2011-03-04 Backpacking Kyushu Kumamoto - 九州 熊本へのバックパッカー旅

day 96 熊本県三角町で“戦争”と“震災”の違いについて語る75歳のおばさん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
三角みかん 坂園


 

熊本県宇城市三角町 – おばさんは、ステージでの演劇や歌のための、ドレスを補修している。(前回の話しはこちら

昔は、剣士関連の関ヶ原、伊達正宗など、剣を使って歴史的な演劇をしていたそうだが、足を悪くして、今では歌うのみ。

子育てが終わってから、演劇や歌などを始めたそうだ。

「もうそろそろあの世生きよー」と、おばさんは冗談で笑いながらぼくらに言い、「私いくつに見える?」と笑顔で聞いた。

三角みかん 坂園

「ん~~50代ぐらいですか?!」と答えると、「うまいね~」と皆でげらげら笑うが、ホント…それぐらいに見えたわけだ。

このおばさん、実は既に75歳。名前は坂園さん、出身は関西エリア。

坂園さんは戦争の経験者だ。坂園さんが小学校2年生の時に終戦した…などなど、話していると、東北沖大震災の話になった。

「東北沖地震は大変だが、戦争のころはもっとひどかった」の一言から…戦争に関する話しが始まった。

戦争の被害状況は今震災現場で起きている大震災の被害状況に似ているところがあるが、当時 戦争で被害を受けた場所には、“支援”がなかった

と話す。戦争当時、坂園さんは疎開して、九州へ移住したそうだ。

ぼくらもいずれ、田舎移住を検討しているが、ぼくらの“移住”とはわけが違う。

震災や戦争が起きたとき、現在では、国内外の支援システムが整っているが、当時の戦争では支援なんて存在しなかった

お風呂も入れず、頭には虱(しらみ)がわき、白い粉のようなものを頭につけて、タオルで頭を巻いて、虱を殺して、死んだ虱を頭から落としていたそうだ。

常にB29戦闘機の恐怖もあった。

三角みかん 坂園

空襲があるときは、全身を畑の泥に沈めて、息を殺して撃たれないように死んだふりをしていた。

お金には価値がなく、田舎では物々交換が基本

農作物と着物などを交換していたそうだ。衣類と食べ物が生きるために重要だった。

たまに、災害と戦争の違いについて、人に聞かれるそうだが、坂園さんは

災害/震災があった場所に、“敵の弾がばらばらと落ちてくる恐怖”と、“支援がない”をイメージしてほしい

と回答するそうだ。

人生の中で“苦労”があると、その教訓からか…“楽”になったとき、ありがたく感じるだろう」と…締めくくった。

坂園さんから、ミカンに似た果物のデコポンと飴をいただいた。

皮が厚くなったミカンのようだが、かなり甘くて美味しい。この前食べた愛媛県の興居島(ごごしま)みかんより甘いかもしれない。

ところであなたたちどこに泊るの?」と、おばあさんに聞かれた。

「ぼくらは、テントと寝袋で寝泊まりしてるんですよ」と答える。

それは安いわね。ホテルとかもったいないしね。あなたたち利口ね。そんな旅経験も貴重ね」と言われる。

そう言われたのは初めてだ。

このあたり周辺で、テントを張れそうな場所について相談すると、「近くの公園で張っても大丈夫だろうし、早く片付ければ、お店の側でも大丈夫だろうよ。特産物店前の屋根があるところでも大丈夫じゃない?」とアドバイスをもらった。

坂園さんは17:00ごろ、お店を閉めて、家に帰って行った。毎日、9:00ごろ、お店はオープンするそうだ。

お店を出た後、売店で、黒糖パン、たこの姿焼き煎餅を買う。

瓶からペットボトルに入れ替えたウィスキーと一緒に食べた。瓶のままお酒を持ち歩くと…重いのだ。

この黒糖パンは手作りで、中に何粒もの大きい黒糖が入っている。このパンは美味しかったので、2つも買ってしまった。

熊本県 三角町 テント泊

さすがにお店の側/すぐ隣でのテント泊は気が引けるので…

今日はこの近くの海辺の公園でテントを張って、翌日を迎えることにした。

明日は天草だ。

ぼくらの今後の人生を変える一つの“きっかけ”となる人との奇妙で“微妙な出会い”が天草で待っている…(続きはこちら

 
<前回のストーリー: day 95-96 バックパッカー、夜行バスで横浜から博多経由 天草へ

<次回のストーリー: day 97 熊本県天草 朝から公園でドライカレー作るバックパッカー夫婦

 
結花のブログはこちら

 
●関連するストーリー:

  • 旅の背景はこちらから
  • 【2010年10月】能登半島へのバックパッカー田舎旅こちらから
  • 【2010年11月】四国“左周り”のバックパッカー田舎旅こちらから
  • 【2010年12月】四国“右周り”のバックパッカー田舎旅こちらから
  • 【2011年1月】能登・穴水町椿崎での田舎暮らし体験はこちらから
  • 【2011年2月~3月】福岡県 小呂島、長崎県 五島列島や池島の島々へのバックパッカー田舎旅はこちらから
  • 【2011年3月~4月】熊本県天草へのバックパッカー田舎旅はこちらから

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

 
●バックパッカーが掲載されたまたは執筆した雑誌の一部


IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 長崎県 炭鉱で栄えた池島の銭湯での“お泊りオファー”をアップ!
  2. 熊本県 天草 苓北町 松野さん Kumamoto Amakusa Reihoku Matsuno day 102.1 熊本県天草郡苓北町で聞いたアリューシャン列島…
  3. 天草 苓北町 海岸 野宿 テント 阪本宏 amakusa reihoku tent spot night out day 101.1 熊本県苓北町でのテント野宿と出会い ~ イカ…
  4. 100系ハイエース クルマ旅 day 99.6 牛深で…北海道の旅人 二階堂さんの“自宅”10…
  5. 富岡城 跡 3D映像 テレビ 天草 海中 day 102.2 熊本県天草郡苓北町の富岡城で“懐かしの”3D…
  6. 比地大駅 香川県 テント バックパッカー Kagawa backpacker day 25 香川県最西端の『伊吹島(いぶきじま)』へ
  7. 熊本県 天草 テント 野宿 バックパッカー 話題の天草へのバックパッカー旅…密かに更新中
  8. 兵庫県 坊勢島 スクーター 原付 二人乗り day 21.1 兵庫県 坊勢島 海上タクシー松尾さんとの出会い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

day 13 奥能登一周旅 “アベック”で有名になるぼくらバックパッカー夫婦 アネックス リコルソ キャンピングカー 国内旅行はバックパッカー+クルマで楽しくなる、オフィスや寝床がある動く秘密基地が欲しいと思ったら のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣 東京の駅だったら批判殺到?!能登牡蠣“破格”食堂『あつあつ亭』2018年1月7日から Connor Jessup and Yui 結生とコナージェサップ 【田舎で仕事 ‐ 田舎バックパッカーハウス】「さよなら、ぼくのモンスター」のコナー・ジェサップが写真で語る『結生の能登暮らし』続編 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師 能登・穴水町最大の牡蠣祭典「雪中ジャンボかきまつり」の裏にいる牡蠣漁師 ~ 岩車から1トントラックで運ばれた2万6千個以上の牡蠣 ~

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
vanlife asahi バンライフ 朝日新聞
  1. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  2. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
【バンライフ動向】朝日新聞の“選挙”コーナーにバンライフに関するコメント 女子大生バンライファー宮本芽依さん
田舎バックパッカーハウス < 公式概要と利用料金について>
デルのノートパソコン 購入半年で三度目の修理、デルの最悪なサポート対応を暴露
day 76.6 福岡県 小呂島 EXILEのミュージックスクール特待生 島田乾生くん家族とバックパッカー夫婦の夕べ
【田舎で仕事】カナダ出身の映画俳優兼監督コナー・ジェサップ 『クリエイティブ“田舎”ワークスペース』で脚本執筆中
【田舎で仕事 ‐ 田舎バックパッカーハウス】「さよなら、ぼくのモンスター」のコナー・ジェサップが写真で語る『結生の能登暮らし』続編
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
田舎バックパッカーハウスの初代ユーザー、Netflixオリジナル映画「Locke & Key」に登場!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。