Noto Anamizu Iwaguruma - 能登 穴水町 岩車

今秋も薪コーヒーと薪料理 ~ 能登の田舎で「毎日がキャンプ」 ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

能登・穴水町岩車 – さてさて、今年も秋の“薪”活用が始まったよ。

去年から始まったバックパッカーのライフスタイルの一部「毎日がキャンプ」。

今秋も始まった「毎日がキャンプ」のライフスタイル

今秋も始まった「毎日がキャンプ」のライフスタイル

薪割りは始まっているのだが、薪ストーブまではたどりついていないので、現時点では鎌倉から持ってきた鉄製の茶釜(ちゃがま)と風炉(ふろ、ふうろ)を活用している。

茶釜でお湯を沸かして、薪コーヒー、それに加え、銅の中華鍋やすき焼き用の鉄鍋を活用して、薪料理が可能。風炉は工夫次第で、用途が広がる。

能登・穴水町岩車 - 娘・子どもたちに、薪生活含め自然から体感する生活の選択肢があることを知ってほしい。

能登・穴水町岩車 – 娘・子どもたちに、薪生活含め自然から体感する生活の選択肢があることを知ってほしい。

 

薪とぼくの関係…
できる“薪”暮らし/ライフスタイル

遡れば、アメリカ・オレゴン州での高校時代、勉強が大変なときに、薪割りして、薪ストーブを活用して暖をとっていた家族と住んでいた。

今秋も始まった「毎日がキャンプ」のライフスタイル

今秋も始まった「毎日がキャンプ」のライフスタイル

アメリカ・オレゴン州ポートランドでの高校時代。家の前に山積みになった薪を割るのが毎年の作業。この4倍の量の薪が毎年家の前に山積みに...薪割り作業はなかなか大変。この年は出遅れて、雪が積もり始めてしまった。

アメリカ・オレゴン州ポートランドでの高校時代。家の前に山積みになった薪を割るのが毎年の作業。この4倍の量の薪が毎年家の前に山積みに…薪割り作業はなかなか大変。この年は出遅れて、雪が積もり始めてしまった。

会社生活が続き…当時のライフスタイルは頭の片隅で眠りはじめ、田舎へのバックパッカー旅で再び蘇った。

東京/都会暮らしで忙しいと、人工物に囲まれていたので、昔のライフスタイルのことなんかすっかり忘れてしまっていた。忘れていたよりも…「大自然あるオレゴンだからできて、日本でそんな暮らしができるわけがないよなぁ」という勝手な思い込みのほうが強かったのかもしれない。

能登・穴水町岩車 - 家の裏で風炉と茶釜を活用して、薪料理に薪コーヒー。

能登・穴水町岩車 – 家の裏で風炉と茶釜を活用して、薪料理に薪コーヒー。

特に、発展した都市である東京や神奈川に住んで、周りが会社勤務の人たちばかりだと、目の当たりするものが「当たり前の生活」になってしまう。

会社生活を離れ、バックパッカー旅で、徳島県神山町のサダファミリー、上勝町の中村修さん、長崎県五島列島 小値賀島のぶうさんと出会い、薪風呂や薪料理をしている人たちと出会うことで、デジャブのように…オレゴンでの高校時代のライフスタイルを思い出し…『里山があると薪がある』 できる範囲で私生活に“薪”を使いたいと考え始めた。

近所の新田信明さんが山で切り倒した木、その木枝を薪にして、家の隅に追いやられていた茶釜と風路を引っ張りだしてきて、お湯を沸かしたり、コーヒーを入れる。

能登・穴水町岩車 - 新田信明さんの山で薪づくり、薪小屋づくり。

能登・穴水町岩車 – 新田信明さんの山で薪づくり、薪小屋づくり。

木枝は薪コーヒーや薪料理用途、斧で割った薪は薪ストーブ用だ。薪ストーブ用の薪づくりは現在進行中。

ちなみに、田舎/地方には山が多いが、山は「誰かの土地」で所有者が誰かしらいるので、勝手に入ったり、木を切り倒したりすることはできない。

能登・穴水町岩車 - すき焼き用の鍋を活用して、コロッケまで。

能登・穴水町岩車 – すき焼き用の鍋を活用して、コロッケまで。

 

落ち着く薪火…

火鉢や鉄瓶はその昔、ぼくのおばあちゃんおじいちゃんが使っていたもの。本来、勢いよく火を熾して活用するものではないかと思うが、使い方は自由、応用が利く。

ありふれた自然エネルギーを活用することは楽しいし、火は見ていると落ち着く…

能登・穴水町岩車 - ろうそくで周辺に灯りを...

能登・穴水町岩車 – ろうそくで周辺に灯りを…

能登の里山…田舎の山には…もったいないほどのエネルギー資源がある。

可能な範囲で利活用して、薪生活を楽しみたいところ。よく考えると、“毎日がキャンプ”のライフスタイルにもなる。

今年は薪をさらに活用して薪ストーブを導入したいところだ。

能登・穴水町岩車 - 鉄瓶の鉄分たっぷりのお湯にコーヒー、1杯100円でどうだろうか。

能登・穴水町岩車 – 鉄瓶の鉄分たっぷりのお湯にコーヒー、1杯100円でどうだろうか。

能登・穴水町岩車 - 薪料理。餃子も薪で焼く。

能登・穴水町岩車 – 薪料理。餃子も薪で焼く。

能登・穴水町岩車 - 薪料理。雑炊も。

能登・穴水町岩車 – 薪料理。雑炊も。

能登・穴水町岩車 - 薪で火を熾してここでリラックスすることも。

能登・穴水町岩車 – 薪で火を熾してここでリラックスすることも。

能登・穴水町岩車 - 2014年。結生も薪火のそばで遊んでた。

能登・穴水町岩車 – 2014年。結生も薪火のそばで遊んでた。

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 能登へ田舎旅…ジャパンテント三日目 朝食に「Mohinga」&…
  2. 外国人 海外 移住者 穴水町 石川県 foreigner in ishikawa どこにでもあるような東京よりもリアルな“日本”を見たい ヨーロッ…
  3. yui after connor jessup left なぜ映画監督・俳優のコナー・ジェサップは1日早く能登を旅立ったの…
  4. アイルランド 『Game of Thrones』と『Star Wars』のロケ…
  5. 牡蠣漁師体験 『“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験』1日目 能登空港到着…
  6. 穴水町 岩車 田舎バックパッカーファミリー、近日中に再び“移住”か?! ~ 次…
  7. water-purifier-tank 高槻 浄化槽 ポンプ 能登での田舎暮らし:合併浄化槽のポンプ ブロワー自身で修復
  8. 田舎には大根だらけの乗り物がある

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師 能登・穴水町最大の牡蠣祭典「雪中ジャンボかきまつり」の裏にいる牡蠣漁師 ~ 岩車から1トントラックで運ばれた2万6千個以上の牡蠣 ~ Milky way stars in Japan 能登半島 穴水町 星空 天の川 【星空旅スポット】能登半島の農山漁村「岩車」 無数の星に囲まれて 米国人一家 水揚げ体験 穴水 能登かきに舌鼓 能登地方を家族旅行で訪れた米国人三人が三日、穴水町岩車で、旬を迎えている特産「能登かき」の水揚げ作業を体験し、日本の漁業や食文化について理解を深めた。参加したのは金沢市内の高校で外国語指導助手(ALT)を務めるパトリック・ケイレブ・フレンドさん(26)と、米国・テキサス州から初めて来日した父親のパトリック・フレンドさん(51)、母親のエイミー・フレンドさん(51)。能登半島で体験型の旅を企画している中川生馬さん(40)=岩車=が協力した。三人は二日、同町に到着し、殻が付いた能登かきのバーベキューや、地元産のワインや日本酒を味わった。翌三日、漁師の河端譲さん(45)=同=が養殖しているかき棚でいかだにつるされたかきを引き上げた。漁師の仕事に強い関心を寄せ、複数に固まったかきを一つずつばらす作業も熱心に行った。パトリック・ケイレブさんは「日本の昔ながらの文化を楽しく体験できた」と喜び、父親のパトリックさんは「漁師の仕事の大切さや大変さを知ることができた。素晴らしい時間だった」と顔をほころばせた。エイミーさんは「かきの殻に残った汁に日本酒を入れて飲んだのがおいしかった」と通な飲み方を気に入った様子だった。三人は四日、帰路についた。(田井勇輝) 【メディア掲載】アメリカ・テキサス州出身の一家 能登・穴水町で田舎体験 Iwagruma Anamizu Ishikawa 能登半島 石川県 穴水町 岩車 農山漁村の『岩車』に移住した理由 ~ 東京で“埋もれる”よりも田舎へ ~ 田舎体験 countryside experience 【メディア掲載】能登・穴水町岩車『田舎体験』で盛り上がる『洋上パーティー』

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
vanlife asahi バンライフ 朝日新聞
  1. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  2. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
【バンライフ動向】朝日新聞の“選挙”コーナーにバンライフに関するコメント 女子大生バンライファー宮本芽依さん
田舎バックパッカーハウス < 公式概要と利用料金について>
冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~
【田舎で仕事】カナダ出身の映画俳優兼監督コナー・ジェサップ 『クリエイティブ“田舎”ワークスペース』で脚本執筆中
day 76.6 福岡県 小呂島 EXILEのミュージックスクール特待生 島田乾生くん家族とバックパッカー夫婦の夕べ
デルのノートパソコン 購入半年で三度目の修理、デルの最悪なサポート対応を暴露
【田舎旅】サブバッテリーの走行充電ができないとき、確認したいポイント
【田舎で仕事 ‐ 田舎バックパッカーハウス】「さよなら、ぼくのモンスター」のコナー・ジェサップが写真で語る『結生の能登暮らし』続編
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。