2011.02: <九州>福岡県(小呂島)・長崎県(池島・五島列島)

  1. 第一弾目の九州バックパッカー田舎旅 最終全話アップ! ~「こんなところで?!」っと思ってしまう、都会でのテント泊など…最後まで見どころ満載!~

    さてさて、ぼくらバックパッカー夫婦の4ヶ月目となる九州の旅第一弾目が終了するよ。 最後の最後まで…見どころ満載のぼくらのバックパッカー旅。きっと、「こんなところでテント泊したの?!」って思うだろうね。そこでも“テント泊”交渉術も…我なが…

  2. 五島列島・野崎島へのバックパッカー旅…“とんだハプニング”から“豚骨ラーメン”…までをアップ!

    五島列島のバックパッカー旅も終盤を迎えるよ。小値賀島出発の最終日の話しをアップ。野生の鹿400頭しか…

  3. 田舎バックパッカー夫婦が行く野生の鹿400頭&住民1人 “ワイルド・ワイルド”な野崎島

    引き続き、「冒険する人生の記録」の続編だ。五島列島 小値賀島(おぢかじま)の次に行った島は、野生の鹿…

  4. 五島列島 小値賀へのバックパッカー旅で振り返るオレゴンでの高校時代の田舎ライフスタイル

    五島列島 小値賀島(おぢかじま)へのバックパッカー田舎旅での出会いから、少しづつ、理想のライフスタイ…

  5. 五島列島 小値賀島 田舎ビト必読 田舎バックパッカーとブロッコリーのぶうさんとのトーク

    さて、五島列島 小値賀に移住したぶうさんと美保さんとの出会いの話し「ブロッコリーとカボチャ農家のぶう…

  6. 五島列島 小値賀島 田舎ビト必読 バックパッカーが出会った田舎島でのライフスタイル

  7. 五島列島・小値賀島 “ぶうさん”宅での民泊編をアップ ~ バックパッカーが出会った“アイランドな”ライフスタイル ~

  8. day 93-94 バックパッカー夫婦、鎌倉へ一時戻る ~九州を出て、徳山(山口県)、そして神戸(兵庫県)へ~

  9. day 92.1 佐世保から都府楼への“鈍行”バックパッカー旅 ~ガス屋さん駐車場でのテント泊…?!とっさのテント泊の交渉ポイントは…~

  10. day 92 五島列島から佐世保へ ~“ハッピーで楽しいライフスタイル…”今回のバックパッカー田舎旅で感じたこと~

  11. day 91 五島列島の中通島へ ~五島を南下するバックパッカー旅…どうする?~

  12. day 90.5 バックパッカー田舎旅 in 五島列島 「中川くん、飲みんしゃい」「おれ恥ずかしか!」小値賀には最高の夫婦がいる…と思う夕べ

  13. day 90.4 世界遺産登録が近い五島列島 野崎島 出発45分前の“豚骨ラーメン”

  14. day 90.3 五島列島 世界遺産 暫定リストに登録されている無人・野崎島の“ちょっとした”歴史について

  15. day 90.2 五島列島 野崎島 世界遺産暫定リスト「長崎の教会群とキリスト教関連資産」の一教会がある無人島 ~学塾村へ向かう途中の…とんだ“大きな”ハプニング~

  16. 五島列島 野崎島 菊池幸紹

    day 90.1 五島列島 野崎島 風を操る“遊船人”的ライフスタイルの菊池さんとの出会い ~無人島に2週間 海の上を拠点にする旅スタイル~

  17. day 89 五島列島 小値賀 野崎島へ行けるのか?!理想的なライフスタイルを考えた二日酔いの朝 ~小値賀での薪割りとオレゴンでの高校時代…~

  18. day 88.6 五島列島 小値賀島 ぶうさんの赤土畑と美味しすぎるブロッコリー ~ブロッコリーとカボチャ農家のぶうさんと美保さんのライフスタイル~

  19. day 88.5 五島列島 小値賀島 どれくらいの生活費がかかるのだろうか… ~ブロッコリーとカボチャ農家のぶうさんと美保さんのライフスタイル~

  20. day 88.4 五島列島 小値賀島 なぜ田舎や島暮らし?タイミングは?旅がきっかけ…?! なんでブロッコリーとカボチャ??~ブロッコリーとカボチャ農家のぶうさんと美保さんのライフスタイル~

  21. day 88.3 五島列島 小値賀島 ぶうさんと自然 ~ブロッコリーとカボチャ農家のぶうさんと美保さんのライフスタイル~

  22. day 88.2 五島列島 小値賀島 薪風呂後の“ざっくばらんな”夜ごはんとお酒 ~ブロッコリーとカボチャ農家のぶうさんと美保さん宅で~

  23. day 88.1 五島列島 小値賀島 ブロッコリーとカボチャ農家のぶうさんと美保さんのライフスタイル ~“自作”ライフスタイルには“忙しい楽しさ”がある~

  24. day 87.5 森クリーニングの森さん宅での“民泊”の愉快なおもてなし と「汽車、汽車、しゅっぽ、しゅっぽ、しゅっぽ…」と、よくわかならいタイトルの意味… 五島列島・小値賀島で

  25. day 87.4 森さん宅へ戻る前に…五島列島・小値賀(おぢか)の“おぢかアイランドツーリズム協会”へ ~古民家について考えてみた… 400頭の鹿が住む無人島“野崎島”へ行くのか…~

  26. day 87.3 ブロッコリーの“ぶうさん”(今田光弘さん)と初対面 五島列島・小値賀で

  27. 五島列島 クリーニング 森 goto ojika island mori

    day 87.2 「飲んじょるか? ほら、飲みなさい!」 五島列島・小値賀(おぢか)の“終わらないビール”

  28. day 87.1 小値賀の“古民家”や“民泊”プログラム

能登 穴水町 田舎体験 洋上パーティー
  1. 軽トラハウス, 二見宏明, 田舎バックパッカーハウス, バンライフ, 穴水町 車中泊
  2. 日本海 10月 海 石川県 穴水町 岩車 空いてる ビーチ 田舎暮らし 子育て
  3. 外付けキーボード スマホ 仕事 work with smartphone
  4. 立山連峰 穴水町 寄り道パーキング鹿波
  5. Closet Monster Noto Connor Jessup さよならぼくのモンスター 日本 能登 コナージェサップ

ピックアップ記事

  1. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。
  2. Carstay カーステイ 経営合宿 management camp
  3. Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島
  4. Hiace solar panel ハイエース ソーラー
2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP