Whisper - つぶやき

【田舎暮らし夫婦: 大げさ結花子の大悲劇 1話目】うちの嫁の腹痛、うんこで終了なのに救急車を呼びたがるってお話し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中川結花子 畑

同棲、バックパッカー旅、クルマ旅、バンライフ、田舎暮らし、結婚、妊娠などなど、うちの奥さん・結花ちゃんとはあらゆる時を共に過ごしてきた。

結花ちゃんは実に大げさなキャラだ。ぼくの周りでそれを知る人は多い。

結婚してあと少しで10年が経つ。奥さんの大げさリアクションに対して、「今の結花ちゃんの状況はこんなもんなんだろうな」がわかってくる時期でもある。

つい一昨日は、名付けて「うんこ事件」だ。

この“事件”はもう何度もあったお話ではあるが… お話ししようではないか。

一昨日の夜中過ぎだっただろうか、ぼくがいつものように遅くまで仕事をしていると、結花ちゃんが「いくちゃん、やばいかも!」と起き上がってきた。

ぼくの頭の中では、「おっ、いつもの、きたな!」が頭の中で鳴りやまない。

結花ちゃんは「すっごい!お腹痛い!」「もうやばいかも!」と起きてきたのだ。

結花ちゃんに慣れていない人だったら、妊娠中なので、びっくりして「救急車呼んだほうがいいかな?」と思ってしまうだろう。

だが、ぼくはこれに付き合って10年が経過している。

ぼくは、もはやこの手の大げさ発言に慣れているわけだ。当時はびっくりすることもあった。

しかし、この嘆きに付き合っていると、「まずい」ってことに気づいてしまったのだ。

この嘆きを、ぼくは中川家では「大げさ結花子の大悲劇」と呼んでいる。

お話しに戻ろう。

起きてきた結花ちゃんに「結花ちゃん、まずはトイレ行こうか?」「おなら出ない?」とぼく。

今回はなぜか「救急車呼んだほうがいいかも!!!!」とは言わなかった結花ちゃん。いつもだったら、必ず登場する救急車。

コロナ騒動の中、控えたのだろうか…

ぼくはこれまで、この大げさ発言に何度も悩まされ、対応してきた。

しかし、結花ちゃんは相変わらず「いや、ホント!ヤバイ!」と、本当に厳しそうな顔で嘆く。これもいつものことである。

妊娠中で、心配すべきだが、妊娠中、妊娠中でなくても、大体わかるのだ。長い付き合いだ。

そして、15分ぐらい経過すると、トイレへ行く結花ちゃん。

やはり…いつものように…うんことおならが出始めたのだ…

「あぁ、やっぱり」「またかぁ!!」とぼくは心で叫ぶ…

この時期、この大げさ結花子の大悲劇… 控えてほしいなぁと願った一昨日の夜中だった。

 

シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町 お知らせ: 多目的・多用途の家『田舎バックパッカーハウス』をオープン!
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、住める駐車場/車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 「ワンルームで在宅勤務、もう限界!一人暮らしの若者たちの悲鳴」記…
  2. 【海外バンライフ動向】住宅コスト上昇でアメリカで「バンライフ」ブ…
  3. 田舎暮らし 子供 子育て 娘 隣で宿題する7歳の娘からこんなメールが
  4. 能登 石川県 穴水町 畑 田舎暮らし 安心安全 農作物 「基準値の180倍の農薬」結局 誰が作っているのかわからない食
  5. 映画 モンスターズ 映画「MONSTERZ」に登場してるから「俳優デビューした!」と…
  6. SUUMOジャーナル ライター バンライフ 新生活様式 【田舎で仕事 – 広報】執筆記事が4月の月間人気記事…
  7. 【田舎からのつぶやき】Windows Helloの顔認証 髭剃っ…
  8. 大井川電機製作所 広報 ちょいと能登から静岡へ 450キロのバンライフ旅 ハナビラタケと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

能登の農家民宿 ゆうか庵 輪島塗 夕飯 昼食 ishikawa noto town hostel experience wajima nuri lunch dinner <写真で振り返る>田舎体験 2日目 奥能登一周 能登町の豪華“料亭”農家民宿 Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所 【ざっくり特集 – VANLIFE 2】豊かな車上生活『バンライフ』は実現可能 能登・穴水町岩車(石川県) - バックパッカー中川生馬の娘 【メディア掲載】ラジオ 文化放送<AM1134>に登場!田舎でホントやっていけんの?! 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師 能登・穴水町最大の牡蠣祭典「雪中ジャンボかきまつり」の裏にいる牡蠣漁師 ~ 岩車から1トントラックで運ばれた2万6千個以上の牡蠣 ~ 石川テレビ イスラム 松井誠志 中川生馬 バンライフ 【動画あり】ドキュメンタリーテレビ番組『裸のムラ』に一主役として登場 ~ バンライフとは?!田舎暮らしとは?!石川県とは?! ~

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. トヨタ ハイエース, hiace toyota
  5. 穴水町 鮭, salmon in anamizu Ishikawa, 石川県 鮭
  6. 能登 うさぎ, 穴水, 石川県 野生動物, rabbit anamizu

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
東京の駅だったら批判殺到?!能登牡蠣“破格”食堂『あつあつ亭』2018年1月7日から
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
【田舎で仕事 ‐ 田舎バックパッカーハウス】「さよなら、ぼくのモンスター」のコナー・ジェサップが写真で語る『結生の能登暮らし』続編
冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~
田舎バックパッカーが行く『秋』の鎌倉 穴場紅葉スポット紅葉谷『獅子舞』
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。