INAKA Cooking – 田舎料理

  1. 田舎 食材 安価 費用

    【能登での田舎暮らし】鮮度抜群で安価 1人230円の「ブリ丼」晩御飯 「新鮮」「自然」「安価」が常についてくる

    海や山に面した田舎/地方、農山漁村での田舎暮らしでは、山や海の食材コストが安価だ。この日の晩御飯は鰤(ぶり)丼。スーパー「どんたく」で購入した約300グラムで約619円(198円/100グラム)の鰤(ぶり)。鰤(ぶり…

  2. 田舎料理:サツマイモの収穫そろそろ 芋けんぴの作り方

    サツマイモの収穫がそろそろ始まる。サツマイモの活用方法はいろいろ。焼きいも、スイートポテト、…

  3. 魚 さばき方 how to clean a fish

    田舎料理: 超初心者向けの魚のさばき方

    能登・穴水町岩車(石川県) ‐ 能登に移り住むこと4年半。最初、全くさばけなかった魚は今では だいぶ…

  4. 大根 間引き 料理 thinning radish

    田舎料理:冬野菜の代表格『大根』育て際に出てくる『間引き菜』で料理!

    能登・穴水町岩車(石川県) ‐ 大根を植え育てる際、全体の大根の生育を促したり、根本の風通しを良くし…

  5. 担々麺 能登 石川県 青梗菜

    畑の完全無農薬チンゲン菜を“特製”担々麺に 〜 作り方も“ざっくり” 〜

    能登・穴水町岩車 - 田舎バックパッカーの完全無農薬畑の青梗菜(ちんげんさい)が元気だ。能登…

  6. 穴水町 岩車 猪 イノシシ バーベキュー

    能登・穴水町の岩車漁港で“イノシシ”パーティー – 猪肉は美味しいって知ってた?

  7. 能登 穴水町 味噌作り 高齢 元気

    能登の田舎で…一日で12家族分 約360キロの“薪味噌”作り ~ 今年は“青”豆で! ~

  8. 田舎 煮つけ 里海の幸 漁師町 メリット バックパッカー 家族

    里海漁師からのありがたい朝獲れ魚 0円朝食 ~ 里海約50メートル先の田舎暮らし ~

  9. 田舎暮らし 200円 料理 畑 コロッケ

    “格安”田舎料理:家族3人 わずか200円のコロッケ料理 ~ 畑のおかげ 田舎の“食”生活 ~

  10. ゴーヤ 田舎料理

    玄関に置いてあった!?ゴーヤを無駄なく料理する方法!~ 佃煮・酢の物・天ぷらなど ~

  11. サトイモ 収穫したばかり

    びっくり!!!今の時期収穫できる里芋の皮を一瞬で剥く裏技!

  12. 白ナス 料理 調理方法 皮を丸焼き

    田舎暮らし 家族3人でわずか240円の夕食 ~ 勝手についてくる田舎の“節約” ~

  13. 田舎バックパッカー家族 半自給自足

    田舎暮らし 3人わずか180円の夕食 ~ 食生活は工夫次第 ~

  14. how to make tofu 豆腐の作り方

    能登の“にがり”を使った自然で美味しい豆腐の作り方

  15. 田舎 薪味噌 anamizu iwaguruma making miso experience

    <動画>薪を使った田舎ならではの味噌作り ~ “食”を作る楽しみを体感 ~

HDD to SDD PC ディスク 交換
  1. 穴水町 役場 不信
  2. living trial in Anamizu Ishikawa 穴水町 移住体験 体験住居
  3. 羽田 能登空港 雪景色 絶景 Tokyo to Noto Ishikawa airplane beautiful view
  4. 鎌倉 紅葉 獅子舞 一番きれい 穴場
  5. 米国人一家 水揚げ体験 穴水 能登かきに舌鼓 能登地方を家族旅行で訪れた米国人三人が三日、穴水町岩車で、旬を迎えている特産「能登かき」の水揚げ作業を体験し、日本の漁業や食文化について理解を深めた。参加したのは金沢市内の高校で外国語指導助手(ALT)を務めるパトリック・ケイレブ・フレンドさん(26)と、米国・テキサス州から初めて来日した父親のパトリック・フレンドさん(51)、母親のエイミー・フレンドさん(51)。能登半島で体験型の旅を企画している中川生馬さん(40)=岩車=が協力した。三人は二日、同町に到着し、殻が付いた能登かきのバーベキューや、地元産のワインや日本酒を味わった。翌三日、漁師の河端譲さん(45)=同=が養殖しているかき棚でいかだにつるされたかきを引き上げた。漁師の仕事に強い関心を寄せ、複数に固まったかきを一つずつばらす作業も熱心に行った。パトリック・ケイレブさんは「日本の昔ながらの文化を楽しく体験できた」と喜び、父親のパトリックさんは「漁師の仕事の大切さや大変さを知ることができた。素晴らしい時間だった」と顔をほころばせた。エイミーさんは「かきの殻に残った汁に日本酒を入れて飲んだのがおいしかった」と通な飲み方を気に入った様子だった。三人は四日、帰路についた。(田井勇輝)

ピックアップ記事

  1. 小呂島 福岡県 EXILE 島田乾生
  2. Northern Japan Arts Festival 三陸国際芸術祭
  3. 穴水町 役場 不信
  4. ウミネコパーラー 石川県 穴水町 足立秀幸 かき氷 カフェ Anamizu Shaved Ice Kakigori cafe
  5. 田舎バックパッカー Carstay カーステイ 報道資料
2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP