Noto Anamizu Iwaguruma - 能登 穴水町 岩車

なぜ映画監督・俳優のコナー・ジェサップは1日早く能登を旅立ったのか…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
yui after connor jessup left


 

能登での最終1週間、コナー・ジェサップ(Connor Jessup)くんは自身初となる長編映画の執筆に行き詰まっていた。

彼が書いている内容は『フィクション』で、自身オリジナルのアイディアで脚本、物語を作り上げなければいけない。

全てが創作。ぼくも同様に書き物をしているわけだが、『ノン・フィクション』で、全てが事実や実体験がベースのオリジナル作品。

ノンフィクションとフィクション、どちらも、自身が経験した実体験などがベースになっていることに変わりはないだろうが、相当な創造力を要するのが「フィクション」だろう。ゼロからシナリオを創らなければいけない。

yui after connor jessup left

コナーくんのカナダ出発日は8月16日夕方で、当初、その午前中に能登を出発する予定だった。

しかし、予定していた出発日の2日前の昼過ぎ、コナーくんは突然、「イク、今、かなり、執筆に行き詰っているんだ… 今日午後、能登を出発して、北鎌倉にある小津安二郎(おづ やすじろう)監督のお墓参りに行こうと思う」と突然 キッチンでコーヒーをつくろうとしていたぼくに伝えてきた。

小津安二郎さんは映画「東京物語」で有名な監督。コナー・ジェサップくんが尊敬する監督の一人だ。能登滞在中、ジブリの宮崎駿監督や是枝監督についても、頻繁に話していたし、宮崎駿監督に関する英語の本を読んでいた。

ちなみに、鎌倉はぼくの出身地なので、この話しのとき、なにかと“つながり”を感じた…

行き詰まったときは、なにかをしなければいけない…気持ちはわかる。「そこでなにか発見するもの、得られるものがあるはず…」という直感からだ。

そして、「能登滞在はホント最高だったのに、この行き詰まり感のまま、日本を出発したら、すっきりしない。カナダへ帰る前に、“なにか”を変えなければいけない」と、その直感を信じて1日早く、能登を出発することになった。

それを打ち明けたとき、その日の午後出発すると言っていたが、気が変わり、最終的に穴水町の出発は、カナダ出発の前日の朝となった。

どんな“舞台”にいようと、社会的に「すごい」と見られている人でも、誰にでも行き詰まるときがある。全てが全てうまくいき、ハッピーなモーメントではない。

嬉しいとき、楽しいときもあるが、極端に言えば、ほとんどが、苦労の日々の連発なのかもしれない。

ここ1週間、そんな表情をしていたコナーくんだった。

だが、それでも突き進もうとする気持ちと精神が、ものすごい才能なんだと感じる。

最初から「なんでもできる人なんていない」が、とにかく、がむしゃらになって進む継続力、諦めない気持ちで進む。

yui after connor jessup left

コナーくんの田舎の仕事場「クリエイター向けワークスペース by 田舎バックパッカー」使用期間は約1カ月。

彼はは8月15日、自分の進む道べき道を信じて、午前7:59穴水駅発ののと鉄道の列車で穴水駅を出発した。

yui after connor jessup left

やっぱり、“旅人”との別れというのは寂しいもの…素直にワンワン泣いていたのは結生だった。

結生と遊び、触れ合い、結生との交流から、先日の新聞の取材中、「結生といると“素直”“正直”ってどんなものなのかを学ぶよ」「世界ってまだまだ悪くない、希望があると感じた」「正直言うと、結生から一番 刺激を受けたよ」と話していた。(コナーくんに関する新聞記事はこちら

yui after connor jessup left

コナーくんからは、いくら有名人でも、普通に行き詰まるときがある、どれだけ頑張り、自身に到来した“良い”“悪い”問わずあらゆる機会を拒まず自身に取り入れるか…ってことを改めて実感した気がする。

また、いつの日か、能登へと戻ってくることだろう。

能登で脚本執筆に集中した映画は、来年夏ごろから撮影開始する予定だ。

なんらか能登の要素が入っているといいなぁ〜。

yui after connor jessup left

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年l間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設で“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタル事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆”の山崖松花堂などの広報を担当する。また、移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. <動画あり>ナマコな娘 今現在 外でお仕事+釣り
  2. Hiace solar panel ハイエース ソーラー Solar Panel on My Campervan / 再生…
  3. 田舎暮らし 道を切り開く 重要 能登・穴水町岩車の田舎/地方へ移住してあと少しで2年……
  4. Milky way stars in Japan 能登半島 穴水町 星空 天の川 【星空旅スポット】能登半島の農山漁村「岩車」 無数の星に囲まれて…
  5. 能登での田舎暮らし:明日9月23日は穴水町岩車の『キリコ祭り』 …
  6. 穴水町 岩車 漁港 仕事 車中泊 スポット work travel countryside Japan Iwaguruma Anamizu Noto Ishikawa 田舎の仕事スポット: 能登 穴水町岩車の漁港が過ごしやすい
  7. 穴水町岩車 子供 畑で野菜採る 2歳娘の一人旅…「行ってきま~す」の先にある家前のジ…
  8. 金沢 フォーラス シロク HP 長阪真 娘と父ちゃんの田舎へのバックパッカー✖クルマ旅 初…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

nikko rv park 日光 東照宮 車中泊スポット 日光の紅葉絶頂期、“老舗”通信大手NTT東日本が日光にCarstay車中泊スポット 2カ所オープン 渡り鳥とカタツムリ 田舎バックパッカーハウス 能登 【メディア掲載】住める駐車場「田舎バックパッカーハウス」が車中泊漫画「渡り鳥とカタツムリ」の舞台に! brown bears on shiretoko peninsula in Hokkaido Japan ヒグマ 羆 知床半島 北海道 日本 日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で 2話目 能登の農家民宿 ゆうか庵 輪島塗 夕飯 昼食 ishikawa noto town hostel experience wajima nuri lunch dinner <写真で振り返る>田舎体験 2日目 奥能登一周 能登町の豪華“料亭”農家民宿 campervan rv spots in Nagano Kinasa Japan 長野県鬼無里 おやき いろは堂 車中泊 RV スポット 【Carstay車中泊スポットレビュー】発掘感掻き立てる長野市鬼無里にある「いろは堂 長野本店」

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所
  1. GAZOO 田舎バックパッカーハウス バンライフ ステーション vanlife station livable parking space
  2. 動くオフィス 書斎 ハイエース 自動車 車中泊
  3. 冬 車中 仕事 モバイルオフィス 動くオフィス 動く拠点
  4. 穴水町 大雪 石川県

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!<2021年注文受付・出荷・販売開始!>
【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
人気の動くオフィス「モバイル・オフィス」の存在感!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。