US Utah - アメリカ・ユタ州

アメリカ・ユタ州ソルトレイクシティでビジネス界著名教授ゲイリー・ハメルさんを取材 ~ スーツ姿のバックパッカーが“マネジメント・イノベーション”を取材?! ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アメリカ・ユタ州ソルトレイクシティ – さて、今日はビジネス界で世界的に著名教授Gary Hamel(ゲイリー・ハメル)さんの取材に向けた“打ち合わせ”や“準備”、そして実際の取材日でもある。

ビジネス界著名人であるゲイリーハメルさんを相手に...かなり様になっている取材風景だ。“田舎”や“旅”に関するトピックだけでなく、このような取材をとおして、違った角度からの視野が拡がる。

ビジネス界著名人であるゲイリーハメルさんを相手に…自分でも笑ってしまうぐらいかなり様になっている取材風景だ。“田舎”や“旅”に関するトピックだけでなく、このような取材をとおして、違った角度からの視野が拡がる。

ぼくのまわりでは知らない人が多いかと思うが、「取材が入るとは思わなかった」と言われるほど、取材設定が難しい著名教授。メールや電話での連絡を経て、ようやく取材へとこぎつけた。

 

ユタ州ソルトレイクシティでの取材

今回の“旅”は…国内ビジネス誌大手出版社ダイヤモンド社の出版部門の副編集長おとなぎさんとの出張だ。

ダイヤモンド社は、ビジネスマン向けの「週刊ダイヤモンド」や、経営者層向けの「ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス・レビュー」、数多くのビジネス関連の書籍を出版している。

英語での取材依頼、現場でのハメルさんの取材、取材原稿のラフ執筆まで、大変嬉しいことにもろもろコーディネート、サポートさせてもらった。

取材などもろもろのコーディネートに関しては約10年広報で培ったスキルが活きるが、ぼくは正直そこまで“ビジネスに精通したバックパッカー”ではないので…

今回のトピック「ビジネス・イノベーション」や「ビジネス・マネジメント2.0」に関しては詳しいわけではない。そうとは言えども、これまでのノウハウから、説明してもらえれば、ざっくりだがピックアップできる。

そこで一番参考になったのは音なぎさんからの事前ブリーフィングだった。実際に語り合うことが一番頭に入ってくる。

アメリカ・ユタ州ソルトレイクシティ - 当初取材時間は1時間程度だったが、3時間あまり時間を割いていただいた。来日計画も浮上した…それだけ充実した取材内容だった。

アメリカ・ユタ州ソルトレイクシティ – 当初取材時間は1時間程度だったが、3時間あまり時間を割いていただいた。来日計画も浮上した…それだけ充実した取材内容だった。

 

ゲイリー・ハメル教授の取材内容を“ざっくり”

ハメルさんの話しの中には、ぼくがオレゴン大学に通っていた時、政治・経済で勉強した哲学者の名前が多々登場した。

かなり“ざっくり”ではあるが、主に語られたトピックは、世界のビジネスは生産性が鈍化していて、新たな革新的な製品が世の中に出ていない、これまで工場など生産性工場や効率化が図られてきたが、マネジメント/組織の進化は全くされていないという点だ。

現在の社会/組織は階級制度にとらわれすぎていて、現場スタッフの声を活かせていない。

よりフラットでスタッフの個性を活かすことができるワークスタイルの現場に転換することで、大きなイノベーションは起きる可能性が高まるわけだ。

ダイヤモンド社おとなぎ副編集長による、「ビジネス・マネジメント2.0」を語るゲイリー・ハメル教授のインタビュー。

ダイヤモンド社おとなぎ副編集長に「ビジネス・マネジメント2.0」を語るゲイリー・ハメル教授。マネジメントにはイノベーションが必要だ。

CEO(最高経営責任者)はそれに気づいているが、従来どおりの固定概念が強いマネージャータイプの人たちは(極端に言えば)古い考え方で現場にいる若手部下たちの声を押さえつけようとしている。

が、フェイスブック、ツイッター、ブログなどのソーシャルメディアの発展で、少しづつではあるが変化の方向へ向かっているわけだ。

いわゆる個々のクリエイティビティ/創造的意見なくして、組織にイノベーションは起きない。それには、マネジメント/組織の大々的な革新が必要というわけだ。

今回の取材、1時間の予定だったが、なんと…有り難いことに、約3時間も取材時間をいただき、しかも…現時点では公開できないが、もろもろオファーをいただいた。

 

どんどん動く…やれることから着々と

田舎、旅だけでなく、自分のスキルをフル活用して、やれることからどんどんやって、動いていく。

一つの分野に選択して集中することも良いんだろうけど、このような“体験”から“視野”も拡がっていいなぁっと感じる。一つの“私事”テーマを持ち幅広く動きたい。

取り組んでいることは全てつながっていて…うまくつなげていると自分では思っている。そう自分が思えることが大切なんだと思うし、できると思うことはやってみればよいと思っている。チャレンジしてみないことにはなにも変化はない…なにも起きない。

IMG_0381

さて、ゲイリー・ハメルさんの3時間の取材を終え…バックパッカーのぼくは自身の“人生の転機”のスポット オレゴンへと飛ぶ。(続きはこちら(近日中にアップ予定))

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. SUUMOジャーナル ライター バンライフ 新生活様式 【田舎で仕事 – 広報】執筆記事が4月の月間人気記事…
  2. 【田舎で仕事 – 広報】ISICOの情報誌にCars…
  3. backpacker anamizu ishikawa noto japan 田舎 バックパッカー 穴水町 石川県 田舎で『広報』仕事:“葉っぱ”ビジネス いろどりで再び東京&鎌倉…
  4. 能登 穴水町 岩車 夕焼け 海辺の綺麗な村 田んぼ Ishikawa Anamizu Iwaguruma beautiful Village by a port and ocean rice field 旅のIT活用: 海外・国内 旅、便利な旅券情報サイトまとめ &#…
  5. Quora QAサイト CEO 取材 アダム・ディアンジェロ Adam D’Angelo Facebook CTO interview 【田舎で仕事 – ライター】元フェイスブックCTOが…
  6. 田舎で仕事: 日経産業新聞1面に再びカーステイ
  7. 田舎 地方 仕事 田舎で仕事『ライター』:『できるときにどんどんやる!』のフリーラ…
  8. 奥飛騨 紅葉 hida autumn 田舎旅: 奥飛騨の紅葉 そろそろ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

穴水町 田舎体験 移住者 鎌倉 村尾茂雄 キリコ祭り 【メディア掲載】キリコ祭りの『田舎体験』で縁結ばれた村尾さん夫婦 能登・穴水町岩車へ カーステイ キャンピングカー ゴールデンウィーク 地方の空き地を有効活用して収入を得る方法とは? 穴水町 LTE 4G 5G 携帯電波 【田舎でITレビュー】穴水町岩車の田舎で突然LTEが入り始めた ~ 田舎移住で欠かせないモバイル通信 ~ 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師 能登・穴水町最大の牡蠣祭典「雪中ジャンボかきまつり」の裏にいる牡蠣漁師 ~ 岩車から1トントラックで運ばれた2万6千個以上の牡蠣 ~ バンライフ 車中泊 アイテム パソコン 運転席 タブレット Surface Go 【動くオフィスでITレビュー】車中ワーケーション、ハンドルにハマるSurface GOが最強“車内”タブレットPC

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan
  1. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス,田舎時間, countryside life in japan, inaka jikan
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan
  5. 石川テレビ イスラム 松井誠志 中川生馬 バンライフ
  6. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
【能登での田舎暮らし】主婦の財布に優しすぎる 新鮮&格安スーパー『どんたく』対『江ノ島』
【娘の田舎暮らしと旅日記】くりひろいをしてたのしかったこと
長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも
田舎体験 2日目 奥能登一周 海女さん絶景食堂『つばき茶屋』の“でまかせ”
<写真で見る>能登・穴水町の とある一軒の田舎/地方の空き家
田舎バックパッカーハウス < 公式概要と利用料金について>
田舎でITレビュー: ストレージをHDDからSSDに交換 PCを倍以上に高速化
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。