INAKA Cooking - 田舎料理

能登・穴水町の岩車漁港で“イノシシ”パーティー – 猪肉は美味しいって知ってた?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
穴水町 岩車 猪 イノシシ バーベキュー

能登・穴水町岩車(石川県) – 岩車の村を散歩していると、またまた、今週末も漁港にある小屋が賑やかになっているではないか。

今日は日曜。毎週日曜日、いつもお決まりのメンバーが集まり、漁港で小さな“交流会”がある。

ぼくは1~2カ月に一度ぐらいだろうか…ちょい参加させてもらっている。

かな~り“ざっくばらん”で、“ローカル”感ある楽しい飲み会なのだ。

穴水町 岩車 バーベキュー huawei mate9

散歩中、その小屋から…薪、そして“美味しそう”な焼肉のような香りが、ぼくと娘を誘惑する。その後、結花ちゃんも参加した。

小屋の中で焼いている肉は、“ただの肉”ではない!猪(イノシシ)だ!

イノシシの肉は一般的に臭みがあることで知られているようだが、普通の血抜きなどの処理テクニックがあれば、全く臭みはなくなるそうだ。

イノシシを家畜化した動物が豚。豚はイノシシ科だ。

飼育されている豚よりも、美味しい山菜が豊富な『能登の里山』で育った野生のイノシシのほうが、自然で美味しいとぼくは思う。ただ、ちょっとでも分厚く大き目に肉を切ってしまうと、ちょい肉が硬く、噛みちぎるのが難しい。

市場には流通していないが、最近、嬉しいことに、イノシシを食べる機会が多い。

今年に入って、イノシシを食べたのは3回目だ。(前回はこちら

イノシシ 玉ねぎ 炒める

そして、イノシシと一緒に炒めた玉ねぎが、甘くなって美味しい!玉ねぎは岩車の畑で作られたもの。

大抵、田舎では、昔ながらのやり方で、納屋に畑の農作物を保管して、一年中、食べられるようにしている。

玉ねぎや大根は紐で縛って納屋の外にかけ、ジャガイモや味噌などは納屋の中で保管するなどして、年中、自分で作った農作物を食べられるようにする。

 

奥能登でもイノシシは急増しているようだが…

さて、最近、奥能登では、イノシシが急増している。

北國新聞 イノシシ 奥能登 急増

ぼくら田舎バックパッカーが初めて能登に足を踏み入れた2010年ごろは、「イノシシなどの大きな動物は能登にいない」と聞いていた。

また、移住した当初の2013年ごろは、猪に関しては1~2頭ほどで、「たま~に話しを聞く」程度だった。

田舎体験で能登へ来てくれた友だちには「能登には大きな動物がいないから、山での山菜採りは安心してできるんだよ~」と伝えていたが、だんだんと状況が変わってきているようだ。

北國新聞の記事からもわかるように、最近の目撃情報は急増している。岩車でも何人かが目撃している。

 
イノシシが農地を荒らし、農作物を食べると、言うまでもなく、農民は困る。イノシシの獣臭さは半端ないので、イノシシが触れた農作物は食べられなくなる。

一度、イノシシが住みついている愛媛県にある八幡浜大島の隣にある地大島へ行き、山を散策したことがあったが、そこの島の山には獣臭さが充満していた。この獣臭さが農作物についてしまったら…出荷はできない。

しかし...一方では、人間が山へ入り、自然を開拓すると、イノシシなどの野生動物は行き場を失う。動物たちも、豊かな自然がある場所へと移動し、新たな住処を開拓するしかない

能登は美味しい里山資源が豊富だ。ぼくも動物だ。ここに住みたくなる野生動物たちの気持ちもわからなくもない...

また、「獲って食べる」“食”文化、狩人も減少している。狩った動物を自身で処理して今回のバーベキューのようにして食べるスタイルも少ない。

今後、どのようにして動物と人間は“共存”していくのか…中々難しい問題になってくると感じる。

薪ストーブ バーベキュー小屋

 
それにしても、家からほんのちょっと歩いた場所で、ブリキの薪ストーブで火を熾して、その上で料理しながら、近所と“ざっくばらん”に楽しむというこの田舎ならではの交流スタイル。

純粋にいいなぁ~っと思ってしまう。

イノシシ 猪 料理

能登 穴水町 イノシシ 炒める

この暖かい“ローカル”な雰囲気が良い!

美味しくてワイルドな晩御飯をありがとうございました~~。

“イノシシ”に関する商品はこちら

穴水町 岩車 猪 イノシシ バーベキュー

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 田舎旅 クルマ旅 カーステイ Carstay ハイエース ファミリーワゴンC 動く家 車中泊 5歳の娘、今夜も“家の前”で車中泊?!将来は大物バンライファ―?…
  2. 石川県 能登 穴水町 岩車 タコ Octopus in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto Countryside fisherman 能登での田舎暮らし:タコから始まる朝
  3. Lira's Forest by Connor Jessup <動画あり>能登『田舎ワークスペース』で活動中のコナー・ジェサッ…
  4. 能登 田舎体験 生牡蠣 noto anamizu raw oyster 今夜の『日本列島 ダーツの旅』に能登 穴水町が登場!
  5. ハイエース 動く家 家族 2019年!世間は「人生100年時代」とか言ってるけどってお話し…
  6. 穴水町 岩車 キリコ祭り 写真 第2弾目『田舎体験』最終話 – 『キリコ祭り』翌日の…
  7. キツネ 発見 野生 day 66 石川県穴水町 “オレンジ色の動物”との遭遇
  8. countryside experience noto ishikawa japan 田舎体験 穴水町 岩車 田舎体験 2日目 洋上パーティー&釣り バーベキュー!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師 能登・穴水町最大の牡蠣祭典「雪中ジャンボかきまつり」の裏にいる牡蠣漁師 ~ 岩車から1トントラックで運ばれた2万6千個以上の牡蠣 ~ 【田舎で仕事 – 広報】ISICOの情報誌にCarstayと芯漆 Lamp no Yado Blue Cave in Ishikawa Noto Japan 石川県 珠洲市 能登 ランプの宿 青の洞窟 『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣 東京の駅だったら批判殺到?!能登牡蠣“破格”食堂『あつあつ亭』2018年1月7日から day 11 舳倉島のカタツムリが進化しているって?!

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
穴水町 車中泊,石川県 車中泊,石川県 バンライフ,ふれあいパーク
  1. 秋葉博之,秋葉洋子,ぶー散歩,石川県 シェアハウス,田舎バックパッカーハウス,
  2. 穴水町 地震 能登半島, 中川杏抽
  3. 田舎バックパッカーハウス, 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan
  4. そばきり仁, 小林仁, 遊帆, 穴水 蕎麦, 石川県 蕎麦, 10割蕎麦, 七尾 タイ料理
  5. 草刈り機 指切る, 草刈り キックバック 跳ね返り

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
石川県穴水町のシェアハウス兼“住める駐車場”車中泊スポット「田舎バックパッカーハウス」< 公式概要と利用料金について>
【能登での田舎暮らし】添加物賛成・反対派に関する質問をみて 結局 添加物ありがいいの?なしがいいの?
“住める未来の駐車場”に最長3か月半 車中泊田舎暮らしした伝説の秋葉さん夫婦、再び「田舎バックパッカーハウス」へ
【動くオフィスでITレビュー】車中ワーケーション、ハンドルにハマるSurface GOが最強“車内”タブレットPC
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
【田舎クルマ旅グッズ】買ってはいけない夏の“返金OK・返品不要”車中泊アイテム
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。