INAKA Backpacker House - 田舎バックパッカーハウス

田舎速報: 能登・穴水町の田舎に『バンライフ移住者』二組!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
vanlife station noto anamizu japan バンライフ ステーション 穴水町 川尻 移住者

「旅人の帰る拠点にしたい」「新たな人生の一歩を踏み出せる拠点にしたい」「旅人が長期休息できる拠点にしたい」「ニッチな田舎を体感しながら旅をしてほしい」など、あらゆる想いがあり、2019年末に発表した能登・石川県穴水町川尻の「田舎バックパッカーハウス」と「バンライフ・ステーション」

田舎バックパッカーハウス 概要 ● 田舎バックパッカーハウスに関する情報はこちら。シェアハウス、シェア/サテライトオフィスもまだ空いてますよぉ~

2020年1月から、この住める駐車場「バンライフ・ステーション」に、生活の拠点としてクルマを選択し、旅と仕事をしながら暮らしているバンライファー(VANLIFER)夫婦2組 合計4人がやってくる。

やって来るのはこの4人 ☟



「バンライフ移住者」の二組は、“えりたく夫婦”と“ミチトライフ”だ。


クルマを部屋として「バンライフ・ステーション」に駐車し、「田舎バックパッカーハウス」にドッキングする。

これはもはや従来の移住ではないことから、新たなスタイルとして「バンライフ移住」と名付けようではないか。

バンライフのベース基地となるクルマを拠点にした田舎移住。

1組目の“えりたく夫婦”は「2020年1月5日入り」という申し込み。期限を決めていないので、長期的なバンライフ拠点として「田舎バックパッカーハウス」を選択してくれていると嬉しいなぁと思っている。


さて、これからどのような、家になっていくのかなぁ。

 
もはやぼくらが生きる時代は豊かだ。なにもかも揃っている。

それに“本心”から気づき、従来の生き方以外にも、あらゆる生き方があって、それら生き方が実行可能ってことに気づくことも重要。

これまで以上に飛躍的に時代は進化しているのだ。

もはや、テレビ・雑誌・新聞などの従来のメディア、ユーチューブ・ブログなどのソーシャルメディアで観る新型で魅力的とみられている暮らし方/ライフスタイルは、特別ではなく、ふつ~にできる時代になりつつある。

あとは自分次第、他に惑わされることなく、自身に“言い訳することなく”進めるかどうか。

今の時代に何ができるのか、どのようにして自分を生きていくのか…

時代の進化にともない、人生の道の選択肢は豊かになっていく。基本的なモラルやマナーなど、変わらない点は多いが、従来型で固定された考え方のまま“生き抜く”ことは、“もったいない”。せっかくなんで、いろいろと体感したほうが人生はお得だ。

そんなこんなで、とうとう2020年を迎えてしまったぁ~

話しはあちこちへと飛ぶが…

「バンライフ・ステーション」の二組の夫婦の詳細に関しては別途紹介していきたいと思っている。

新年早々、面白くなくなりそうだなぁ。

バンライフ ステーション 穴水町 川尻 移住者
写真提供: えりたく夫婦

 

関連記事

  1. バンライフ 秋葉博之 秋葉洋子 夫婦 家捨て 家売却 横浜出身 石川県穴水町 シェアハウス併設型 住める車中泊スポット「バンライ…
  2. “究極の車中泊スポット”「バンライフ・ステーション」に3ヵ月間住…
  3. バンライフ ステーション 田舎バックパッカーハウス 石川県 穴水町 能登半島 コロナ禍、住める駐車場「究極の車中泊スポット」バンライフ・ステー…
  4. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 メディア掲載: “住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に滞…
  5. テレビ バンライフ 特集 MRO 石川県 メディア掲載: 北陸エリアのテレビで特集「バンライフに物語あり!…
  6. 田舎バックパッカーハウス 秋葉博之 秋葉洋子 車中泊 ぶうすけ 能登を旅立ってしまったバンライファー夫婦… 駐車場に住んで3カ月…
  7. 田舎バックパッカー Carstay カーステイ 報道資料 Carstayと田舎バックパッカー、国内初 中長期滞在“住める”…
  8. 穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ コワーキング Connor Jessup 田舎バックパッカーハウスの初代ユーザー、Netflixオリジナル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

day 10.4 <写真で見る>石川県舳倉島の渡り鳥 / Photos of migratory bird on Hegurajima Island 【メディア掲載】各地の地方紙「時のひと」「この人」などの人コラムに「田舎バックパッカー」 北陸中日新聞 カナダ人映画監督 穴水で脚本 能登暮らし 創造力刺激 コナージェサップ メディア掲載:中日新聞『カナダ人映画監督 穴水で脚本』コナー・ジェサップ テレビ バンライフ 特集 MRO 石川県 メディア掲載: 北陸エリアのテレビで特集「バンライフに物語あり!?」 その内容はいかに!? 田舎旅 クルマ旅 カーステイ Carstay ハイエース ファミリーワゴンC 動く家 車中泊 【田舎旅】冬のクルマ旅 能登から長野経由で鎌倉へ 途中…マイナス8℃

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

ハイエース 動くオフィス 海 オフィス
  1. スタートアップビジネスプランコンテスト いしかわ2020 Carstay 宮下晃樹
  2. 日本海 10月 海 石川県 穴水町 岩車 空いてる ビーチ 田舎暮らし 子育て
  3. 秋葉博之 秋葉洋子 手紙
  4. 田舎暮らし 子育て 娘 小学校 日記

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!
ここ最近は家から135メートル先の絶景スポットで仕事してるよ
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
【メディア掲載】今日8月3日 石川テレビのバンライフ特集に登場
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~
長期間 住める駐車場<車中泊スポット>『バンライフ・ステーション』併設型のシェアハウス&オフィス『田舎バックパッカーハウス』<まとめ情報>
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。