2011年 3月

  1. day 98.3 熊本県天草市牛深「うしぶか海彩館」から地域初の温泉「やすらぎの湯」へ ~ 牛深ハイヤ大橋高架下での快適な“デッキ”テント泊 “運命的”かつ“必然的”な出会いの前夜 ~

    2011年3月31日(木)– 前回のストーリーに続き、ぼくら田舎バックパッカーは熊本県天草市牛深にあるうしぶか海彩館にいて、うしぶか海彩館の事務局長の西向英基さん、釣りをしている中学生、中学生たちの先生たちとの会話を楽しみながら、牛深につい…

  2. day 98.2 熊本県天草 うしぶか海彩館の事務局長と出会う ~ 「小さい町でも『ちらりと光る町』で…」 地方の“過疎地まで”景気回復は届くのだろうか ~

    2011年3月31日(木) – ぼくらバックパッカーは現在、熊本県天草の「うしぶか海彩館」にいて、牛…

  3. day 98.1 熊本県天草 牛深「うしぶか海彩館」へ ~ 「牛深ハイヤ大橋」の下で…ミズイカ(アオリイカ)釣りする中学生 ~

    2011年3月31日(木) – 昨晩、熊本県天草市本渡(ほんど)の とある公園でテント泊し、今朝、そ…

  4. 天草 本渡町 公園 テント泊

    day 98 熊本県天草の公園でテント泊した田舎バックパッカー、グランドゴルフに初参加

    2011年3月31日(木) – 昨日、熊本県天草 本渡(ほんど)に到着したぼくら田舎バックパッカー夫…

  5. 天草 伊勢元 いせげん 郷土料理 岩下さん

    day 97.1 天草の“地”居酒屋食堂「伊勢元」で郷土料理 ~ 押包丁とは?! ~

    2010年3月30日(水) - 現在、ぼくら田舎バックパッカー夫婦は、天草の“とある”名もない山へと…

  6. day 97 熊本県天草 朝から公園でドライカレー作るバックパッカー夫婦

  7. 三角みかん 坂園

    day 96 熊本県三角町で“戦争”と“震災”の違いについて語る75歳のおばさん

  8. 横浜駅 博多 夜行バス

    day 95-96 バックパッカー、夜行バスで横浜から博多経由 天草へ

  9. 村尾茂雄

    バックパッカー旅、次はどこへ… 大震災後 鎌倉散策しながら村尾茂雄さんと語る

  10. 田舎へのバックパッカー旅は継続なるか… ~ 都会から飲食料品が消えた三陸沖地震…東日本大震災の日 ~

  1. 世界一長いベンチ longest bench in Ishikawa Noto
  2. イリコ 瀬戸内海 伊吹島 日本一
  3. 米国人一家 水揚げ体験 穴水 能登かきに舌鼓 能登地方を家族旅行で訪れた米国人三人が三日、穴水町岩車で、旬を迎えている特産「能登かき」の水揚げ作業を体験し、日本の漁業や食文化について理解を深めた。参加したのは金沢市内の高校で外国語指導助手(ALT)を務めるパトリック・ケイレブ・フレンドさん(26)と、米国・テキサス州から初めて来日した父親のパトリック・フレンドさん(51)、母親のエイミー・フレンドさん(51)。能登半島で体験型の旅を企画している中川生馬さん(40)=岩車=が協力した。三人は二日、同町に到着し、殻が付いた能登かきのバーベキューや、地元産のワインや日本酒を味わった。翌三日、漁師の河端譲さん(45)=同=が養殖しているかき棚でいかだにつるされたかきを引き上げた。漁師の仕事に強い関心を寄せ、複数に固まったかきを一つずつばらす作業も熱心に行った。パトリック・ケイレブさんは「日本の昔ながらの文化を楽しく体験できた」と喜び、父親のパトリックさんは「漁師の仕事の大切さや大変さを知ることができた。素晴らしい時間だった」と顔をほころばせた。エイミーさんは「かきの殻に残った汁に日本酒を入れて飲んだのがおいしかった」と通な飲み方を気に入った様子だった。三人は四日、帰路についた。(田井勇輝)

ピックアップ記事

  1. スターウォーズ エピソード8 ロケ地 アイルランド マリンヘッド スマホで仕事
  2. wild life sperm whale shiretoko hokkaido japan マッコウクジラ 知床半島 北海道 日本
2011年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP