自給自足生活

  1. 田舎暮らし 道を切り開く 重要

    能登・穴水町岩車の田舎/地方へ移住してあと少しで2年… ぼくは田舎暮らしが難しいと思っているのか?

    田舎暮らし...地方での暮らし...それに関わらずだと思うけど...難しく考えたり、難しさを体感すると、“難しい”という固定概念が生まれてしまう。「田舎暮らし=難しい」の方程式...社会がつくりあげたイメージは切り捨てろ。…

  2. 洋上パーティー ヨット ボート 上でパーティー

    <動画>田舎バックパッカーの『“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験』

    2013年5月に神奈川県鎌倉市から能登半島の穴水町岩車に移住した田舎バックパッカー。…

  3. 石川県 能登半島 穴水町 牡蠣 炭火焼き Ishikawa Noto Oyster BBQ

    “牡蠣の穴場”で冬の「ざっくばらんな田舎ライフスタイル体験」2日目・後編 ~ 能登の里山里海を味わう ~

    さて、田舎バックパッカーが企画・実施した『“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験』は終盤。これから…

  4. 穴水町岩車 散策

    <写真で振り返る>冬の“楽暖”で“ざっくばらん”な田舎体験 2日目

    さて、今日のクライマックス「炭火 牡蠣バーべーキュー」前に、2日目の『“ざっくばらん”な田舎ライフス…

  5. 能登 田舎体験 生牡蠣 noto anamizu raw oyster

    冬の“楽暖”で“ざっくばらん”な田舎体験 2日目・前編 ~ 牡蠣の水揚げ作業と 能登ワイン~

    薪味噌作りを終えたぼくらが次に向かった場所は、牡蠣の水揚げ作業現場だ...が、なんと雪が降り…

  6. 能登 移住 田舎体験 小野貴子

    冬の“楽暖”な“ざっくばらん”な田舎体験 2日目・前編 ~ “薪“味噌作り ~

  7. 渚水産 渚ガーデン バーベキュー

    冬の田舎体験 – 渚水産でのバーベキュー 穏やかな能登の里海前で

  8. 東京から能登へ 糸魚川 経由

    『ざっくばらんな田舎ライフスタイル体験』冬の“能登の里山里海” 穴水町への“楽暖”クルマ旅!

  9. 穴水町 岩車 キリコ祭り 写真

    第2弾目『田舎体験』最終話 – 『キリコ祭り』翌日の『直会』と『本祭り』

  10. 能登 キリコ祭り 本祭り

    第二回目『田舎体験』- 穴水町岩車の『キリコ祭り』翌日の『本祭り』

  11. 能登 巌門 旅人 バックパッカー

    “キリコ祭り”の『田舎ライフスタイル体験』5話目: 能登の“崖っぷち”絶景スポットへ

  12. 世界一長いベンチ longest bench in Ishikawa Noto

    “キリコ祭り”の『田舎ライフスタイル体験』4話目: 能登の“穴場”絶景スポットへ寄り道

  13. 信濃大町 室堂 バス停

    “キリコ祭り”の『田舎体験』3話目: 信濃大町経由 千里浜なぎさドライブウェイへ

  14. 穴水町 岩車 キリコ祭り 写真

    “キリコ祭り”の『田舎ライフスタイル体験』2話目: 世界農業遺産の能登?里山里海?穴水町って?!

  15. 神山 ヒッピー

    田舎のライフスタイル in 徳島県神山町 1話 – 風力発電の建設と 自然と共に暮らす人々

  16. day 97 熊本県天草 朝から公園でドライカレー作るバックパッカー夫婦

  17. 三井 100円温泉

    day 70.9 石川県輪島市三井の100円 温泉へ

  18. 田舎時間 穴水町 議員 新田信明

    day 59 石川県 穴水町での「田舎暮らし」初日 役場の新田信明さん、NOTO-Shiftの鈴木久善さんとの再会

  19. living trial in Anamizu Ishikawa 穴水町 移住体験 体験住居

    day 58 能登半島 穴水町に向けて再び出発 ~ 町の移住体験プログラム ~

  1. from noto to tokyo 能登から東京へ ハイエース
  2. 車載 炊飯器 Cook rice in a car
  3. Quora QAサイト CEO 取材 アダム・ディアンジェロ Adam D’Angelo Facebook CTO interview
  4. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。

ピックアップ記事

  1. 石川県 能登 穴水町岩車 漁港 釣り
  2. 愛媛県 怒和島 学校
  3. anamizu noto ishikawa
  4. 能登 志賀町 中忠政 自衛官
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP