INAKA Cooking - 田舎料理

“格安”田舎料理:家族3人 わずか200円のコロッケ料理 ~ 畑のおかげ 田舎の“食”生活 ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
田舎暮らし 200円 料理 畑 コロッケ

能登・穴水町岩車(石川県) – さて、今日の「日銀の2%物価上昇政策とは反比例」(笑)した田舎料理を紹介しよう。

田舎暮らし 200円 料理 畑 コロッケ 空の冷蔵庫

今日の材料はこちら。

田舎暮らし 200円 料理 畑 コロッケ 空の冷蔵庫

冷蔵庫は空っぽだ。夏、畑の野菜が豊富なとき、田舎バックパッカーの冷蔵庫はこんな感じである。

これでも外食は年に数回ほどしか行かない。

3日間買い物に行っていないので、そろそろ食材が尽き始めた。

今日は梅干し、味噌といった保存食、生姜(しょうが)、茗荷(みょうが)といった薬味のほかに、卵を1つ発見。

3日に一度、野菜や大豆類を調達しに行く。最近は肉の代わりに“肉っぽい”大豆が登場することが多い。

ここが腕と創造力の見せどころだ。

さて、今日はなにをつくるか…

今日の献立

● 畑で採れたジャガイモを使ったコロッケ
● ゴボウとゴマのマヨネーズ和え
● 茗荷の卵スープ

田舎暮らし 200円 料理 畑 コロッケ

コロッケに関しては特別なことはしていない。

この畑のお肉(大豆)をお湯で戻して、ミキサーでミンチにする。あとは普通のコロッケと同じ要領でマッシュしたジャガイモと混ぜ合わせる。

コロッケでは豚肉や牛肉を使うことが多いが、“肉っぽい”大豆を使う。

田舎暮らし 200円 料理 畑 コロッケ

卵スープの卵は、コロッケの衣漬けで使った卵を2〜3回こして再利用。

その後、茗荷をパッと入れるだけ。

田舎暮らし 200円 料理 畑 コロッケ

食材費は?!

気になる材料費は3人前(大人2名+2歳児1名)で…

※揚げ油やパン粉も含めると若干上がるが、そこまで計算せず、あくまで素材のみの計算

● ジャガイモ…0円(畑から)
● 玉ねぎ…0円(畑から)
● 畑のお肉…100円(100g)
● 茗荷の味噌汁…30円(茗荷1個10円)
● ゴボウ一本…70円(直売所)

合計200円だ。工夫次第でこんな感じに節約できる。

田舎バックパッカーはフリーランス/自営業なので基本家で仕事をしている。

家で頑張って仕事をしていると、夜のご飯と晩酌も楽しみの一つとなるのだ。

田舎暮らし 200円 料理 畑 コロッケ 食材

そのことを念頭に入れている。

ただ節約すればいい、健康に良ければいいわけではない。

「わあ、おいしそう!」っと見た目で喜んでくれるようなご飯づくりを心がけたい。

明日はなにを作ろうか。さすがに買い物に出かけようかな…

 

ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 担々麺 能登 石川県 青梗菜 畑の完全無農薬チンゲン菜を“特製”担々麺に 〜 作り方も“ざっく…
  2. how to make tofu 豆腐の作り方 能登の“にがり”を使った自然で美味しい豆腐の作り方
  3. 田舎バックパッカー家族 半自給自足 田舎暮らし 3人わずか180円の夕食 ~ 食生活は工夫次第 ~
  4. 田舎料理:サツマイモの収穫そろそろ 芋けんぴの作り方
  5. 牡蠣 はなびらたけ アヒージョ 【田舎料理】はなびらたけ「ホホホタケ」と牡蠣<かき>のアヒージョ…
  6. 能登 穴水町 味噌作り 高齢 元気 能登の田舎で…一日で12家族分 約360キロの“薪味…
  7. ゴーヤ 田舎料理 玄関に置いてあった!?ゴーヤを無駄なく料理する方法!~ 佃煮・酢…
  8. 大根 間引き 料理 thinning radish 田舎料理:冬野菜の代表格『大根』育て際に出てくる『間引き菜』で料…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

【バンライフ “動くX”時代】大学生がつくった「モバイル風呂」「動くドラム缶薪風呂」!?石川県白山麓「バンライフ・エキスポ」で発見! day 80.2 長崎原爆資料館「核兵器を持っている世界のリーダーたちは資料館にある写真を見に来るべきだ」 田舎 薪味噌 anamizu iwaguruma making miso experience 【田舎暮らし体験】<動画>薪を使った田舎ならではの味噌作り ~ “食”を作る楽しみを体感 ~ Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島 day 50.3 高知県 沖の島で入浴交渉中?!ぼくらの救世主『市原商店』 牡蠣, かき, はなびらたけ, アヒージョ 【メディア掲載】中日新聞 はなびらたけ「ホホホタケ」と牡蠣のセット販売サポート開始

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. トヨタ ハイエース, hiace toyota
  5. 穴水町 鮭, salmon in anamizu Ishikawa, 石川県 鮭
  6. 能登 うさぎ, 穴水, 石川県 野生動物, rabbit anamizu

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
<写真で見る>能登・穴水町の とある一軒の田舎/地方の空き家
【田舎旅】サブバッテリーの走行充電ができないとき、確認したいポイント
【能登での田舎暮らし】主婦の財布に優しすぎる 新鮮&格安スーパー『どんたく』対『江ノ島』
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
【カーステイ車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。