Noto Anamizu Town - 能登 穴水町

<動画あり>豪雨が続いた能登半島・穴水町 ~ 蒸し暑くなってきた… ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
能登半島 豪雨 Huawai Mate9 カメラ

能登・穴水町岩車 ‐ 早朝から大雨が続いた。

屋根から雨樋(あまどい)をとおして、流れてくる水量は、もはや家の蛇口から出てくる水の倍以上だった。

数日前から、ようやく、夏らしい「暑い」と感じられる日になってきた。

窓は開けていられなかった。風で雨が家の中に入ってきてしまうし、湿度も高かった。

自宅すぐそばの畑は水浸し。

能登半島 豪雨 Huawai Mate9 カメラ

この日数日までは、日中はそこそこ気温は高かったが、涼しい暑さ、朝と夜は、ちょい肌寒い日が多かった。

6月28日から、娘の光琳寺(こうりんじ)保育所では、プールが始まったのだが、「まだプールに入るには寒いのでは?!」と思ってしまうほど。

その前後で、能登も「梅雨入りした」と聞いたが、「中々雨が降らないなぁ~」「だけど、ようやく蒸してきたかなぁ~」と思っていた。

その矢先、豪雨が七尾や能登半島を襲った。

報道によると、能登半島の入り口 富山県氷見では、過去最大の207ミリも降ったそうだ。

天気予報を見ると、ここ1週間は「雨」マークばかり。そろそろ晴れてほしいが、梅雨だから仕方がない。

 

うちでは…玄関湿る

最近、家が蒸し暑くなってきて、玄関のドアを網戸式のドアにすると、外から湿気が入りこみ、玄関の廊下が湿り始めた。

そこを歩くと、足跡がついてしまい、乾拭きをしたくなる。

まだまだ涼しいほうだが、蒸し暑い夏が能登にもやってきたという感じだ。

『“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験』で都会からやってくる人たちも、東京や大阪などと比べれば、奥能登のほうは涼しいほうだと言う。

それに、「暑いなぁ~」と思った日は、海に飛び込み、涼むに尽きる。

すぐに涼めるスポットが家の前にある。

海に飛び込めるほどで、底が見える程度の深さの海や、“プライベート”ビーチがある漁村の強みだなぁ。(プライベートビーチの記事はこちら

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. living trial in Anamizu Ishikawa 穴水町 移住体験 体験住居 day 15 奥能登一周中 穴水町を半日散策後、金沢へ
  2. Lunch spot Georgian restaurant in Anamizu Ryu Cru リゥ・クリゥ ジョージア 穴水町 田舎体験 最終日: ジョージア“風”料理「リゥ・クリゥ」へ ワイ…
  3. stars ishikawa, anamizu stars, noto stars, 穴水町 星空, 石川県 星空, 能登半島 星空, 移住 星空の町, 星空 綺麗 田舎 【能登での田舎暮らし】星空の村 天の川の時期到来 運営する能登…
  4. 穴水町 岩車 キリコ祭り クライマックス <動画>能登・穴水町の『キリコ祭り』
  5. 能登半島 先端 穴水の牡蠣食堂『コースト・テーブル』や珠洲の海女食堂『つばき茶屋…
  6. 能登 星空の町 夜な夜な一人旅: 「穴水町 星空のまち」は本当なのか?
  7. 「農業担い手サミット」が能登(石川県)で開催中 ~ 農業の担い手…
  8. 牡蠣の田舎“穴場”町に「こんなに沢山人が集まるの?!」って大イベ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

能登・穴水町中居(石川県) - 中居湾ふれあいパークに出没したイルカ 田舎専門誌「田舎暮らしの本」取材中に出現した大きな“背びれ” nikko rv park 日光 東照宮 車中泊スポット 日光の紅葉絶頂期、“老舗”通信大手NTT東日本が日光にCarstay車中泊スポット 2カ所オープン 田舎体験 能登 田舎バックパッカー、第一弾目『“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験』実施!一足早い夏休みを能登・穴水町で 朝日新聞 バンライフ asahi vanlife 【メディア掲載】朝日新聞 夕刊に登場 「バンライフ」という生き方とは? ドイツ オランダ アルチャ 輪島 龍昌寺 Arca from the Netherlands in Ryushoji temple Wajima 能登で田舎暮らし希望 ドイツ出身で19歳のアルチャと輪島の龍昌寺、穴水の空家見学へ

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. トヨタ ハイエース, hiace toyota
  5. 穴水町 鮭, salmon in anamizu Ishikawa, 石川県 鮭
  6. 能登 うさぎ, 穴水, 石川県 野生動物, rabbit anamizu

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
東京の駅だったら批判殺到?!能登牡蠣“破格”食堂『あつあつ亭』2018年1月7日から
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~
【田舎で仕事 ‐ 田舎バックパッカーハウス】「さよなら、ぼくのモンスター」のコナー・ジェサップが写真で語る『結生の能登暮らし』続編
day 10.3 石川県舳倉島の『へぐら愛らんどタワー』
田舎バックパッカーが行く『秋』の鎌倉 穴場紅葉スポット紅葉谷『獅子舞』
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。