Work in Inaka / Countryside - 田舎/地方で仕事

バックパッカーが取材サポートした内容が経営学誌『ハーバード・ビジネス・レビュー』に掲載?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ダイヤモンドハーバードビジネスレビュー 取材

能登・穴水町岩車(石川県) – 先日取材したオックスフォード大学の准教授 マイケル・オズボーンさんの記事が、経営学誌「ハーバード・ビジネス・レビュー」ウェブ版(約95万PV/月)の日本語版に載った。

ハーバード・ビジネス・レビュー(Harvard Business Review)」はハーバード大学の経営大学院ハーバード・ビジネス・スクールが発行するビジネス・経営誌。「全世界で12ヶ国、60万人以上」、企業のCEOなど 経営者が読者に多い。

日本では、編集・発行権利をもつダイヤモンド社が、アメリカ現地の「ハーバード・ビジネス・レビュー」の翻訳記事や、日本独自の記事をベースに、日本語版『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』として出版している。
ダイヤモンド社はビジネス誌で有名な「週刊ダイヤモンド」などを発行している出版社だ。

担当してきたクライアントの広報担当者の中には、「ハーバード・ビジネス・レビューに、なんとか社長取材を仕込めませんか?」と言う人も多かった。経営者向けにサービス/商品を提供する会社であれば、この雑誌に載ることで、今後のビジネスに発展する可能性を秘めている雑誌なのだ。

海外の著名人は「自分の論文が『ハーバード・ビジネス・レビュー』に掲載された」=「一流のハーバード大学に認められたんだよ!」と誇らしげに語る人や、プロフィールに書く人もいるぐらい。

中小や大企業の役員会議に出席するような人たちであれば、会社や個人ベースで定期購読している人もいるだろう。

で、そんな雑誌に…田舎バックパッカーのぼくが?!

 

バックパッカーが載っているのか?!

今回、その“格式の高い”「DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー」に、田舎バックパッカーのぼくが載ったの?!

って…そんなはずがない。

今回、冒頭でも既に伝えているが、イギリスのオックスフォード大学准教授 マイケル・オズボーンさんへの取材依頼、現場取材、ラフ原稿の作成など、取材コーディネート全般をサポートさせてもらった。

今回のテーマに合わせ、ぼくが提出したラフ原稿は、編集側が“超”うまく加工・編集している。(実際の記事はこちら。前編と後編あり)

オックスフォード マイケルオズボーン 取材

タイトルは、『人工知能は人間の働き方をどのように変えるのか』で、最近の社会的動向では旬なテーマだ。

 

AIなどテクノロジーの進化で変わる働き方

イギリス・オックスフォード大学での取材になるかと思ったが、オズボーンさんから「朝日新聞社主催の国際シンポジウ『朝日地球会議2016』で講演するので、その際にいかがですか?」と返事をもらい、帝国ホテルで取材を行った。

東京 帝国ホテル 取材部屋

【帝国ホテルの取材現場】

ヨーロッパ最大手の人材サービス日本法人アデコの代表取締役社長の川崎健一郎さんとの対談系の取材、記事掲載となった。(アデコに関する情報はこちら

今年の夏、シリコンバレーのSingularity University(シンギュラリティ大学)へも取材で行ったのだが、最近の取材内容は、会社生活を離れて、田舎でライフスタイルを始めたここ5年間で、自身が感じてきた「テクノロジーの進化のおかげで田舎でも暮らせる時代」に共通することばかり。

加えて言えば、テクノロジーだけでなく、「自分が持っている技術/スキル」も活用しなければ生きていけない時代でもある。

そして、もう一つはこれまで東京で一生懸命行ってきた“私事(しごと)”からの人間関係が大きく影響している。

帝国ホテル

【東京・銀座にある帝国ホテル】

これら、あらゆるテクノロジーと、培ってきたスキルの活用、人間関係で、これまで「仕事がない」とイメージされてきた田舎/地方にいても、“私事”ができるようになってきた。

これは自身が田舎でそれらを実行しながら気づいてきたことで、東京から近い地元・鎌倉でフリーランス/個人事業をしていたら感じられず、東京から500キロ離れた田舎だったからこそ、より深く感じているのかもしれない。

ダイヤモンド おとなぎ省一郎

今回の件、またまた、ダイヤモンド社 出版部門の副編集長おとなぎさんに感謝だ。

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. コナー・ジェサップ DVD falling skies フォーリングスカイズ 『クリエイター向け“田舎”ワークスペース』で脚本執筆中のコナー・…
  2. 能登空港 飛行機内 Noto Airport Airplane 田舎で仕事『広報』:羽田から能登空港間 ほぼ満席時期に R…
  3. 父 娘 旅 father daughter travel 田舎旅:リアルな田舎「鎌倉」へ 石川県から
  4. 【田舎で仕事 – 広報】ISICOの情報誌にCars…
  5. Quora QAサイト CEO 取材 アダム・ディアンジェロ Adam D’Angelo Facebook CTO interview 【田舎で仕事 – ライター】機械学習活用した新たなQ…
  6. 奥飛騨 紅葉 hida autumn 田舎旅: 奥飛騨の紅葉 そろそろ
  7. 写真で見る-アメリカ・ユタ州グレートソルトレイク(湖)̷…
  8. バックパッカー フェイスブック ページ INAKA-BACKPACKER フェイスブックページオープン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

穴水町 LTE 4G 5G 携帯電波 【田舎でITレビュー】穴水町岩車の田舎で突然LTEが入り始めた ~ 田舎移住で欠かせないモバイル通信 ~ 茅野小学校 バックパッカー 講演 day 5 長野県 茅野市立金沢小学校での田舎バックパッカーの講演 【メディア掲載】今日(11月28日)のNHK総合『所さん!大変ですよ』に爲公史さんと登場!<その二> なぜ光琳寺保育所へ? コロナ バンライフ 車中泊 道の駅 住める車中泊スポット「バンライフ・ステーション」に新たな“入居者” ~ コロナ禍のバンライフの課題 ~ < 3話目 > ジャパファンカップ サッカー 福島 国際親善試合 リトグリ 福島でU-18東北選抜 対 東南アジア選抜の国際親善試合「JapaFunCup<ジャパファンカップ>」開催

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. トヨタ ハイエース, hiace toyota
  5. 穴水町 鮭, salmon in anamizu Ishikawa, 石川県 鮭
  6. 能登 うさぎ, 穴水, 石川県 野生動物, rabbit anamizu

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
東京の駅だったら批判殺到?!能登牡蠣“破格”食堂『あつあつ亭』2018年1月7日から
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~
【田舎で仕事 ‐ 田舎バックパッカーハウス】「さよなら、ぼくのモンスター」のコナー・ジェサップが写真で語る『結生の能登暮らし』続編
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
day 10.3 石川県舳倉島の『へぐら愛らんどタワー』
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。