※現在・このHPは独自制作中。 「今のライフスタイルは自分に合っているのだろうか…?」「人生…“冒険”すべきだろうか…」“小さな”日本にもあらゆるライフスタイルの選択肢がある
「東京などの都会だけではない...」 ニッポンの田舎/地方に眠る…新たな旅先とライフスタイルの選択肢を“探求”する by 田舎旅するバックパッカー with “動く拠点”
…中川生馬のオフィシャル・ホームページ。ブログは頻繁に更新しています。ブログはこちら

Japanese  English
HOME
田舎バックパッカーの田舎・地方への旅とライフスタイル
能登 穴水町の牡蠣料理コースト・テーブル

トップページ > 石川県 能登 > 『コースト・テーブル』 ページ 1 > ページ 2

2016年9月3日
LINE

牡蠣の町に移住した漁師夫婦、“能登/穴水町ならでは!”を活かした食堂『コースト・テーブル』オープン ~ 食堂前の穏やかな里海から水揚げ直後の牡蠣を… ~

能登 穴水町に移住して牡蠣料理メインのコースト・テーブルをオープン漁師と店主の齋藤さん夫婦
お薦めは「ミニフルコース」(冬と春の期間:12月下旬ごろから5月ゴールデンウィーク前後まで))

「コースト・テーブル」概要 - 営業時間・連絡先・住所(地図)など


主なメニュー

【冬(12月中旬か1月頃~5月GWごろ)】

能登 穴水町 牡蠣料理メインの「Coast table(コースト・テーブル)」。冬メニュー

主に真牡蠣(まがき)がメインの料理
★かきフルコース(3800円)
★ミニフルコース(2400円)
・焼きがき(6個)(800円)、かきアヒージョ(2人前から。バケット付きで750円)、かきフライ(700円)、かきオイルづけ(500円)、なまこのおろし和え(500円)、かきご飯(500円)など

かきフルコース(3800円): 焼きがき(15個)、牡蠣フライ(5つ)、なまこの酢の物、 かきご飯、味噌汁、おつけもの

ミニフルコース(2400円): 焼きがき(7個)、牡蠣フライ(3つ)、なまこの酢の物、 かきご飯、味噌汁、おつけもの

★2016年9月現在のメニュー。冬のお薦めは「ミニフルコース」か、「かきフライ」と「かきご飯」を注文し自称“牡蠣定食”。サイドには、「かきアヒージョ」を!


【夏(5月GW頃~12月)】

能登 穴水町 牡蠣料理メインの「Coast table(コースト・テーブル)」。夏メニュー
★岩牡蠣(2017年から)
★魚(フィッシュ)またはエビフライの『バーガーランチ』(1000円)
・フィッシュバーガー(580円)
・エビフライバーガー(580円)
・ぶつ切りタコのピザ(950円)など

営業時間

11:00~16:00(予約可)

定休日

水曜日(秋、牡蠣のシーズンまでは火曜日も定休日になる場合もあり)

場所

石川県鳳珠郡穴水町中居南2-107

電話

080-1966-1761

席数

12席

駐車場

5台

アクセス

・クルマ – 穴水駅から約10分
・バス – 穴水駅から宇出津、珠洲、岩車行きのバスで、バス停「中居南口」で下車。徒歩10~15分
・タクシー – 穴水駅から約10分、約1800円。能登空港からタクシーで約20分

携帯の電波

・ソフトバンク、AU、ドコモなど
・Wi-Fiなし

その他

・禁煙 ・冷房あり ・現金のみ
・席数や駐車場に限りあるので、事前に予約することをお薦めしたい。




冬を代表する海の幸と言えば...やっぱり牡蠣。牡蠣が美味しい田舎/地方の現場で、新鮮なものを食べたい!
冬を代表する海の幸と言えば...やっぱり牡蠣。牡蠣が美味しい田舎/地方の現場で、新鮮なものを食べたい!

牡蠣の水揚げ作業や、湖にように穏やかな里海を眺めながら里海の幸を楽しめる「コースト・テーブル」、以前紹介した跨線橋から列車を眺めながら牡蠣を食べる「穴水駅ホームあつあつ亭

どちらも自社がもつ“スキル”をフル活用した展開をしている。


能登の牡蠣フィーバーは始まったばかり。

毎年1月末には、穴水町が、日本海や能登で最大規模の牡蠣祭り『雪中(せっちゅう)ジャンボ かきまつり』を開催する。

能登 穴水町に移住して牡蠣料理メインのコースト・テーブルをオープン漁師と店主の齋藤さん夫婦
能登・穴水町 中居湾にあるよしくんの牡蠣の筏は浮きがオレンジ色で目立つ

写真で見る『Coast table(コースト・テーブル)』 続きはこちら



トップページ > 石川県 能登 > 『コースト・テーブル』 ページ 1 > ページ 2 > ページ 3