Noto Anamizu Iwaguruma - 能登 穴水町 岩車

能登の限界集落が“海外”になった日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Ishikawa ALT gathering 石川県 英語教師 留学 サポート バーベキュー

能登・穴水町岩車(石川県) – 今晩、アメリカ、南アフリカ、フィリピン出身の20代~30代の友だち約10人が、田舎バックパッカーの“バーベキュー畑”へとやってきた。



みんな、石川県で語学指導を行う外国青年招致事業「JETプログラム(The Japan Exchange and Teaching Programme)」をとおして、英語の外国語指導助手(Assistant Language Teacher=ALT)として、石川県に滞在中。

Ishikawa ALT gathering 石川県 英語教師 留学 サポート バーベキュー

みんなの拠点は様々、フィリピン・マニラ出身のHeidiと、アメリカ・シアトル出身のKiyomiは穴水町や門前にある小・中・高校で、アメリカ・コロラド州出身のJulianと、南アフリカ出身のBrandonは金沢や津幡で、英語教師のアシスタントをしている。

Ishikawa ALT gathering 石川県 英語教師 留学 サポート バーベキュー

【今回はなかったが、彼は、酔っ払い、気持ちが良くなると、場所問わず、腕立て伏せを始めるそうだ(笑)】

岩車に移住して5年、その間、田舎にいても平均月に1度、海外のあちこちから友だちがやってくる。

今回のバーベキュー、日本人はぼくら家族3人だけ。10人は海外出身。100人前後の限界集落では、滅多に見ない光景である。

田舎にいても、自身の積極的な交流次第でつながりを拡げることができる。また、ソーシャルメディアのテクノロジーを活用すれば、新たな“つながり”も見込める。

クルマ、飛行機、電車のテクノロジーで、これからはドローンなど飛行物体を利活用して、個人が飛んで移動する時代も近い。ここ5年~10年以内に、そんな時代になり、東京だけでなく、その他の都会から能登への飛行時間はどんどん短縮することだろう。

田舎や都会、どこにいようと、ホント変わらない時代だ。

どれだけの人たちが、田舎を拠点にすることに対して“大きなメリット”に気づき、田舎に住みつくか… そして、小さな村々を維持することができるか。

要するに、人がいなければ… “メンテする人”がいなければ、空き家含め地域がどんどん廃れていくばかり… 人がいれば元気づくってわけだ。

Ishikawa ALT gathering 石川県 英語教師 留学 サポート バーベキュー

それにしても、これまでの経験、スキル、つながりがあるからこそ、こうして、みんながやってきてくれる。感謝だなぁ。

Ishikawa ALT gathering 石川県 英語教師 留学 サポート バーベキュー

嬉しいのは、娘・結生が、赤ちゃんのころから、あらゆる文化出身の人たちと交流ができていること。

これから、世界のグローバル化は進み、異文化交流はさらに増加する。

英語ができるから“スゴイ”ではなく、『英語ができることで、なにができるのか?』を考えるべきだろう。

世界中、あらゆる人たちの“考え方”を取り込むことができ、自身の視野が格段に拡がるわけである。

Ishikawa ALT gathering 石川県 英語教師 留学 サポート バーベキュー

その手段は、このようにリアルな場、ソーシャルメディア上の情報、チャットを介したビデオ電話、ブログなど、さまざま。

言語ができることで、“なにかをするとき”の選択肢は増える。

日本では得られない情報を、海外から得て、現実化に向けた取り組みを図ることもできる。

そんな環境に、小さいころから慣れると、大人になっても、異文化に対する抵抗や戸惑いがなくなることだろう。

Ishikawa ALT gathering 石川県 英語教師 留学 サポート バーベキュー

今後も、田舎にいつつ、海外との“ざっくばらん”な交流を、どんどんと深めていきたいところだ。

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 石川県 穴水町 岩車 能登 田舎暮らし <写真で見る>バックパッカーファミリーが移住した農山漁村『岩車』…
  2. 能登での田舎暮らし: 庭で薪火ディナー
  3. 穴水町 岩車 限界集落 今日も遊び場 ブランコ独占状態 – バックパッカーが…
  4. ミニ四駆塗り絵 かっこいい 穴水のコンテスト 入賞者決まる 穴水町鵜島で奥能登唯一のミニ四駆の常設コースを営む吉村覚司さん(36)が主催するミニ四駆の塗り絵コンテストの入賞者が、決まった。二十四日から同町大町の文具日用品店「よしむら」で作品を展示する。 新型コロナウイルスの「第四波」が拡大する中、巣ごもり生活をする子どもたちに楽しんでもらおうと、昨年に続き企画。今回は町内の児童らから計六十九点が集まった。町商工会で吉村さんら三人が審査し学年ごとの四部門で金賞、銀賞を選んだ。 何色もの色を使って仕上げた作品のほか、模様を付けたり、名前を付けたりした作品もあり、多種多彩。吉村さんは「全ての作品で独創性がありおもしろい。ボディーやホイール部分に自分ならではの模様を付けたりしてくれてうれしかった」と話した。入賞者には賞品としてそれぞれミニ四駆一台と金賞にはさらにパーツも贈られる。(森本尚平)◇入賞者の皆さん【1年生の部】金賞 船本怜鼓▽銀賞 坂本大翔【2年生の部】金賞 碓井瑛大▽銀賞 中川結生【3〜4年生の部】金賞 松田弥直▽銀賞 沖野結菜【5〜6年生の部】金賞 宮谷内孝星▽銀賞 寺西一真 【能登での田舎暮らし】娘・結生がミニ四駆コンテストで銀賞 ~ 少…
  5. 穴水町 岩車 漁港 仕事 車中泊 スポット work travel countryside Japan Iwaguruma Anamizu Noto Ishikawa 田舎の仕事スポット: 能登 穴水町岩車の漁港が過ごしやすい
  6. 牡蠣漁師体験 『“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験』1日目 能登空港到着…
  7. 穴水町 岩車 U字工事 ゆうじこうじ 牡蠣 Anamizu Oyster “栃木”お笑い芸人コンビ『U字工事』 MRO番組『絶好調W』で穴…
  8. アメリカ・ユタ州とオレゴン州への短期バックパッカー旅へ ~ 空で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

vanlife station rv house 全国賃貸新聞 カーステイ 田舎バックパッカー 中川生馬 【メディア掲載】 全国賃貸住宅新聞に“住める駐車場” ~ キーワードは『移動型定住』 ~ 石川県 志賀町 非核宣言 能登の田舎にある志賀原発 再稼働するのか?大丈夫なのだろうか? 奥能登の「能登キリシマツツジ」。巨大だ。東京のツツジとは全然違う! 奥能登の田舎/地方に咲くとんでもなく“普通じゃない”巨大ツツジ ~ “能登のツツジ”を甘く見てはいかんわいね。ツツジで花見!? ~ 【能登での田舎暮らし】明日9月23日は穴水町岩車の『キリコ祭り』 – 地域の祭り参加は絶対 from noto to tokyo 能登から東京へ ハイエース 【田舎旅】再び能登の田舎から東京へ

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. 能登 田舎暮らし, 木 植える
  2. boar anamizu, 石川県穴水町 イノシシ
  3. 樹ガーデン,鎌倉カフェ

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
能登・石川県穴水町ならでは!を活かした地方移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で 2話目
バックパッカーが旅する北海道 知床半島 かわいいキタキツネとの出会い
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
『そばきり 仁』 築約400年 能登の“ちょい”世界遺産的な屋敷『中谷家』で再オープン
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
day 76.2 福岡県 山道を歩き小呂島に眠る“要塞”と島の“楽しい”教育について ~地域密着型の教育と生活スタイル~
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。