2011.02: <九州>福岡県(小呂島)・長崎県(池島・五島列島)

day 91 五島列島の中通島へ ~五島を南下するバックパッカー旅…どうする?~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年2月10日(木) – 翌日、13:00前に、森さん宅を出発した。

ぼくらバックパッカー夫婦は、五島列島の宇久島から南へと順に、小値賀、中通島(なかどおりじま)、若松島、奈留島、福江島、久賀島へ行く予定だった。

しかし…ぼくらの“中”では密かに「今回の九州の島々への旅…小呂島(おろのしま)、池島や大瀬戸、宇久島、小値賀っと…今回の旅で会いたかった人と出会えたんじゃないかな…」と、今回のバックパッカー旅では十分多くの田舎人たちのライフスタイルについて聞くことができた満足感で一杯だった。

いろいろと聞いた話しを、自分たちの中で、消化して…次の“田舎旅”へとつなげたいという想いもあった。頭の中を整理せず、“消化不良”な状態で先へ進むと、容量オーバーになってしまう。

一方では、この先の島には、自給自足の新聞で生計を立てている人がいる…という話も聞いたことから、会ってみたいなぁとも思っていた。

そんな想いの中、向かう次の五島列島の目的地 中通島・有川だった。

■中通島の有川港に到着したが…

有川に着くと、まずはテント泊できそうな場所を探す。宇久島や小値賀と比べ、有川は、“都会の島”という印象を受けた。

五島列島 中通島の有川港周辺。EV車(電気自動車)のレンタカーもあった。ぼくらにとっては“進んでいる島”の印象…

もっと散策すれば、きっとそんなことはないんだろうが…

港近くには、公園があるが、この日から、また寒くなり、しかも予報は雨。テントはゴアテックス仕様で濡れても全く問題ないのだが、バックパックに積める荷物が濡れると、後々片づけが大変なことになるので、屋根がある場所でテント泊したい。「濡れるより、濡れないほうがましだろう」

港周辺には、大きな芝生の公園があるのだが、屋根付きの場所はない。公園内に屋根付きのステージがあるのだが、クルマ通りがありで、そこにテントを張るのは気が引ける。

公園近くの観光物産センター前には、屋根付きで、机や椅子などが置いてあり、外で食べることができるスペースがある。この場所なら、濡れなくて済む。しかし、このスペースは観光センター、うどん屋などに囲まれた広場。

「寝るだけだし、周辺を汚さず、早朝に荷物を撤収すれば大丈夫かな…」と思いつつ、港周辺を散策。

とりあえず、スーパーへ行ってお酒を買うなど、港周辺を“うろうろ”した。

五島列島 中通島の有川港周辺にある大きな公園/広場。その近くには観光物産センターがある。このあたりから有川港を背に右へ進むとスーパーなどがある

しかし、到着早々に感じた“都会の島”のイメージや、今回の旅で既に多くの“田舎人(いなかびと)”たちと出会いから感じたことなどを一度、持ち帰って“消化したい…”という気持ちが強くなってきてしまったことから、鎌倉へ帰ることを考え始めた。(続きはこちら

<前回のエピソード 『day 90.5 バックパッカー田舎旅 in 五島列島 「中川くん、飲みんしゃい」「おれ恥ずかしか!」小値賀には最高の夫婦がいる…と思う夕べ』>

<次回のエピソード 『 day 92 五島列島から佐世保へ ~今回のバックパッカー田舎旅で感じたこと~』>

ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

こちらクリックを!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)で広報責任者として関わりつつも、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てられた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. day 84.4 「なぜ結花は“ひょこひょこ”と…」ふっと考える…
  2. day 84.6 五島列島・宇久島(長崎県) またも…お風呂から…
  3. 五島列島・小値賀島 “ぶうさん”宅での民泊編をアップ ~ バック…
  4. 小呂島 福岡県 島田乾生 day 77 福岡県 小呂島で“漁”へ行く田舎バックパッカー ~…
  5. day 85.3 島や田舎を活性化するには…どうしたらいいのだろ…
  6. day 74.1 福岡県博多へ行く前の“紛失”トラブル ~クレジ…
  7. day 90.3 五島列島 世界遺産 暫定リストに登録されている…
  8. 小呂島 福岡 day 76.4 福岡県 小呂島にEXILEメンバーが!?「人か…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

田舎体験 countryside experience 【メディア掲載】能登・穴水町岩車『田舎体験』で盛り上がる『洋上パーティー』 NHK うまいら はなびらたけ きのこ 【田舎で仕事 – 広報】自動車電球メーカーの“幻のきのこ”はなびらたけ NHK「うまいら!」に登場 made by all lacquer sap original artwork from Japan 日・英語版『芯漆』ホームページ完成 一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか? のと鉄道 観光列車 内装 アテンダント 【動画あり】のと鉄道 新型観光列車「のと里山里海号」プライベートツアー

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
指紋解除キーボックス K241,指紋認証,鍵,k221
  1. 新潟県上越市 テニス 試合, 穴水町 テニス
  2. 能登半島地震, 解体
  3. 能登半島地震2024 家屋, 田舎バックパッカーハウス, noto earthquake 2024

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
【令和6年能登半島地震】石川県穴水町でオープン中のお店や宿泊施設一覧、営業時間情報など(6月1日現在 一部更新)
能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス、長期間 車中泊滞在“バンライフ移住”可能な“住める駐車場”『田舎バックパッカーハウス Station 1』について
【田舎でITレビュー】指紋解除キーボックス「K241」導入し、1秒で簡単施錠、ポケットに多くの鍵の持ち運び不要に
能登での田舎暮らし: 移住先 自宅前で火事!?
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
day 14 能登半島一周中 トビの死骸
【娘の田舎暮らしと旅日記】じゆうけんきゅう『あなみずまちいわぐるまのうみにすんでいるさかなたちを、しゃしんでとってしらべました』
奥能登・穴水に移住看護師がオープン かき氷カフェ『ウミネコパーラー』
日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で
PAGE TOP