INAKA Lifestyle Experience - 田舎ライフスタイル体験

<写真で振り返る>『ヤスヨとヤスコ』、能登空港 到着早々 牡蠣の水揚げ体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
水揚げ体験 牡蠣漁の体験

能登・穴水町岩車(石川県) – 今日午前中10時ごろ、ヤスコさんとヤスヨさんが、奥能登・穴水町岩車にきて、田舎バックパッカープロデュースの「ざっくばらんな田舎ライフスタイル体験」で能登を満喫する。能登の滞在期間は2泊3日。(前回のストーリーはこちら

まず、ヤスコさんを能登空港でピックアップし、富山からクルマでやってくるヤスヨさんとはぼくらが住む村「岩車(いわぐるま)」で待ち合せした。

この季節、まだまだ牡蠣は旬。まずは、岩車の牡蠣漁師・河端譲(かわばた ゆずる)さんの協力のもと、牡蠣の水揚げ体験をして、能登を体験!

再会早々、いきなり、二人を牡蠣(カキ)の水揚げ体験へと連れて行き、初体験となる牡蠣の水揚げ作業をしながら、二人は再会を喜んだ。

田舎体験 牡蠣漁師の河端譲さんの指導のもと、牡蠣の水揚げへ出発

そう、田舎体験は“動く”ことが多いので、久しぶりの再会や初めての出会いでも、いきなり打ち解けることができる。

穴水町の穏やかな海

この穏やかな海「七尾北湾」で育った牡蠣を湾からあげて、出荷前の作業を行う。

牡蠣の養殖体験 水揚げ体験 穴水町

まずは牡蠣漁師の河端譲さんが、二人にこれから行う牡蠣の水揚げ体験のお手本を見せる。

牡蠣の漁体験

この筏に、約80本ものロープが結ばれ、1本のロープに約80個の牡蠣がついている。海の透明度も高く、澄んだ海ということが、この写真からわかるかと思う。

牡蠣がついたロープをしっかりと握りながら筏からほどき、海中にロープをぶら下げながら、船へと持っていくというシンプルな作業。

言うまでもないが、牡蠣の重量や数量によって、ロープの重さが異なる。80個の牡蠣という数量はあくまでも目安。それ以上のときもあるし、それ以下のときもあるわけだ。

牡蠣を海から揚げる作業

船のそばまで牡蠣がついたロープをもっていき、ロープを電動のモーターで船に引き揚げて、この機械で、ロープから牡蠣を船の上に落とす。

牡蠣の水揚げ 体験

牡蠣の筏から牡蠣を船にあげる

穴水町 能登牡蠣 水揚げ

まずはヤスヨさんから。ロープを筏からほどき、それを船へと持っていく。重い…

穴水町 能登牡蠣

穴水町 能登牡蠣

80個もの牡蠣がぶらさがった1本のロープを海底に落とさないよう、ロープを慎重に河端譲さんがいる船へと持っていく。これまで、このロープを落としたことは一度もないんだとか…

そんなこんなで、ぼくらは第一の田舎体験スポットで活動を終え…次の“美味しい”体験先へと向かった。

<続きの写真はこちら

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

Ikuma Nakagawa | Create Your Badge

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. Visitors from South Africa 南アフリカ 能登 石川県 訪問 宿泊 田舎体験: 南アフリカから能登 岩車への田舎旅「ここが一番良かっ…
  2. 輪島 珠洲 塩田 体験 究極の塩 トキオ ソフトクリーム 田舎体験 2日目 奥能登一周 輪島の「塩の駅 輪島塩」 ~ 売り…
  3. Jack Nicklin Harvey Sears in Japan 田舎体験 石川県 北陸新幹線走る外国人うけ良い寿司屋『もりもり寿し 能登総本店』
  4. 田舎体験 能登 穴水町 【田舎ライフスタイル体験 in “里山&里海”能登・穴水町】 D…
  5. 輪島 龍昌寺 柿渋染め Wajima Ryushoji temple self-sufficiency lifestyle experience <写真で見る>田舎体験 3日目 番外編 龍昌寺での藍&柿渋ファッ…
  6. 田舎バックパッカープロデュースの奥能登での田舎体験の内容 続編
  7. 田舎体験 能登 田舎体験最終日:朝からドローン飛ばして能登空港へ
  8. 能登 田舎体験 生牡蠣 noto anamizu raw oyster 冬の“楽暖”で“ざっくばらん”な田舎体験 2日目・前編 ~ 牡蠣…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

countryside japan costs 田舎暮らしの費用 【能登での田舎暮らし】田舎暮らしって本当に安いの?高いの? 長期滞在 車中泊スポット 駐車場 シェアハウス 能登 石川県 穴水町 能登半島奥の駆けこめるシェアハウス“搭載”型の車中泊スポット「バンライフ・ステーション」に入居者 ~ コロナ禍 なぜ住める駐車場へ? ~ < 4話目 > day 7.2 石川県穴水町 次世代の板前寿司屋『幸寿し』 群青 吹奏楽団 天の川 チラシ ポスター 「星空のまち 穴水町」天の川の写真 九州・吹奏楽団「群青」コンサートのポスター画像に 田舎バックパッカー 広報 写真家 中川生馬 day 75 福岡県博多に到着し、小呂島(おろのしま)へ…って「どこそれ?」

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. 海 プール 田舎暮らし 遊び場 穴水町 岩車 石川県 能登
  2. 日経 AR 記事

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

『そばきり 仁』 築約400年 能登の“ちょい”世界遺産的な屋敷『中谷家』で再オープン
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
【田舎クルマ旅グッズ】買ってはいけない夏の“返金OK・返品不要”車中泊アイテム
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!<2021年販売開始!>
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
day 54 愛媛県 日振島へ  なにがあるかわからないけど、とにかく行ってみっか
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。