Whisper - つぶやき

【田舎からのつぶやき】穴水町 小学校統合に関する説明会再び… 結局「なにを反省したのだろう?」ってお話し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
穴水町 小学校 統合, 向洋小学校, 小学校 説明会, 穴水町 役場

昨晩、穴水町立 穴水小学校と向洋小学校の統合に関する説明会が再び!!開催された。

1回目の説明会からわずか2週間しか経っていないが、今回で2回目の開催。

初回の説明会に関しては以下のとおり。ぼく自身、かなり客観的に記事を載せているつもりだが、より客観的なメディアの視点として、参考までに中日新聞の記事も貼り付けさせてもらっている。

穴水町 小学校 統合, 向洋小学校, 小学校 説明会 【田舎からのつぶやき】小学校の統合、石川県穴水町役場の独断と偏見で話しが進んでませんか?!ってお話し

1回目は上の記事のとおり、2022年7月14日に開催。そのわずか6日後に、再び以下の案内メールが届いた。

=============
● 件名: 学校統合に関する意見交換会
● 日時: 8月1日(月)19:00~
● 場所: 向洋小学校 ランチルーム
● 内容: 学校統合に関する意見交換会を行いますので、ご参加ください。
● 登壇者: 穴水町長 吉村光輝
=============

個人的にはまずこの案内に関しても実に“乱暴”でモノ申したくなった。

その点に関して、2回目の説明会冒頭でコメントさせてもらった。

「少し前に説明会を開催したばっかりじゃないですか?」「説明会の内容やアジェンダも書かずに、再び保護者を呼び出すっていかがなものなのか、ここにいる皆はそこまで暇じゃないんですが…」的な感じで。

穴水町 小学校 統合, 向洋小学校, 小学校 説明会

説明会では、前回と同様「なぜ小学校の統合ありきでお話しが進んでいるのか?これだけ反対的な意見ばかりなのだから、統合の話しを一旦白紙に戻して、統合の選択肢も残しつつ、他の選択肢も挙げて、考え直したらどうか?小学校の存続の可能性も含めできることはまだあるのでは?」と再び質問させてもらったわけだが… ほぼほぼ、1回目の説明会と内容は変わらず。

「(いきなりの)統合に関する話しで反省はしているが、統合の方向でお話しは進めさせてもらう」の一点張り。

「一体、なにを反省したの?」「ぼくらの意見は本当に役場や町長の吉村光輝さんに届いているのだろうか?」で、今回も同様、そんな感じで説明会は終了した。

ちなみに、以前、役場内で6回にわたる、PTA関係者含め統合に関する会議を開催したそうだが、ほんの一部の人たちのみ参加。

一番の当事者である向洋小学校に通う生徒やぼくら生徒保護者/親には、統合に関してこれまでなにも説明がない。その情報は、役場内部にあるのみで、広報誌やホームページなどで公開されていない。ぼくら保護者にとっては、「説明した」には入らないわけだ。

穴水町役場、現町長の吉村光輝さん、前町長の石川さんは、町内に対して、統合について、なにも説明してきていないじゃん」というわけだ。

また、本来、ここ1カ月内で開催された、向洋小学校、穴水小学校で開催された説明会に関しても、議事録などの情報を対外的に公開すべきだろうが、「(公開は)検討する」のみで、そういった姿勢も全くない。

説明会の参加者の発言や質疑応答に関する内容を、文字起こしなり、情報を公開することで、町全体が状況を把握することができるわけだが、そんな姿勢もないわけだ。

言い方が悪いが、昨年、“内輪”で開催した、幾度の“なんちゃって”会議に関しても、積極的に情報公開していないことから、「説明の議事録の公開を検討する」は期待できない発言だ。

町長の吉村光輝さんは、「反省している」と言っていたが、一体全体なにを「反省」しているのか、結局、役場だけの「独断と偏見」で、「統合話し」を推し進めているだけで、今回の説明会でも「統合に向けたスタンス」はなにも変わっていなかった。

教育委員長・大間順子さんの少人数制 小学校のデメリットに関するお話しの内容も実にわかりにくく、大間さんの主観がかなり入っていた印象を受けた。

一部の人も発言していたが、ぼくにとって、大間さんが思うデメリット内容は、全くもってデメリットに聞こえなかった。デメリットが逆にメリットに聞こえてしまい、彼女の説明は全く頭に入ってこなかったかな。

説明会では、保護者からのあらゆる質問に対して「検討する」という回答ばかり。しかし、穴水町長の吉村光輝さんの方針は「だけど、『統合ありき』でお話しを進めさせてもらいます」と変わらない様子だった。

町民もしくは実際向洋小学校に通う生徒や保護者の意見を聞いた上で、統合なのか、別にどんな選択肢があるのか、などステップを踏んだ上で、今後の穴水町内の小学校の方向性を示してもらいたいものだ。

現時点では(これも言い方が悪いが)独裁的な方針で、統合が推し進められている状況。

おそらく「統合するにあたり、町民や小学校の保護者向けに説明会を開催した」という、形式的な説明会があったことの事実だけを残したいのかもしれないが、ぼくら町民や小学校の生徒の両親/保護者にとっては、形式だけの説明会は全くもって意味がない。

「統合ありき」を一旦白紙に戻すしか、小学校の保護者から賛同を得ることは難しいだろう。

穴水町 小学校 統合, 向洋小学校, 小学校 説明会【向洋小学校から一望できる景色がこれ。こんな贅沢な教育環境ないんじゃないかなぁ】

穴水町 小学校 統合, 向洋小学校, 小学校 説明会【向洋小学校は素晴らしいロケーションにあって、本当に良い小学校だと思っているんだけどね】

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)で広報責任者として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てられた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 【つぶやき】コロナ収束後、リモートワークは無くなるのか?
  2. 薪ラーメン 薪暮らし 田舎暮らし <動画あり>“薪”醤油ラーメンが美味 | 能登の田舎村で薪暮らし…
  3. 今更だけど、そもそも役場・町長って今の時代必要なの? ~「町長が…
  4. SNS メディア 信頼性 新型コロナでわかってくる「メディア」の特性 – 舞台…
  5. 広報マンが観た「吉本興業」会見劇場『家族喧嘩は他でやらない?!』…
  6. 【海外バンライフ動向】住宅コスト上昇でアメリカで「バンライフ」ブ…
  7. コロナ 限界集落 田舎暮らし 日々 今日は急な案件だらけ、初自転車に娘が30分で – コ…
  8. 田舎バックパッカーハウス,石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記,秋葉博之,秋葉洋子,ぶー散歩,穴水町 車中泊, child in the countryside japan,noto,ishikawa,inaka backpacker house,rv in ishikawa, sakura, 【田舎からのつぶやき】「田舎バックパッカーハウス」今週末2件の車…

コメント

    • すけ
    • 2022年 9月 07日 11:41am

    いくさんの疑問に共感します。向洋小学校の景色、最高ですね。ぜひ戦ってください!

    • すけさん、ありがとうございます!できるところまでやってみます!小規模の小学校にはいいところだらけしかなく、個々を伸ばせるという今の時代にも合致した点が沢山あるかと思っています!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

渡り鳥とカタツムリ 田舎バックパッカーハウス 能登 【メディア掲載】住める駐車場「田舎バックパッカーハウス」が車中泊漫画「渡り鳥とカタツムリ」の舞台に! 茅野小学校 バックパッカー 講演 day 5 長野県 茅野市立金沢小学校での田舎バックパッカーの講演 田舎バックパッカーハウス, 車中泊, キャンピングカー, バンライフ, 石川県, 穴水町, rv station, anamizu, campervan, ishikawa, vanlife 「田舎バックパッカーハウス」車中泊客と、久々に徹夜で広報仕事 GAZOO 田舎バックパッカーハウス バンライフ ステーション vanlife station livable parking space 【メディア掲載】トヨタ運営「GAZOO」に奥能登の「バンライフ・ステーション」登場 穴水町 田舎体験 移住者 鎌倉 村尾茂雄 キリコ祭り 【メディア掲載】キリコ祭りの『田舎体験』で縁結ばれた村尾さん夫婦 能登・穴水町岩車へ

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
穴水町 車中泊,石川県 車中泊,石川県 バンライフ,ふれあいパーク
  1. 石川県 子育て,石川県 移住,石川県 移住者,穴水町 子育て,穴水町 小学校,穴水町 川尻,穴水町 移住者,能登 田舎, 能登 移住者, 田舎 学校, 田舎 小学校,向洋小学校
  2. 石川県 子育て,石川県 移住,石川県 移住者,穴水町 子育て,穴水町 小学校,穴水町 川尻,穴水町 移住者,能登 田舎, 能登 移住者, 田舎 学校, 田舎 小学校,向洋小学校
  3. Carstay Koki Miyashita カーステイ 宮下晃樹
  4. 都市構造再編を活用へ/穴水中央地区立地適正化計画/町、採択要望/総事業費61億4000万円
  5. 石川県 新移住者, バンライフ 地方移住, 岩本舜夫
  6. 穴水町 岩車 キリコ祭り 2020年

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
【メディア掲載】NHK BSプレミアムに登場!「旅する★手作りキャンピングカー」 8月18日放送!
day 45.1 徳島県小松島 『ル・サロン』『国連本部』にも飾られたと話す『阿波おどり』の画家 銭谷誠さんとの出会い ~ “画家として売れるまで…”の25分間の会話 ~
自動車用電球メーカーが“幻のきのこ”はなびらたけをつくってるって?!なぜ?
【娘の田舎暮らしと旅日記】ひとみちゃんとまどかちゃんが自分のお家に帰っちゃうから悲しかったし、まだいっしょに、遊びたかったなと思ったこと
【メディア掲載】note上のCarstay公式マガジンに登場
【田舎バックパッカーハウス】能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス、長期間 車中泊滞在“バンライフ移住”可能な<住める駐車場>『バンライフ・ステーション』について
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。