Work in Inaka / Countryside - 田舎/地方で仕事

今月も田舎と都会間を飛んでいる… 田舎で仕事する方法の“秘訣”を少し綴ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

神奈川県鎌倉市 – 昨日、能登空港から羽田空港へ飛んだ。

東京の情報セキュリティのITベンチャーの広報をサポートさせてもらっている。

“田舎から都会へ”出張する出向スタイルをとっていて、毎月、能登空港と羽田空港間を行き来しているのだ。ときには、バックパッカーで活用することが多い夜行バスも活用する。

 

田舎で仕事…

「田舎暮らし=現地で仕事する」のスタイルだけではない。

今の時代、遠隔からや工夫次第で「田舎に仕事がない」は解消できる。もうそのネガティブ思考の考え方は古いとぼくは言いきりたい。

時代時代に合わせた取り組み方、様々なやり方が存在すると思っている。そんなことを少しだけ…綴ってみた。

能登空港から羽田空港へ飛ぶバックパッカー

能登空港から羽田空港へ飛ぶバックパッカー。“旅”のスタイルも様々…

 

今自身が行っている仕事を田舎で継続したいのであれば…

1. 仕事、勉強などなど自身がやりたいこと…今取り組んでいることを、つらくても、とにかく楽しく一生懸命行い、自分のスキルとして構築していくこと。それは“工夫”、“創造力”次第でいずれどんな場所でも活かせる。

2. 1点目とつながるかもしれないが、「田舎でこの仕事はできないだろうなぁ…」と考えるより…「どうやって工夫したら今持っているスキルを活かせるだろうか…」と考える。

3.「なんでも乗りきろう」とする強い自分をもつ。

ことが重要。

とにかく、常に今の私事/仕事を疲れていても楽しく“きちんと”行う。それが“田舎でやっていく”一つの秘訣だと思っている。

しっかりやらなければ…田舎でやっていくことは難しいと思う。とにかく、田舎にいようが都会にいようが、“がむしゃらに”楽しく頑張る/勝負していくことだ。そこには強いやる気と精神力が必要。

どこでにいてもいい。とにかく今取り組んでいる仕事…もちろんそれは自分がやりたいことというのは第一条件だが…そこをしっかりやればスキルが構築され活かされる。

機内でSurface Pro 3をひろげる。

機内でSurface Pro 3をひろげる。

そして、これが“遊動民”的に生き、仕事をする一つの秘訣でもあると最近感じている…

 

ぼくの場合…

2つの軸の中にある仕事の一つとして、移住する前から広報を入れていた。

ただ、田舎では、広報といえば「町の広報誌」をイメージしてしまい、「広報=対メディアの仕事」ってことを理解している人が少ない…理解している人と出会ったことがないと言っても過言ではないかもしれない。

そんな背景から、(一つの仕事としていれてはいたが)田舎で広報の仕事をすることは難しいと思っていた。

都会でも、広報と広告の違いを分かっていない人が多い。ぼくの周りにいる人でも何度も説明しても理解できないぐらいだ。

だが、ある日、ITベンチャー企業のスタディスト社から大変有り難いことに連絡をもらい

遠隔でもいいので広報サポートをしてほしい」

という連絡をいただいた。

遠隔からできる仕事として、ウェブ構築や執筆などが一般的に挙げられる。そして…広報は現場重視の仕事と考える人が多い。

「スタディスト社は東京が本社…能登から500キロ離れた遠隔地。能登や石川県の会社ではない」

ここで、ぼくは断るか…迷ったが…シンプルな発想の転換を行った。

ここで「難しい」と考えてはいけなくて…

「なんとかやってみる方向で考えてみよう」

「どうやってやれば、こんな有り難い話しを受け入れることができるか」と従来の広報の仕事スタイルを取りのぞくことを考えなけえればいけない。

具体的にどうしたのか…って話しは後々していくとして

それが「どこにいても仕事につなげられる」スタイルを生み出す秘訣だとぼくは思っている。

そして、「田舎=農業・漁業・林業などの第一産業の仕事」とも考えがちだが、考え方とやり方次第で、田舎ではあらゆる仕事ができる。

過疎化に関しても「過疎化=仕事がない」と考えがちだが、「過疎化=ないものが多い&不便=そこには隙間産業や必要なものが多い」と考えれば、今の時代だからこそ、仕事として成り立つものは沢山あるだろう。

もちろんそう簡単ではないが…

「ぼくのようなバカでもなんとかやっているわけだから、ぼくよりもできる人は沢山いるはずだ」

っとぼくは常に思っている。

まず「田舎に仕事がない…」という固定概念は取り外すことから始めるといい…

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. cbcテレビ チャント バンライフ ミチトライフ 矢井田夫婦 【田舎で仕事 – 広報】東海エリア「CBCテレビ」が…
  2. 日経ビジネス 農業 特集 穴水町 Nikkei Business agriculture feature 田舎で仕事<広報> 穴水町岩車の農家が登場した国内最大のビジネス…
  3. 中日新聞 車中泊で白山麓の旅を 企業、大学、住民連携 密のない交流 発信 【メディア掲載】中日新聞1面トップ『車中泊で白山麓の旅を 企業、…
  4. 父 娘 旅 father daughter travel 田舎旅:リアルな田舎「鎌倉」へ 石川県から
  5. 日本の田舎/地方からアメリカ・ユタ州とオレゴン州への空旅 ~ バ…
  6. コナー・ジェサップ DVD falling skies フォーリングスカイズ 『クリエイター向け“田舎”ワークスペース』で脚本執筆中のコナー・…
  7. 【田舎で仕事 – 広報】ISICOの情報誌にCars…
  8. 2017年9月4日 朝日新聞 Globe Asahi newspaper globe 田舎で仕事『広報』:全国紙「朝日新聞 The GLOBE」にSi…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師 能登・穴水町最大の牡蠣祭典「雪中ジャンボかきまつり」の裏にいる牡蠣漁師 ~ 岩車から1トントラックで運ばれた2万6千個以上の牡蠣 ~ マイクロソフト Surface Duo 製品群 【田舎でITレビュー】驚きのSurface新製品発表に新型Surface Bookがない理由 田舎 薪味噌 anamizu iwaguruma making miso experience 【田舎暮らし体験】<動画>薪を使った田舎ならではの味噌作り ~ “食”を作る楽しみを体感 ~ 朝日新聞, バンライフ, asahi, vanlife 【メディア掲載】ライフスタイル年齢問わず・幅広く、朝日新聞『日本のバンライフはいま 自由求め、家動かし人とつながり』 day 12 奥能登一周旅 職務質問されるバックパッカー ~ 真浦海岸から大谷へ ~

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. トヨタ ハイエース, hiace toyota
  5. 穴水町 鮭, salmon in anamizu Ishikawa, 石川県 鮭
  6. 能登 うさぎ, 穴水, 石川県 野生動物, rabbit anamizu

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
奥能登・穴水に移住看護師がオープン かき氷カフェ『ウミネコパーラー』
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
【メディア掲載】 トヨタ自動車の社内報「TESマガジン」2019年10月号に登場 〜 時代 〜
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
石川県内最大手地方銀行から農家に 能登岩車の33枚の田んぼをカボチャ畑に転換 ~ “ノルマ”は“能登の里山”の赤土で甘~い2万個のカボチャと1千万円 ~
【能登での田舎暮らし】主婦の財布に優しすぎる 新鮮&格安スーパー『どんたく』対『江ノ島』
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。