Whisper - つぶやき

【つぶやき】田舎/地方の「人口減少」「過疎」の最大の要因は田舎の現場にある… 田舎暮らし約10年経って思うこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
田舎, 親, 人口減少, 原因

幼少の頃から「田舎には仕事がない」「都会で就職しろ」「田舎にはなんにもない」を常に聞かされながら育つ田舎/地方で育つ子どもたち。

ぼくが移住したとき、「こんな田舎によく来たねぇ~」という発言も頻繁に聞いた。

人生で“旅”や“冒険”は重要。それは言うまでもない。自身、“旅”や“冒険”を体感して育った。田舎/地方から“外”へと“旅”することはすすめたい。

だけど、そんなネガティブ感満載の発言を日々聞いて育ち、教育された子どもたちには、田舎/地方で住むことの選択肢はないと思い込み、言い方は極端だが、「田舎不信」になって育ち、最終的には故郷を去ってしまうわけだ。

田舎の「人口減少」の最大の根本的な理由は、東京の一極集中ではなく、もはや、田舎/地方の親世代の子どもに対する“教育”に大きな問題があるとぼくは指摘したい。

そんな考え方を、未だに継続して継いでしまっている田舎/地方の親世代。そして、再び、その考え方は子ども世代に受け継がれる。

親世代の“固定概念”を変えなくては、田舎の人口減少は食い止められない。田舎でも今や十分やっていけるってことを伝えなければね。

今の時代は当時よりも、はるかに“豊か”なんだから、その親世代の考え方が古いことに気づかなければ、現場が気づかなければ、田舎/地方は変わらないだろう。

2010年ごろから、聞いたこともない田舎、言えば“過疎地域”、“限界集落”ばかりを旅して、2013年ごろ能登の田舎で、限界集落の石川県穴水町岩車に移住したんだけど、その頃から「田舎はダメ、都会が当たり前」的な考えは頻繁に聞いてきた。

豊かな時代、「田舎暮らし」だろうと、「バンライフ」だろうと、現代のあらゆる“テクノロジー”を利活用すれば、どんな暮らし、ライフスタイルだろうと、やろうと思えば、実現できる時代は、とっくの昔に到来しているのだよね。

移住当時の2013年、今よりも“ちょい”テクノロジーが劣っていたときに限界集落に移住したぼく、それよりも前から移住して田舎暮らししている移住者も沢山いるんだから、いい加減、田舎の親世代も変わったほうがいいよなぁと思う。

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 「ワーケーション」とかあれこれ言っているけどさ…
  2. クラブハウス 田舎 地方 世間はClubhouseが爆発的な流行… なんで?さ…
  3. 五百旗頭幸男 はりぼて 議員制度って本当に必要?田舎/地方議員制度の暴露映画「はりぼて」…
  4. 中川生馬 娘 【能登での田舎暮らし】娘たちに癒されて…
  5. 中川結花子 畑 【田舎暮らし夫婦: 大げさ結花子の大悲劇 1話目】うちの嫁の腹痛…
  6. 田舎暮らし 子供 子育て 娘 隣で宿題する7歳の娘からこんなメールが
  7. SNS メディア 信頼性 新型コロナでわかってくる「メディア」の特性 – 舞台…
  8. 【田舎現場情報】中日新聞「穴水町長が社長 パチンコ店閉店 コロナ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

ロス イギリス 輪島 day 70.8 “神”の領域にある”Pure Beauty”(純粋な美しさ)をつくりたいSuzanne Ross(スザーン・ロス)さん vanlife wedding バンライフ ウェディング クルマ 結婚式 <写真で語る>「カートラジャパン2019」裏で開催 サプライズ『バンライフ・ウェディング』 soba noodle in Notocho Wajima Ishikawa 中谷家 能登町 輪島 穴水 蕎麦 そばきり 仁 中谷家 【田舎旅】“飽きない”超美味な奥能登の一押し蕎麦屋「そばきり 仁」 4月12日から今年度再オープン 北陸中日新聞 カナダ人映画監督 穴水で脚本 能登暮らし 創造力刺激 コナージェサップ メディア掲載:中日新聞『カナダ人映画監督 穴水で脚本』コナー・ジェサップ brown bears on shiretoko peninsula in Hokkaido Japan ヒグマ 羆 知床半島 北海道 日本 日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で 2話目

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
vanlife asahi バンライフ 朝日新聞
  1. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  2. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
【バンライフ動向】朝日新聞の“選挙”コーナーにバンライフに関するコメント 女子大生バンライファー宮本芽依さん
田舎バックパッカーハウス < 公式概要と利用料金について>
デルのノートパソコン 購入半年で三度目の修理、デルの最悪なサポート対応を暴露
day 76.6 福岡県 小呂島 EXILEのミュージックスクール特待生 島田乾生くん家族とバックパッカー夫婦の夕べ
【田舎で仕事】カナダ出身の映画俳優兼監督コナー・ジェサップ 『クリエイティブ“田舎”ワークスペース』で脚本執筆中
【田舎で仕事 ‐ 田舎バックパッカーハウス】「さよなら、ぼくのモンスター」のコナー・ジェサップが写真で語る『結生の能登暮らし』続編
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
田舎バックパッカーハウスの初代ユーザー、Netflixオリジナル映画「Locke & Key」に登場!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。