「人か…
  7. 横浜駅 博多 夜行バス day 95-96 バックパッカー、夜行バスで横浜から博多経由 …
  8. day 83.1 田舎バックパッカー、長崎県佐世保へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

能登 イカの駅 つくモール 【田舎暮らし歴約10年が語る】全国の地方創生補助金なんてこんなもん ~ 能登町イカ広報の誤算 ~ ウミネコパーラー かき氷 穴水町 金沢 『ウミネコパーラー』穴水町新崎店 閉店、金沢市石引店に完全移転とお引越し 〜 田舎の移住者受け入れ体制ってどうなの? 〜 【メディア掲載】「Lancers マガジン」に『広報の経験豊富なランサー』として登場 ソフトバンク プラチナバンド ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は? day 7.2 石川県穴水町 次世代の板前寿司屋『幸寿し』

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. トヨタ ハイエース, hiace toyota
  5. 穴水町 鮭, salmon in anamizu Ishikawa, 石川県 鮭
  6. 能登 うさぎ, 穴水, 石川県 野生動物, rabbit anamizu

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
東京の駅だったら批判殺到?!能登牡蠣“破格”食堂『あつあつ亭』2018年1月7日から
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~
【田舎で仕事 ‐ 田舎バックパッカーハウス】「さよなら、ぼくのモンスター」のコナー・ジェサップが写真で語る『結生の能登暮らし』続編
day 76.6 福岡県 小呂島 EXILEのミュージックスクール特待生 島田乾生くん家族とバックパッカー夫婦の夕べ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。