Van Life - バンライフ

田舎で仕事: 日経産業新聞1面に再びカーステイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今日付け(2019年12月19日)の日本経済新聞社 日経産業新聞1面に「カーライフ賢くenjoy!、社用車シェア、洗車サブスク…、利用法で車離れ「一時停止」(STARTupビズMAP)」と題して、ぼくが広報を担当している車中泊スポットのシェアサービスを展開するCarstay(カーステイ)と、Carstayのユーザーである菅原拓也・恵理さんこと「えりたく夫婦」が登場した。

「若者のクルマ離れなどが響いて苦戦が続く自動車販売。そんななかでスタートアップ各社はシェアリングやサブスクリプション(定額制)などで車の賢い利用法を提案し、消費者を引き付けている」という冒頭から始まり、クルマ離れを変革しようと取り組んでいるCarstayなど、注目のスタートアップが紹介している。

Carstayが取り上げられた文面は「レジャーを後押しするスタートアップもある。9月の筑波山麓、ウェブデザイナーの菅原拓也さんと妻の恵利さんはマイカーの座席で、鳥のさえずりを聞きながら目を覚ました。泊まったのはカーステイ(東京・新宿)のサービスで予約した別荘の駐車スペースだ。道の駅などの駐車場は車中泊を禁止している場合が多い。同社のサービスでは企業や個人などが持つ駐車場をネットで登録し、車中泊の場所を求めるドライバーとマッチングする。カーレジャーとシェアの融合だ。『電源などが整った場所を探せるのは助かる』と拓也さんは喜んでいる」という内容。

Carstay カーステイ 日経産業新聞 1面 菅原拓也 恵理
ウェブ版の記事はこちら

また、「9月の筑波山麓…」とあるが、これは筑波山麓にあるCarstayの車中泊スポット「筑波山シェアスペースムクムク」のことだ。

まさか、再び一面に掲載されるとは思っていなかったが、担当記者に感謝、感謝の気持ちで一杯である。

ちなみに、この記事で登場した“えりたく夫婦”は、以下、能登にある「田舎バックパッカーハウス」の“住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に1月から中長期間、滞在を予定している。

能登 穴水 シェアハウス 田舎バックパッカーハウス <まとめ>

えりたく夫婦に続き、もう1組の滞在者もほぼ確定している。バンライフ・ステーションはあともう一台のクルマを駐車することが可能。

2020年が楽しみだなぁ。

Carstay カーステイ 日経産業新聞 1面

Carstay カーステイ 日経産業新聞 1面 菅原拓也 恵理

 

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 中日新聞 車中泊で白山麓の旅を 企業、大学、住民連携 密のない交流 発信 【メディア掲載】中日新聞1面トップ『車中泊で白山麓の旅を 企業、…
  2. ハロウィン オレゴン, halloween oregon 日本のハロウィンの行く末は?ハロウィンの光と影
  3. vanlife tame noto anamizu バンライフ ためさん 爲さん 能登 古民家 穴水 物語つくる「VANLIFE STORY」 能登へ
  4. 日経 AR 記事 【田舎で仕事 ‐ 広報】カシカのECサイト向けARサービス、日経…
  5. GAZOO 田舎バックパッカーハウス バンライフ ステーション vanlife station livable parking space 【メディア掲載】トヨタ運営「GAZOO」に奥能登の「バンライフ・…
  6. お盆 羽田 能登空港 能登半島先端 立山連峰 『盆休み』や初の『山の日』…今月も仕事で能登から東京…
  7. 中日新聞 石川県 車中泊 バンライフ コロナ キャピングカー 住める駐車場 中川生馬 【メディア掲載】中日新聞「のと 深掘り コロナ禍 需要手応え 穴…
  8. 【田舎で仕事 – 広報】ISICOの情報誌にCars…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

田舎体験 石川県 穴水町 能登半島 田舎暮らし体験 【田舎体験】 あの『ヤスヨとヤスコ』が能登で田舎体験! 能登移住検討中のドイツ出身の19歳 ~ やろうと思えばなんでもできる ~ 【メディア掲載】バックパッカーが読みたくなる今月のビジネス誌「未来のワークスタイル…あなたは知りたくないだろうか?」 能登 穴水町 味噌作り 高齢 元気 能登の田舎で…一日で12家族分 約360キロの“薪味噌”作り ~ 今年は“青”豆で! ~ asahi van life 朝日新聞 バンライフ 【メディア掲載】朝日新聞にCarstayと『バンライフ・ステーション』で登場『気軽に車生活楽しもう』

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
田舎バックパッカーハウス, 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan
  1. ハイエース バンライフ, ハイエース 仕事, バン 仕事
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!<2021年7月2日追記>
【カーステイ車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも
5歳の娘、今夜も“家の前”で車中泊?!将来は大物バンライファ―?!
映画「人生、いろどり」上映をきっかけに『石本商店』再オープン ~ シェフ・谷本徹さんの噂のカレー ~
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
田舎体験:体にスーッと入る龍昌寺“産”ランチ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。