Whisper - つぶやき

「Go To トラベル」キャンペーンで地方の限界集落は消滅するのか、限界集落移住歴約10年が語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「Go To トラベル」キャンペーンで地方/田舎の限界集落は消滅方向へ… まだまだコロナ禍は続いている。「Go To トラベル」で多くの人が地方へ行けば、おじいちゃん・おばあちゃんだらけの田舎、65歳以上の人たちだらけの限界集落は、極端なお話し、一気に消滅方向へ。

過疎化、人口減少などが加速する可能性が高くなるだろう。確かに、田舎のじいちゃん・ばあちゃんは強いし、元気だ。80歳以上が現役で畑をしている。だが、やはり、高齢になると、免疫力は低下する。普段と違う“食”を口にするだけで、お腹壊すばあちゃんとかもいる。

地方は自然と共存している。“食”はどこにでもある。極端に言えば、お金がなくても、生きようと思えば生きられるわけだ。こんなキャンペーンを打ち出す余裕があるなら、免税、光熱費免除など、基盤的な部分を補助する対策含め打ち出すといいと思う。

確かに観光系は困難な状況ではあるのは現実だが、死んでしまっては元も子もない。

「Go To トラベル」で地方観光を加速する必要はないだろう。キャンペーンを打つ必要はないのでは?格安にすれば「密」になる。

焦って、キャンペーンを打っては、「結局、なんのための緊急事態宣言だったのか?」「何のための“密”を避けた営業自粛だったのか」「なんのために我慢したのか」と思ってしまう。

「粛々と」「段階的に」「ビジネス出張程度」「本当に必要に応じて」という感覚でいいのでは?それに「こんな旅行手段だったらいいのでは?」「密を避けるにはこんな旅の方法がある」など旅行方法の提示もない?のでは?

シンプルな発想ではあるが、ワクチンができるまで、引き続き、持続化給付金などの手厚い補助でなんとかしてはどうだろうか。

石川県知事の谷本正憲さんが、緊急事態宣言前に「感染の疑いがないと思ったら、(感染が拡がっている東京の方々でも)石川県へどうぞ、どうぞ」と発言してしまい、全国のみんなが「なに言ってんだ、この知事は?!」「エイプリルフールネタ?」「無症状でも感染者はいる」と炎上。県民も不満な思いを募らせた。「Go To トラベル」キャンペーンでは補助金が出る。そのときの発言以上の炎上レベルに値するのだろう。

「旅するな」までは言わない。が、キャンペーンで旅を加速化するような動きまでする必要はないかと思ってしまう。

ぼくが移住した石川県穴水町では毎年200人もの人がいなくなる。ぼくが住んでいる限界集落には、たったの120人ぐらいの人しか住んでいない。

幸いなことに、穴水には観光スポットがないので、「Go To トラベル」で急激に人が増えることは見込めないだろうが、感染は流れてくる可能性は高い。今年の人口減少は例年以上になる予感がする。

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 石川県 能登 穴水 能登 大雪 2021年は“動く家”がよく埋まりそう
  2. 日本の「地方移住」、正直、考えすぎ
  3. ikuma family inaka backpacker 中川生馬 家族 田舎バックパッカー 田舎で“I really have a happy life”と…
  4. 【田舎からのつぶやき】パナなど民間企業は改革に必死、地方自治体の…
  5. 車中泊 バン キャンピングカー 別居 DV campingcar rv 車中泊・車旅の秋 こんな使い方も バン別居向けにキャンピングカー…
  6. ドナルドハウク don houk 「人生100年時代」とは言うけどさ…
  7. 「農業担い手サミット」が能登(石川県)で開催中 ~ 農業の担い手…
  8. <動画あり>ナマコな娘 今現在 外でお仕事+釣り

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

Connor Jessup in Noto Anamizu Japan コナージェサップ 石川県 能登 穴水町 日本 【田舎で仕事】カナダ出身の映画俳優・監督・脚本家コナー・ジェサップが発信『バックパッカー娘の能登ワールド』 - 4 キャンピングカー 家 秋葉博之 秋葉洋子 【田舎で仕事 – 執筆】『SUUMOジャーナル』50歳手前で人生方向転換 キャンピングカーにお引越しした夫婦 スザーンロス 輪島 イギリス day 70.2 漆芸作家Suzanne(スザーン)さんとClive Ross(クライブ・ロス)さんとの出会い ~ 別れるか、日本へ行くかの選択 ~ 地方移住 小学校 子育て 穴水町 石川県 【娘の田舎暮らしと旅日記 – 奥能登・石川県穴水町】かなしかったこと。たのしかったこと カーステイ バンシェア carstay van share rv campingcar キャンピングカーのカーシェア本格稼働 車中泊仕様の車を激安利用?!車中泊仕様の車で副収入も?!

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. トヨタ ハイエース, hiace toyota
  5. 穴水町 鮭, salmon in anamizu Ishikawa, 石川県 鮭
  6. 能登 うさぎ, 穴水, 石川県 野生動物, rabbit anamizu

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
<写真で見る>能登・穴水町の とある一軒の田舎/地方の空き家
【田舎旅】サブバッテリーの走行充電ができないとき、確認したいポイント
【能登での田舎暮らし】主婦の財布に優しすぎる 新鮮&格安スーパー『どんたく』対『江ノ島』
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
田舎バックパッカーハウス < 公式概要と利用料金について>
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。