Empty Houses of Countryside – 田舎/地方の空き家

  1. “でぶ+借金100万円”って大丈夫?!な大堀悟“ぼり”さん 岩車に完全移住 田舎の空き家とバトル中

    能登・穴水町岩車(石川県) - 田舎バックパッカーの拠点が岩車に移り、あと1週間ほどで、約5年が経つここ最近。タイトルのとおり、新たな移住者がここ岩車にやってきて、2軒の空き家を借りた。メディア掲載:…

  2. 古民家 屋根 改修

    田舎で空き家を借りるとき大抵 改修する箇所は?

    能登・穴水町岩車 - 今日は玄関の屋根の一部を改修した。屋根の棟(むね)の漆喰(しっ…

のと鉄道の”花輪くん”こと東井豊記(とうい とよき)さん
  1. 田舎バックパッカー 夫婦 田舎旅 夫婦 地方への旅
  2. Closet Monster Connor Jessup さよならぼくのモンスター コナージェサップ 輪島 モリクモ食堂
  3. 中日新聞 車中泊で白山麓の旅を 企業、大学、住民連携 密のない交流 発信
  4. バンライフ・ステーション 能登 穴水町

ピックアップ記事

  1. 穴水町 体育協会新年会 Anamizu new year party tennis
  2. 輪島塗 漆器 スザーンロス
  3. 穴水町 岩車 キリコ祭り
  4. 米国人一家 水揚げ体験 穴水 能登かきに舌鼓 能登地方を家族旅行で訪れた米国人三人が三日、穴水町岩車で、旬を迎えている特産「能登かき」の水揚げ作業を体験し、日本の漁業や食文化について理解を深めた。参加したのは金沢市内の高校で外国語指導助手(ALT)を務めるパトリック・ケイレブ・フレンドさん(26)と、米国・テキサス州から初めて来日した父親のパトリック・フレンドさん(51)、母親のエイミー・フレンドさん(51)。能登半島で体験型の旅を企画している中川生馬さん(40)=岩車=が協力した。三人は二日、同町に到着し、殻が付いた能登かきのバーベキューや、地元産のワインや日本酒を味わった。翌三日、漁師の河端譲さん(45)=同=が養殖しているかき棚でいかだにつるされたかきを引き上げた。漁師の仕事に強い関心を寄せ、複数に固まったかきを一つずつばらす作業も熱心に行った。パトリック・ケイレブさんは「日本の昔ながらの文化を楽しく体験できた」と喜び、父親のパトリックさんは「漁師の仕事の大切さや大変さを知ることができた。素晴らしい時間だった」と顔をほころばせた。エイミーさんは「かきの殻に残った汁に日本酒を入れて飲んだのがおいしかった」と通な飲み方を気に入った様子だった。三人は四日、帰路についた。(田井勇輝)
2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP