Whisper - つぶやき

【田舎暮らし歴約10年が語る】都会生活に慣れすぎると… 田舎の一人時間に耐えられない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
田舎 うるさい 音

「自然の音」が原因で、結局、田舎暮らしできなかった!って記事をみかけた。「そこか!」と思ってしまったが…

田舎 都会 暮らし 違い 定年後に田舎に移住 求めていたはずの「自然の音」に耐えられず引っ越し 定年後に1500万で田舎に移住…「意外すぎる騒音」で地獄を見た、元役員の末路

長年30~40年以上、「都会の音」に慣れすぎてしまうと、自然の音、いわゆる「無音」だったり、虫、風、雨などの「自然の音」があふれる田舎/地方の環境に、自分の身を置くことって難しいんだろうなぁと思う。

逆パターンももちろんある。「田舎の静けさ」に慣れ、混雑した都会へ行くと、「“人酔い”して頭がくらくらして目まいがする」「うるさくて寝られない」などなど。

簡単に言えば、これまでの経験が全身にこびりついてしまい、世間一般的にいう、年をとればとるほど「頑固になる」ってやつである。しわや肌の染みみたいなものだ。

何十年も「音がある環境で育った人」は、それに慣れすぎてしまって、田舎の静けさ=自然の音に耐えられなくなる

田舎はず~っと静かだから、その「静けさ」に耐えられず、「私、こんな田舎でなにをしてんだ?」と考え込んでしまい、鬱になる人さえいる

都会にいると、自身の周りでは日々、常に目の前でなにかが早く動きまわっている。

人・車・電車・広告・建物などの視覚から入ってくる情報、日々目の前で何かが動いているから、視覚が頭をなにかと忙しくしてくれる。

自分で考えるよりも、視覚に入ってくるものが、自身を“考えさせてくれる”ということだ

一方、田舎では、自分で考えること、一人で考える時間が多くなり、虫などの「自然の音」だけでは耐えられなくなってくる。

それを「対自分時間が増えていいじゃん!」とポジティブにとらえられる人と、そうでない人と、別れる。

都会での暮らしは日々いそいそし、普段、そんなことを考える時間や余裕がない、というよりも、「なにかと周囲が自分を考えさせてくれる」のだろう。

長年の習慣は全身に固定概念化して染み付く。「都会での音」、一般的には「騒音」だろうが、それが「自分にとって自然」となってしまうわけだ。

田舎の人、自然と融合した暮らしをする人からすれば、「なんか都会おかしいね」「なんか不自然じゃない?」と思いがち。

だが、不自然と一見思いがちだけど、それも自然。

「静か」「自然の音色」が人の原点ではあるかと思う。だが、人間の環境は「本当の自然」から離れた暮らしをする人が多い。

個人的には、自身の生活の大半には「自然」を取り込みたいほうだが、何度も言うが、「本当の自然から離れた暮らしをする」ことも自然なことなのだろう。

ただ、あらゆる環境に順応するには、ぼくの感覚では30歳前後までに、様々な体験をすることをお薦めしたい。

順応性は若いときに一番鍛えられる。年齢重ねるごとに、「順応性を自身の取り入れる」ことは難しくなる。

年を取るほど、固定概念は体に染みつきまくる。都会、田舎、変わらずね。

だが、あらゆる経験を体に染みつけることで、あらゆる環境で暮らせるスキルをいつのまにか身に着けることができる。

現代ビジネス【現代ビジネスの記事 – 画像をクリックすると実際の記事に飛びます】

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. コロナ 限界集落 田舎暮らし 日々 今日は急な案件だらけ、初自転車に娘が30分で – コ…
  2. 田舎暮らし 日々 石川県 能登 穴水町 岩車 中川生馬 移住者 【能登での田舎暮らし】天使と悪夢、そしておっぱいってお話し
  3. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影 「車中生活」「バンライフ」の“影”に必要なこと | NHKスペシ…
  4. 田舎暮らし 子供 子育て 娘 隣で宿題する7歳の娘からこんなメールが
  5. 穴水町 岩車 Iwaguruma Anamizu 『政治家のお仕事』って?
  6. 石川県 能登 穴水町 紅葉 なんかツイッターってさ…
  7. 日本の「地方移住」、正直、考えすぎ
  8. 【能登の田舎からのつぶやき】小学校のころの自分とバスに、今日乗り…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

鯉のぼり 富士山 Fish on Mt Fuji 約80匹の鯉のぼりが朝霧高原から富士山へ 『子どもの日』に家族で楽しめるバックパッカー×田舎車旅スポット 穴水町 広報 気になる移住先 穴水町役場の監査結果に関するポイント 珠洲 つばき茶屋 day 13.1 奥能登一周旅 珠洲の『つばき茶屋』へ Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島 day 50.4 サントリーニ島の“和風”バージョン 高知県 沖の島 バックパッカーが移住した能登がロケ地のNHK朝ドラ「まれ」開始同日 のと鉄道観光列車「のと里山里海号」大公開

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
穴水町 車中泊,石川県 車中泊,石川県 バンライフ,ふれあいパーク
  1. 秋葉博之,秋葉洋子,ぶー散歩,石川県 シェアハウス,田舎バックパッカーハウス,
  2. 穴水町 地震 能登半島, 中川杏抽
  3. 田舎バックパッカーハウス, 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan
  4. そばきり仁, 小林仁, 遊帆, 穴水 蕎麦, 石川県 蕎麦, 10割蕎麦, 七尾 タイ料理
  5. 草刈り機 指切る, 草刈り キックバック 跳ね返り

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
石川県穴水町のシェアハウス兼“住める駐車場”車中泊スポット「田舎バックパッカーハウス」< 公式概要と利用料金について>
【能登での田舎暮らし】添加物賛成・反対派に関する質問をみて 結局 添加物ありがいいの?なしがいいの?
“住める未来の駐車場”に最長3か月半 車中泊田舎暮らしした伝説の秋葉さん夫婦、再び「田舎バックパッカーハウス」へ
【動くオフィスでITレビュー】車中ワーケーション、ハンドルにハマるSurface GOが最強“車内”タブレットPC
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
【田舎クルマ旅グッズ】買ってはいけない夏の“返金OK・返品不要”車中泊アイテム
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。