INAKA Lifestyle Experience - 田舎ライフスタイル体験

<写真で振り返る>田舎体験1日目 『穴水駅ホームあつあつ亭』へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

能登・穴水町&輪島市(石川県) – 田舎バックパッカーのぼくが今週末に企画・実施した『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験』内容の続きだ。

能登ではまだまだ牡蠣のシーズンが続いている。冬の体験は「“牡蠣”を存分に体験しよう!」という内容だ。

今回の体験には、東京から7人が参加。到着早々、約2時間、ぼくら田舎バックパッカーファミリーが移住した岩車に住む牡蠣漁師・河端譲さんとお兄さんの肇さんと一緒に、牡蠣の水揚げ体験を行った。(その体験の内容はこちら

牡蠣の水揚げ体験後、今週末で今季閉店となる のと鉄道の『穴水駅ホームあつあつ亭』へと向かい、牡蠣を盛り沢山食べた。

穴水駅「穴水駅ホームあつあつ亭」の跨線橋の通路上という、かなりユニークな場所で牡蠣を食べる。

穴水駅「穴水駅ホームあつあつ亭」の跨線橋の通路上という、かなりユニークな場所で牡蠣を食べる。

焼き牡蠣、牡蠣フライ、牡蠣ご飯などの定食。駅の跨線橋の通路上にセットした七輪炭火コンロで、能登・穴水町産の殻付き牡蠣、牡蠣フライ、牡蠣ごはんなどを安価でたらふく食べることができるスポットだ。合計約15個の牡蠣がついて、1600円となる。

この時期、能登でおそらく一番安くて美味しい牡蠣を楽しめる場所ではないだろうか。場所もユニークで、田舎の駅だからこそオープンできる食堂。駅のホームからホームへの跨線橋の通路上でオープンしている食堂なんて…全国的に“珍しい”というより、こんな食堂はここにしかないのでは?

 

「穴水駅ホームあつあつ亭」の主な概要

●営業期間: 2016年1月9日(土)~2016年3月21日(毎年1月初旬から3月下旬までオープン)

●営業時間: 10:30~15:00(ラストオーダー14:30)

●場所: のと鉄道 穴水駅

●問い合わせ先: のと鉄道旅行センター(9:00~17:00)電話0768-52-0900

「穴水駅ホームあつあつ亭」の詳細情報はこちら

牡蠣漁師体験 能登牡蠣

能登・穴水町(石川県) – 穴水駅「穴水駅ホームあつあつ亭」の跨線橋の通路上で、「あつあつ盛りセット」を待つ。下のプラットホームには、観光列車「のと里山里海号」が停まっている。

能登・穴水町(石川県) - “おもしろい”牡蠣食堂。穴水駅の跨線橋の通路上で、これから牡蠣を食べる。「みんな、注文は決まった?」

能登・穴水町(石川県) – “おもしろい”牡蠣食堂。穴水駅の跨線橋の通路上で、これから牡蠣を食べる。「みんな、注文は決まった?」

能登・穴水町(石川県) - 穴水駅「穴水駅ホームあつあつ亭」。「まだかなぁ~」と注文を待つ。

能登・穴水町(石川県) – 穴水駅「穴水駅ホームあつあつ亭」。「まだかなぁ~」と注文を待つ。

能登・穴水町(石川県) - 穴水駅の跨線橋の通路は、牡蠣を食べるグループで一杯になっている。穴水町のユニークな牡蠣食堂「穴水駅ホームあつあつ亭」。

能登・穴水町(石川県) – 穴水駅の跨線橋の通路は、牡蠣を食べるグループで一杯になっている。穴水町のユニークな牡蠣食堂「穴水駅ホームあつあつ亭」。

能登・穴水町(石川県) - 穴水駅の跨線橋の通路にある牡蠣食堂「穴水駅ホームあつあつ亭」。これから、牡蠣を食べるよ~。

能登・穴水町(石川県) – 穴水駅の跨線橋の通路にある牡蠣食堂「穴水駅ホームあつあつ亭」。これから、牡蠣を食べるよ~。

能登・穴水町(石川県) - 穴水駅の跨線橋の通路にセットされたコンロで牡蠣を焼く。ここはのと鉄道穴水駅にある牡蠣食堂「穴水駅ホームあつあつ亭」。

能登・穴水町(石川県) – 穴水駅の跨線橋の通路にセットされたコンロで牡蠣を焼く。ここはのと鉄道穴水駅にある牡蠣食堂「穴水駅ホームあつあつ亭」。

能登・穴水町(石川県) - 穴水駅の跨線橋は炭火と牡蠣の香り。のと鉄道穴水駅にある牡蠣食堂「穴水駅ホームあつあつ亭」。

能登・穴水町(石川県) – 穴水駅の跨線橋は炭火と牡蠣の香り。のと鉄道穴水駅にある牡蠣食堂「穴水駅ホームあつあつ亭」。

能登・穴水町(石川県) - 良い感じの牡蠣が焼けた。のと鉄道穴水駅にある牡蠣食堂「穴水駅ホームあつあつ亭」。ホームからホームへの跨線橋のの通路で、牡蠣を食べることができる唯一の店だろう。

能登・穴水町(石川県) – 良い感じの牡蠣が焼けた。のと鉄道穴水駅にある牡蠣食堂「穴水駅ホームあつあつ亭」。ホームからホームへの跨線橋の通路で、牡蠣を食べることができる唯一の店だろう。

能登・穴水町(石川県) - 今回の『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験』に賛同し、特別に席を用意してくれた東井豊記(とうい とよき)さん。東井さんと言えば...

能登・穴水町(石川県) – 今回の『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験』に賛同し、特別に席を用意してくれた東井豊記(とうい とよき)さん。東井さんと言えば…

能登・穴水町 穴水駅(石川県) - のと鉄道の『穴水駅ホームあつあつ亭』で、今回、跨線橋席を特別に用意してくれた同社名物男・ちびまる子ちゃんキャラ花輪くんこと東井豊記さんだ。

能登・穴水町 穴水駅(石川県) – のと鉄道の『穴水駅ホームあつあつ亭』で、今回、跨線橋席を特別に用意してくれた同社名物男・ちびまる子ちゃんキャラ花輪くんこと東井豊記さんだ。

その後、国民宿舎 能登小牧台(のとおまきだい)の温泉で疲れをとって、今晩の“里海BBQ(バーベキュー)”の準備に入る。

ちなみに能登には、温泉が多い。東京にいると、温泉を目的に「温泉旅行」を楽しむ人たちが多いかと思うが、能登では、普段の生活で、「質の高い」温泉に入ることができる

能登・七尾市中島町(石川県) - 国民宿舎 能登小牧台の露天風呂。目の前は湖のように穏やかな里海。

能登・七尾市中島町(石川県) – 国民宿舎 能登小牧台の露天風呂。目の前は湖のように穏やかな里海。

能登・七尾市中島町(石川県) - 泉質は、和倉温泉と同じと言われてる。国民宿舎 能登小牧台の温泉。

能登・七尾市中島町(石川県) – 泉質は、和倉温泉と同じと言われてる。国民宿舎 能登小牧台の温泉。

言い換えれば「毎日が温泉生活」を日々過ごすことができる。(「毎日がキャンプ生活」ストーリーはこちら

続いて夜の“里海BBQ(バーベキュー)”だ!「たったの1日で、これだけの牡蠣を食べることはない!」っと言い切れるほど牡蠣だらけとなった。(続きはこちら

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. 牡蠣の養殖 水揚げ体験 <写真で振り返る>『ヤスヨとヤスコ』の田舎体験、牡蠣の水揚げ体験…
  2. mori kumo vegan in Wajima Noto Ishikawa モリクモ 輪島 能登 石川県 田舎体験:穴水町のかき氷と輪島のビーガンでリラックス
  3. 奥能登に新たな旅人スポット道の駅「あなみず」 オープン ~ 冬 …
  4. Anamizu backpacker tent spot 穴水町 車中泊スポット 仕事しながら“ちょい”田舎旅: 穴水町『あすなろ広場』 “巨大”…
  5. 穴水町 凍結 車 一回転 横転 クルマ1回転大事故… 2度目?!の“痛い”出費 &#…
  6. Oyster BBQ in Anamizu 牡蠣 BBQ 穴水町 石川県 能登 【田舎体験】ルーシーとの3時間 ~ 牡蠣の新調理方法とマルティニ…
  7. countryside rural experience tour in Japan 田舎体験 田舎体験:アイルランドやアメリカからの“美女”たち 夏の醍醐味『…
  8. 穴水駅 跨線橋 牡蠣 かき Oyster at Noto Ishikawa Anamizu Station Bridge 牡蠣の田舎旅スポット『穴水駅ホームあつあつ亭』 3日間で650人…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

2020年7月10日付 北國新聞朝刊「横浜の40代夫婦、3カ月滞在 コロナ禍 穴水で車中泊 自然、人情に触れ『来て良かった』」 【メディア掲載】北國新聞 田舎バックパッカーハウス滞在の秋葉さん夫婦、生馬と結生が親子で同日メディア掲載 地方移住 小学校 子育て 穴水町 石川県 田舎バックパッカーハウス 【娘の田舎暮らしと旅日記 – 奥能登・石川県穴水町】3じかんめのときたのしかったこと 秋葉博之 秋葉洋子 バンライフ 住める駐車場 穴水町 輪島 珠洲 能登町 石川県 車中泊 石川県の住める駐車場「田舎バックパッカーハウス」に帰ってきた本格バンライファー夫婦 珠洲 つばき茶屋 day 13.1 奥能登一周旅 珠洲の『つばき茶屋』へ 一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. 海 プール 田舎暮らし 遊び場 穴水町 岩車 石川県 能登
  2. 日経 AR 記事

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

田舎バックパッカーハウス <応募条件とご利用の申し込みについて>
『そばきり 仁』 築約400年 能登の“ちょい”世界遺産的な屋敷『中谷家』で再オープン
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
【田舎クルマ旅グッズ】買ってはいけない夏の“返金OK・返品不要”車中泊アイテム
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
【田舎旅】サブバッテリーの走行充電ができないとき、確認したいポイント
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。