Work in Inaka / Countryside - 田舎/地方で仕事

地方自治体の活動をPRするためのベストな手段とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
能登から羽田空港 空の写真

Quora(クォーラ)から飛んでくる質問というのは実に面白い。ブログの参考にもなる。

「地方自治体の活動をPRするにはどういった手段が1番広く認知してもらえるでしょうか?」という質問が届いたので、以下、Quoraに書いた回答を「田舎バックパッカー」ブログにも載せたいと思う。(Quoraに関しては以前書いた記事(こちら)を参考にしてほしい)

 

地方自治体の活動をPRするにはどういった手段がベストなのか?

ぼく自身、10年以上、「広報」の仕事をしている。現在も田舎に暮らしながら、ベンチャー企業の広報をサポートしたり、自治体に近い組織の広報も行ってきた。

広報の仕事で重要なことは、比較優位性を把握し、そこからストーリーを組み立てて、メディアに対して、情報発信をすること。

SNS/ソーシャルメディアも重要ですが、相当なインフルエンサーでなければ、(そうだとしても)やはり従来のメディアのリーチ力には勝てない

メディアのリーチ力はスゴイ。2018年末、自身が特集された番組があったが、その番組の影響で、このブログ「田舎バックパッカー」が落ちてしまったこともある。その他、ブロガーの人などが、このブログを紹介してくれることもあるが、「落ちる」ことはない。

あとは、その比較優位性に関する「事例」をみつけて、情報発信することも重要だ。

だが、おそらく、最も重要なことは、専属の広報に委託することだろう。広報のプロだ。

第三者の視点で自治体や町をみることができる外部のプロの「広報」に仕事を委託することも検討すべきだ。

何度も言うが、これはかなり重要。自身が現在、フリーで広報をしているからと言って、営業しようとしているつもりは全くない。どちらかと言うと、過去の実際の経験から、可能な限り、“変な”自治体との仕事は避けたいという気持ちが強い…

自身、能登の穴水町という田舎/地方に住んでいるが、自身が役場やその他地域・役場と関わった経験から言うが、田舎/地方の役場には、あらゆるプロジェクトに関して「仲良しクラブ」で満足している役人が多すぎる。

「自身の身を削ってまでこの町を何とかする!」という“役所内に相当なやり手”がいるならば話しは別だが、現状、補助金に頼ってばかりいるほとんどの地方自治体の姿勢では、いつになっても町は、“外”に出ることはない。

そういった町に限って、役場でなく、町にいる“個人”、“移住者”の活動が際立って目立ち、彼ら・彼女ら自身が宣伝の柱となり、うまく町を“宣伝”していることだろう。

まずは、対外=対メディア「広報」に力を入れること、専属の広報担当を外部から入れること、メディアの重要性がわかり、しっかり意見が言える広報に相談したほうが良い。

メディアに対する情報発信」、「専属の広報担当をつける」ことがキーとなる。「専属の広報担当」に関して言えば、可能であれば、第三者的視点でものごとをみることができ、きちんと意見が言える人がベストだ。

また、そういった人たちを、本気で受け入れることができる役場側の姿勢も重要となる。

しかし、町長・市長・県庁などのトップが長年変わっていない地方自治体ほど、かなりハードルは高いだろう。既に内部に「仲良しクラグ」が構築されているからだ。

「長年変わっていない地方自治体ほど」長年“体”に染みついた固定概念が強く、染みついた固定概念というのはとれない。

そういった地方自治体の人たちほど、「え!でもこういったやり方もありますよ!」という新しく斬新で、“破壊的”な意見を言う人を拒むからだ

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 

シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 お知らせ:『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、そして、住める駐車場・長期間滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!
Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年l間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設で“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタル事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆”の山崖松花堂などの広報を担当する。また、移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. Ishikawa Noto Suzu Japan Connor Jessup 石川県 能登 珠洲 映画 俳優 コナージェサップ 田舎で仕事:カナダの映画俳優・監督コナージェサップ、インスタで能…
  2. 田舎で仕事: 徳島県上勝町の“葉っぱ”ビジネス『いろどり』の広報…
  3. 能登 穴水町 岩車 夕焼け 海辺の綺麗な村 田んぼ Ishikawa Anamizu Iwaguruma beautiful Village by a port and ocean rice field 旅のIT活用: 海外・国内 旅、便利な旅券情報サイトまとめ &#…
  4. connor jessup コナー・ジェサップ 穴水町 シェアオフィス “大物”俳優・脚本家・監督が能登へ ~ 急ピッチでワークスペース…
  5. 2017年9月4日 朝日新聞 Globe Asahi newspaper globe 田舎で仕事『広報』:全国紙「朝日新聞 The GLOBE」にSi…
  6. 日経 5月5日 カーステイ テルモ ダブルな嬉しさと必然的な偶然!?元上司が転職した会社の記事が隣に…
  7. why father and daughter travel together 父と娘 旅 能登から東京へ… 父と娘の電車“仕事”旅
  8. Quora QAサイト CEO 取材 アダム・ディアンジェロ Adam D’Angelo Facebook CTO interview 田舎で仕事『ライター』:機械学習活用した新たなQAサイト『Quo…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

能登の農家民宿 ゆうか庵 輪島塗 夕飯 昼食 ishikawa noto town hostel experience wajima nuri lunch dinner <写真で振り返る>田舎体験 2日目 奥能登一周 能登町の豪華“料亭”農家民宿 中津川 day 2 静岡県浜松市 一眼レフカメラの事故… 白駒の池へ suzu noto restaurant view spot 珠洲 能登半島 椿展望台 つばき茶屋 「VANLIFE JAPAN」に奥能登への旅物語 ~ 能登半島の車旅・車中泊スポット ~ 中日新聞 田舎 仕事 【メディア掲載】中日新聞『記者コラム 窓』~ 田舎は仕事ができる環境なのか ~ 石川県 穴水町 スーパー お店 どんたく ishikawa anamizu supermarket dontaku 【能登での田舎暮らし】“ほどよい”田舎・能登穴水町のスーパー『どんたく』の“魚”事情 ~ “あさとれ”アジ10尾以上で200円?! ~

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所
  1. GAZOO 田舎バックパッカーハウス バンライフ ステーション vanlife station livable parking space
  2. 動くオフィス 書斎 ハイエース 自動車 車中泊
  3. 冬 車中 仕事 モバイルオフィス 動くオフィス 動く拠点
  4. 穴水町 大雪 石川県

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!<2021年注文受付・出荷・販売開始!>
【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
人気の動くオフィス「モバイル・オフィス」の存在感!
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。