Work in Inaka / Countryside - 田舎/地方で仕事

バックパッカーが取材サポートした内容が経営学誌『ハーバード・ビジネス・レビュー』に掲載?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ダイヤモンドハーバードビジネスレビュー 取材

能登・穴水町岩車(石川県) – 先日取材したオックスフォード大学の准教授 マイケル・オズボーンさんの記事が、経営学誌「ハーバード・ビジネス・レビュー」ウェブ版(約95万PV/月)の日本語版に載った。

ハーバード・ビジネス・レビュー(Harvard Business Review)」はハーバード大学の経営大学院ハーバード・ビジネス・スクールが発行するビジネス・経営誌。「全世界で12ヶ国、60万人以上」、企業のCEOなど 経営者が読者に多い。

日本では、編集・発行権利をもつダイヤモンド社が、アメリカ現地の「ハーバード・ビジネス・レビュー」の翻訳記事や、日本独自の記事をベースに、日本語版『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』として出版している。
ダイヤモンド社はビジネス誌で有名な「週刊ダイヤモンド」などを発行している出版社だ。

担当してきたクライアントの広報担当者の中には、「ハーバード・ビジネス・レビューに、なんとか社長取材を仕込めませんか?」と言う人も多かった。経営者向けにサービス/商品を提供する会社であれば、この雑誌に載ることで、今後のビジネスに発展する可能性を秘めている雑誌なのだ。

海外の著名人は「自分の論文が『ハーバード・ビジネス・レビュー』に掲載された」=「一流のハーバード大学に認められたんだよ!」と誇らしげに語る人や、プロフィールに書く人もいるぐらい。

中小や大企業の役員会議に出席するような人たちであれば、会社や個人ベースで定期購読している人もいるだろう。

で、そんな雑誌に…田舎バックパッカーのぼくが?!

 

バックパッカーが載っているのか?!

今回、その“格式の高い”「DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー」に、田舎バックパッカーのぼくが載ったの?!

って…そんなはずがない。

今回、冒頭でも既に伝えているが、イギリスのオックスフォード大学准教授 マイケル・オズボーンさんへの取材依頼、現場取材、ラフ原稿の作成など、取材コーディネート全般をサポートさせてもらった。

今回のテーマに合わせ、ぼくが提出したラフ原稿は、編集側が“超”うまく加工・編集している。(実際の記事はこちら。前編と後編あり)

オックスフォード マイケルオズボーン 取材

タイトルは、『人工知能は人間の働き方をどのように変えるのか』で、最近の社会的動向では旬なテーマだ。

 

AIなどテクノロジーの進化で変わる働き方

イギリス・オックスフォード大学での取材になるかと思ったが、オズボーンさんから「朝日新聞社主催の国際シンポジウ『朝日地球会議2016』で講演するので、その際にいかがですか?」と返事をもらい、帝国ホテルで取材を行った。

東京 帝国ホテル 取材部屋

【帝国ホテルの取材現場】

ヨーロッパ最大手の人材サービス日本法人アデコの代表取締役社長の川崎健一郎さんとの対談系の取材、記事掲載となった。(アデコに関する情報はこちら

今年の夏、シリコンバレーのSingularity University(シンギュラリティ大学)へも取材で行ったのだが、最近の取材内容は、会社生活を離れて、田舎でライフスタイルを始めたここ5年間で、自身が感じてきた「テクノロジーの進化のおかげで田舎でも暮らせる時代」に共通することばかり。

加えて言えば、テクノロジーだけでなく、「自分が持っている技術/スキル」も活用しなければ生きていけない時代でもある。

そして、もう一つはこれまで東京で一生懸命行ってきた“私事(しごと)”からの人間関係が大きく影響している。

帝国ホテル

【東京・銀座にある帝国ホテル】

これら、あらゆるテクノロジーと、培ってきたスキルの活用、人間関係で、これまで「仕事がない」とイメージされてきた田舎/地方にいても、“私事”ができるようになってきた。

これは自身が田舎でそれらを実行しながら気づいてきたことで、東京から近い地元・鎌倉でフリーランス/個人事業をしていたら感じられず、東京から500キロ離れた田舎だったからこそ、より深く感じているのかもしれない。

ダイヤモンド おとなぎ省一郎

今回の件、またまた、ダイヤモンド社 出版部門の副編集長おとなぎさんに感謝だ。

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 能登から羽田空港 空の写真 地方自治体の活動をPRするためのベストな手段とは?
  2. 能登の“いつかここに住んでみたい”と思ってしまう農家民宿 ゆうか…
  3. Northern Japan Arts Festival 三陸国際芸術祭 能登から東京へのバックパッカー“私事”旅 「三陸国際芸術祭」会見…
  4. backpacker anamizu ishikawa noto japan 田舎 バックパッカー 穴水町 石川県 田舎で『広報』仕事:“葉っぱ”ビジネス いろどりで再び東京&鎌倉…
  5. ウミネコパーラー 石川県 穴水町 看護師 足立秀幸 土倉菜々香 かき氷 カフェ スコーン Anamizu Shaved Ice Kakigori cafe 田舎で仕事『広報』:辺鄙なスポットのかき氷屋が多くのメディアに載…
  6. 「Lancers マガジン」に『広報の経験豊富なランサー』として…
  7. 仕事しながら“ちょい”田舎旅: 岩車の“海”に椅子をセットして
  8. Ishikawa Noto Suzu Japan Connor Jessup 石川県 能登 珠洲 映画 俳優 コナージェサップ 田舎で仕事:カナダの映画俳優・監督コナージェサップ、インスタで能…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

北陸中日新聞 カナダ人映画監督 穴水で脚本 能登暮らし 創造力刺激 コナージェサップ メディア掲載:中日新聞『カナダ人映画監督 穴水で脚本』コナー・ジェサップ 穴水町 星空 天の川 Milky Way in countryside Japan 星空旅スポット: 能登・穴水町で『天の川』 ~ 街灯がない地方の魅力 ~ Japan's 'campervangelist' extolls the benefits of life on the road 【メディア掲載】日本最大の英字紙『The Japan Times』やアメリカのRVニュースサイトに登場 外国人 海外 移住者 穴水町 石川県 foreigner in ishikawa どこにでもあるような東京よりもリアルな“日本”を見たい ヨーロッパやアメリカから穴水町岩車へ nuroモバイル ソネット 0SIM 田舎でITレビュー:格安SIM 音声通話だけなら基本料金最安の『0SIM』がベスト

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

田舎バックパッカー 娘
  1. 田舎バックパッカーハウス 秋葉博之 秋葉洋子 車中泊 ぶうすけ
  2. 中川結生 田舎バックパッカー
  3. Japan's 'campervangelist' extolls the benefits of life on the road
  4. 大井川電機製作所 広報
  5. カーステイ バンシェア carstay van share rv campingcar

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP