Work in Inaka / Countryside - 田舎/地方で仕事

バックパッカーが取材サポートした内容が経営学誌『ハーバード・ビジネス・レビュー』に掲載?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ダイヤモンドハーバードビジネスレビュー 取材

能登・穴水町岩車(石川県) – 先日取材したオックスフォード大学の准教授 マイケル・オズボーンさんの記事が、経営学誌「ハーバード・ビジネス・レビュー」ウェブ版(約95万PV/月)の日本語版に載った。

ハーバード・ビジネス・レビュー(Harvard Business Review)」はハーバード大学の経営大学院ハーバード・ビジネス・スクールが発行するビジネス・経営誌。「全世界で12ヶ国、60万人以上」、企業のCEOなど 経営者が読者に多い。

日本では、編集・発行権利をもつダイヤモンド社が、アメリカ現地の「ハーバード・ビジネス・レビュー」の翻訳記事や、日本独自の記事をベースに、日本語版『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』として出版している。
ダイヤモンド社はビジネス誌で有名な「週刊ダイヤモンド」などを発行している出版社だ。

担当してきたクライアントの広報担当者の中には、「ハーバード・ビジネス・レビューに、なんとか社長取材を仕込めませんか?」と言う人も多かった。経営者向けにサービス/商品を提供する会社であれば、この雑誌に載ることで、今後のビジネスに発展する可能性を秘めている雑誌なのだ。

海外の著名人は「自分の論文が『ハーバード・ビジネス・レビュー』に掲載された」=「一流のハーバード大学に認められたんだよ!」と誇らしげに語る人や、プロフィールに書く人もいるぐらい。

中小や大企業の役員会議に出席するような人たちであれば、会社や個人ベースで定期購読している人もいるだろう。

で、そんな雑誌に…田舎バックパッカーのぼくが?!

 

バックパッカーが載っているのか?!

今回、その“格式の高い”「DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー」に、田舎バックパッカーのぼくが載ったの?!

って…そんなはずがない。

今回、冒頭でも既に伝えているが、イギリスのオックスフォード大学准教授 マイケル・オズボーンさんへの取材依頼、現場取材、ラフ原稿の作成など、取材コーディネート全般をサポートさせてもらった。

今回のテーマに合わせ、ぼくが提出したラフ原稿は、編集側が“超”うまく加工・編集している。(実際の記事はこちら。前編と後編あり)

オックスフォード マイケルオズボーン 取材

タイトルは、『人工知能は人間の働き方をどのように変えるのか』で、最近の社会的動向では旬なテーマだ。

 

AIなどテクノロジーの進化で変わる働き方

イギリス・オックスフォード大学での取材になるかと思ったが、オズボーンさんから「朝日新聞社主催の国際シンポジウ『朝日地球会議2016』で講演するので、その際にいかがですか?」と返事をもらい、帝国ホテルで取材を行った。

東京 帝国ホテル 取材部屋

【帝国ホテルの取材現場】

ヨーロッパ最大手の人材サービス日本法人アデコの代表取締役社長の川崎健一郎さんとの対談系の取材、記事掲載となった。(アデコに関する情報はこちら

今年の夏、シリコンバレーのSingularity University(シンギュラリティ大学)へも取材で行ったのだが、最近の取材内容は、会社生活を離れて、田舎でライフスタイルを始めたここ5年間で、自身が感じてきた「テクノロジーの進化のおかげで田舎でも暮らせる時代」に共通することばかり。

加えて言えば、テクノロジーだけでなく、「自分が持っている技術/スキル」も活用しなければ生きていけない時代でもある。

そして、もう一つはこれまで東京で一生懸命行ってきた“私事(しごと)”からの人間関係が大きく影響している。

帝国ホテル

【東京・銀座にある帝国ホテル】

これら、あらゆるテクノロジーと、培ってきたスキルの活用、人間関係で、これまで「仕事がない」とイメージされてきた田舎/地方にいても、“私事”ができるようになってきた。

これは自身が田舎でそれらを実行しながら気づいてきたことで、東京から近い地元・鎌倉でフリーランス/個人事業をしていたら感じられず、東京から500キロ離れた田舎だったからこそ、より深く感じているのかもしれない。

ダイヤモンド おとなぎ省一郎

今回の件、またまた、ダイヤモンド社 出版部門の副編集長おとなぎさんに感謝だ。

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)で広報責任者として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てられた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 田舎で仕事『広報』:シンギュラリティ大学CEO ロブ・ネイルさん…
  2. 【田舎で仕事】 ITベンチャー『広報』で初の日経産業新聞1面
  3. 能登空港 【田舎で仕事 – 広報】スタートアップ広報、最初の取…
  4. 田舎 地方 ワークスペース 映画俳優 『クリエイティブ“田舎”ワークスペース』利活用したコナー・ジェサ…
  5. 田舎で仕事, 【田舎で仕事 – 取材コーディネート】MIT上級講師…
  6. オークション 農機具 能登で農機具 オークション ~ “廃材”で2カ月約20万円以上?…
  7. SUUMOジャーナル ライター バンライフ 新生活様式 【田舎で仕事 – 広報】執筆記事が4月の月間人気記事…
  8. ジャパファンカップ サッカー 福島 国際親善試合 リトグリ 福島でU-18東北選抜 対 東南アジア選抜の国際親善試合「Jap…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

中日新聞 1面 トップ 牡蠣 中川生馬 河端譲 【メディア掲載】中日新聞1面 『穴水の異色コンビ ネット販売開始 能登かきを全国区に』石川県の能登地方 穴水町岩車産の牡蠣<かき>販売開始 Lunch spot Georgian restaurant in Anamizu Ryu Cru リゥ・クリゥ ジョージア 穴水町 【田舎体験 最終日】ジョージア“風”料理「リゥ・クリゥ」へ ワインかノンアル・サングリア付で950円! 鯉のぼり 富士山 Fish on Mt Fuji 約80匹の鯉のぼりが朝霧高原から富士山へ 『子どもの日』に家族で楽しめるバックパッカー×田舎車旅スポット バンライフ 住める駐車場 リラックスできる新たな『VANLIFE – バンライフ』スポットをつくる ソニー 広報センター 元上司 東京へのバックパッカー“私事”旅 元職場 ソニー広報の元上司たちとの再会

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
田舎バックパッカーハウス
  1. 田舎バックパッカーハウス
  2. やっさ祭り, 広島県三原市, yassa camp
  3. ノスケ バンライフ, 沖縄 ちより,田舎バックパッカーハウス,石川県 穴水町, 田舎暮らし,移住,地方移住,穴水町 車中泊,車中泊 石川県,japan,noto,ishikawa,inaka backpacker house,rv in ishikawa,rv station
  4. 田舎バックパッカーハウス,石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記,秋葉博之,秋葉洋子,ぶー散歩,穴水町 車中泊, child in the countryside japan,noto,ishikawa,inaka backpacker house,rv in ishikawa, sakura,
  5. 田舎で仕事, 石川県 移住,穴水町 移住,中川生馬

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
【田舎バックパッカーハウス】「さよなら、ぼくのモンスター」のコナー・ジェサップが写真で語る『結生の能登暮らし』続編
【田舎旅】サブバッテリーの走行充電ができないとき、確認したいポイント
田舎バックパッカーハウスの初代ユーザー、Netflixオリジナル映画「Locke & Key」に登場!
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
【Carstay車中泊スポットレビュー】発掘感掻き立てる長野市鬼無里にある「いろは堂 長野本店」
【田舎バックパッカーハウス】能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス、長期間 車中泊滞在“バンライフ移住”可能な<住める駐車場>『バンライフ・ステーション』について
【能登での田舎暮らし】主婦の財布に優しすぎる 新鮮&格安スーパー『どんたく』対『江ノ島』
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
day 70.2 漆芸作家Suzanne(スザーン)さんとClive Ross(クライブ・ロス)さんとの出会い ~ 別れるか、日本へ行くかの選択 ~
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。