oyster Anamizu

  1. 穴水駅 牡蠣 あつあつ亭 Noto Ishikawa Anamizu Oyster restaurant railroad

    イナ旅スポット:2日間で350人以上!能登・穴水に期間限定 “牡蠣駅”オープン

    さて、今年も冬季限定で、のと鉄道・穴水駅に牡蠣の炭火焼き食堂「あつあつ亭」がオープンした。営業期間は、2018年1月7日(日)から2018年3月18日(日)で、土・日・祝日のみ。オープン開始の1月7日(日)と8日(月)の…

  2. シンギュラリティ大学 ピーター・ディアマンディス Singularity University Peter Diamandis

    シリコンバレーとロンドンへのバックパッカー“私事”旅での取材内容がムック本などで記事に

    能登・穴水町岩車 ‐ 2016年夏と冬に、取材の依頼から、現場取材と撮影、ラフ原稿執筆までをサポート…

  3. 穴水町 岩車 雪 牡蠣漁師

    写真で見る能登の冬 − Mate9で撮った穴水町岩車の雪景色

    能登・穴水町岩車 ‐ ぼくら田舎バックパッカーファミリーが移住した能登。今日はスマホで撮影した雪景色…

  4. Coast Table コースト・テーブル 店主 齋藤祥江 漁師 齋藤義己

    “能登・穴水ならでは!”を活かした移住牡蠣漁師の『コースト・テーブル』

    能登・穴水町中居(石川県) - 冬の能登半島への田舎/地方旅、楽しみたいのは能登ならではのグルメだ。…

  5. 写真で振り返る 能登のキリコ祭り✖『“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験』

    さて、『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験 “キリコ祭り” in “里山里海”能登・穴水町』の…

  6. キリコ祭り 穴水町

    <動画>田舎の夜を彩る“素朴で綺麗な”能登穴水町のキリコ祭り ~ 切子グラスとの関係は?! ~

  7. キリコ祭り 体験

    “キリコ祭り”の『田舎ライフスタイル体験』1話目: 世界農業遺産『能登の里山里海』で

  8. 田舎体験 能登 穴水町

    【田舎ライフスタイル体験 in “里山&里海”能登・穴水町】 Day 3 最終日: 予定外の帰り道…能登の里山里海の“世界農業遺産“から、“世界遺産”の「五箇山」や「白川郷」へ

  9. 能登ワイン ぶどう畑

    【田舎ライフスタイル体験 in “里山&里海”能登・穴水町】 Day 1: “猪部里児豚(イベリコブタ)”BBQ!能登へのクルマ旅!

  10. 田舎体験 能登

    田舎バックパッカー、第一弾目『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験』実施!一足早い夏休みを能登・穴水町で

  11. 巨大生物 日本 九州

    石川県穴水町での田舎暮らし“ちょい住み”最終ストーリー ~ 次の旅先は? ~

  12. 穴水町 移住者

    穴水町での田舎暮らし最終日前日のストーリー

  13. バックパッカー 天草 若宮海水浴場 テント 野宿 キャンプ

    day 103.1 熊本県天草市五和町 若宮海水浴場での綺麗な海辺でテント泊

  14. 天草 苓北町 スナックトミー 旅人たち

    day 102.3 熊本県天草郡苓北町のスナックトミーへ ~ 旅初のスナック&カラオケ ~

  15. 熊本県 天草 苓北町 松野さん Kumamoto Amakusa Reihoku Matsuno

    day 102.1 熊本県天草郡苓北町で聞いたアリューシャン列島での“漁業”話し

  16. 中川結花子 バックパッカー

    day 72・73 石川県穴水町 田舎暮らし“ちょい住み”最終日 ~ テント旅じゃないのにお風呂に入れないという事件?! ~

  17. 穴水町 移住者

    day 71.2 石川県穴水町での“田舎暮らし” 最後の晩と「のと鉄道」主催の牡蠣祭り

  18. 椿崎 川端さん 移住

    day 71.1 石川県穴水町 『ピンチはチャンス』 ~ 家にようやく入れたが…寒過ぎでお湯がでない! ~

  19. 能登半島 冬 厳しい

    day 71 石川県 穴水町 雪で寒い中、家から締め出された! ~ ぶつぶつと…文句と勝ち誇った笑み ~

  20. ロス イギリス 輪島

    day 70.8 “神”の領域にある”Pure Beauty” (純粋な美しさ)をつくりたいSuzanne Ross(スザーン・ロス)さん

  21. 漆芸作家 スザーン イギリス

    day 70.7 輪島塗を活性化させたい漆芸作家 スザーン・ロスさんの取り組みは?

  22. スザーンロス

    day 70.5 輪島塗と独自の技法でデザイン“Power of Wood(木の力)”を感じられる作品をつくるスザーン・ロスさん

  23. 輪島塗 漆器 スザーンロス

    day 70.4 輪島塗の現状 ~ 輪島に残れない輪島塗に熱心な次世代 ~

  24. スザーンロス

    day 70.3 予想外の日本滞在約20年 「ペンキ塗りは得意。輪島塗を3ヶ月でマスターできると思った」と漆芸作家スザーン・ロスさん

  25. スザーンロス

    day 70.1 石川県輪島市 3ヶ月滞在予定が20年以上に 田舎の森の中に住み“デザインを冒険する”漆芸作家スザーン・ロスさんとの出会い

  26. 海鼠 グロテスクな食べ物

    day 69 石川県穴水町 海鼠(ナマコ)の“宝庫”だが…なぜナマコを食べようと思ったのか

  27. 中川結花子 バックパッカー 穴水

    day 68 石川県穴水町 結花のネイル

  28. 穴水町 自家製味噌作り

    day 65.1 石川県穴水町 8家族分の味噌作り

Surface Book 2 不具合 GPU
  1. 田舎暮らし 子供 教育
  2. ゴアテックス メスナー バックパッカー
  3. 能登 穴水町 岩車 田舎暮らし ナマコ noto anamizu iwaguruma countryside lifestyle sea cucumber

ピックアップ記事

  1. 村尾茂雄
  2. Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所
  3. anamizu iwaguruma 穴水町 岩車 移住者 家
  4. 三重県 ほがらか 三浦伸也 光琳寺保育所 Hogaraka Shinya Miura Kourinji
  5. 米国人一家 水揚げ体験 穴水 能登かきに舌鼓 能登地方を家族旅行で訪れた米国人三人が三日、穴水町岩車で、旬を迎えている特産「能登かき」の水揚げ作業を体験し、日本の漁業や食文化について理解を深めた。参加したのは金沢市内の高校で外国語指導助手(ALT)を務めるパトリック・ケイレブ・フレンドさん(26)と、米国・テキサス州から初めて来日した父親のパトリック・フレンドさん(51)、母親のエイミー・フレンドさん(51)。能登半島で体験型の旅を企画している中川生馬さん(40)=岩車=が協力した。三人は二日、同町に到着し、殻が付いた能登かきのバーベキューや、地元産のワインや日本酒を味わった。翌三日、漁師の河端譲さん(45)=同=が養殖しているかき棚でいかだにつるされたかきを引き上げた。漁師の仕事に強い関心を寄せ、複数に固まったかきを一つずつばらす作業も熱心に行った。パトリック・ケイレブさんは「日本の昔ながらの文化を楽しく体験できた」と喜び、父親のパトリックさんは「漁師の仕事の大切さや大変さを知ることができた。素晴らしい時間だった」と顔をほころばせた。エイミーさんは「かきの殻に残った汁に日本酒を入れて飲んだのがおいしかった」と通な飲み方を気に入った様子だった。三人は四日、帰路についた。(田井勇輝)
2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP