Media / PR - メディア掲載

田舎バックパッカー、9月11日発売の八重洲出版「大人のクルマ旅」(北東北版)で岩手・秋田・青森の“穴場”スポット紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

能登・穴水町岩車 – さて、9月11日に発売される旅雑誌「大人のクルマ旅 青森 秋田 岩手」(八重洲出版)に、ぼくが執筆した内容が掲載された。中でも“田舎バックパッカー”夫婦のぼくらが担当したページは「田舎バックパッカー夫婦がいく!北東北 穴場キャラバン」(計6ページ)。

北海道に次ぐ面セkを誇る岩手県。ここ岩手県では地底人に会える!?ここは有名な龍泉洞(りゅうせんどう)ではない...写真に小さい人が見えるだろうか?この彼こそが「地底人 No.1」。“おそらく”日本で唯一認定された「地底人」だろう。一体ここはどこなのだろうか…こんな「地底の世界」が日本にあるなんて…誰が想像しているだろうか…詳しくは「大人のクルマ旅」を見てほしい。

北海道に次ぐ面セkを誇る岩手県。ここ岩手県では地底人に会える!?ここは有名な龍泉洞(りゅうせんどう)ではない...写真に小さい人が見えるだろうか?この彼こそが「地底人 No.1」。“おそらく”日本で唯一認定された「地底人」だろう。一体ここはどこなのだろうか…こんな「地底の世界」が日本にあるなんて…誰が想像しているだろうか…詳しくは「大人のクルマ旅」を見てほしい。

前回のブログで北東北へ行ったことを書いたが、それは旅雑誌「大人のクルマ旅」の取材のため。

ぼくらは8月中旬ごろ、北東北3県へ。担当したページは、青森、秋田、岩手3県の「穴場」スポット。取材先はいわゆる、メジャーな観光雑誌にはあまり取り上げられないマイナーで「現地の人ぞ知るスポット」ばかりがターゲット。

観光地ばかり行ってもおもしろくない!

せっかく田舎を旅してまわっていたのだから、ぼくららしさが出る、観光地ではないが、“良い穴場”を紹介したいと思った。

しかし、そんな場所…そう簡単に見つかるものではない…わけだ。なぜなら、いい場所なら他の人たちが、とっくに見つけているはずで、あまりに穴場すぎると、行く人が限定される。

もちろん事前に取材先のリサーチ、スケジュールを組んで、北東北へ向かったわけだが…「現地の人ぞ知るスポット」はぼくらの拠点「能登」の遠隔地から、探すことは中々難しいのが現実。

結花は青森出身だが、基本知っている場所は、ねぶた、酸ヶ湯温泉、八甲田山などのメジャーどころばかり…現地出身でも中々「穴場スポット」は知らないもの。

北東北はでかい!岩手は日本で2番目!

そして、この3県…実はかっなり広い。

47の都道府県のうち、岩手の面積は北海道に次ぎ2番目、秋田は6番目、青森は8番目に大きい。そんなトップ10に入る県を8日間で…1日約2県とは言っても、旅取材というのは、天候にも大きく左右される。

ここは青森県田舎館(いなかだて)の田んぼアート。ペイントではなく十数種類の米が使われた自然なデザインなのだ。ここも穴場なのかもしれないが…今回、「大人のクルマ旅」では紹介しきれなかった。

ここは青森県田舎館(いなかだて)の田んぼアート。ペイントではなく十数種類の米が使われた自然なデザインなのだ。ここも穴場なのかもしれないが…今回、「大人のクルマ旅」では紹介しきれなかった。

そして、なんとも残念なことに…この取材スケジュールを組んだ日程の最中、東北は記録的な大雨に見舞われたのだった…

そんな厳しい天気の状況に加え、北東北3県の取材日数は、わずか8日間だけ。なぜならその後の執筆や写真の整理などの作業も視野にいれなければならないからだ。

取材・写真・執筆はぼくのやりたかったこと。以前、ハイエースファンや、トヨタの取材から、大変嬉しいことに、今回の執筆へとつながった。

依頼されたことはすごく嬉しかった。「もしかしたらお願いするかもしれません」と、夏に八重洲出版へ挨拶に行ったときにあったのだが、ぼくの中では「依頼されると嬉しいけど…本当に連絡くるかなぁ」という気持ちがあった。

そして、まさか…このタイミング…っとは想定しておらず、ばたばたのスケジュールとなってしまったわけだ。

雑誌では紹介しきれなかったがここは青森県の「山のホテル」の食堂「マタギ飯」。熊を食った!

雑誌では紹介しきれなかったがここは青森県の「山のホテル」の食堂「マタギ飯」。熊を食った!

どたんばで全て“ひっくりかえした”取材先!?

事前に組んだ取材場所はズタズタだ。

「現地に行ったら行ったで…「おいおい、観光客多い!ここって…かなりメジャーじゃん!!」っと…

現地で急遽、取材先の立て直しだ!「スケジュール的に大丈夫か?!」と思うところだが、ここからがぼくらの強みの発揮どころ。

バックパッカー旅の初心に戻り、旅の醍醐味「出会い」に集中。岩手到着の初日8月2日から、出会い満載の旅となり、「現地の人ぞ知る穴場スポット」取材を実行した。

岩手では、現地の人ぞ知る超巨大な「地底の世界」…などなど、魅力満載で“ニッチな情報”が詰まった記事になっている。

これから紅葉の時期で、北東北へ行く人もいるだろう。「北東北へ紅葉を!」って人…「生馬たちは一体…どこへ行って、なにをやってんだ!」という人…是非見てほしい。

ここは岩手の厳美峡(げんびきょう)だが…ぼくらバックパッカー夫婦が「大人のクルマ旅」で紹介している場所は…ここではない。お楽しみの穴場/隠れスポットの続きは「大人のクルマ旅」を!

ここは岩手の厳美峡(げんびきょう)だが…ぼくらバックパッカー夫婦が「大人のクルマ旅」で紹介している場所は…ここではない。お楽しみの穴場/隠れスポットの続きは「大人のクルマ旅」を!

北東北出発前の…“バタバタ”裏話

実は、今年の夏第一回目の「“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験」後の7月22日(月)、広報案件の仕事で東京へ行き、その1週間後の29日(月)には、いろどり(つまもの)の“葉っぱ”で有名な徳島県上勝町へ行かなければいけなかった。

そして、徳島のエフエムびざん(FM79.1)番組「ぐるぐる漫遊記」(8月2日(金))に生出演後、滋賀・石川・新潟・山形を経由して、まずは岩手へ。岩手に到着した日は8月3日(土)。

※ちなみに徳島へは、ラジオ出演とは別途、“超”重要な用事。具体的には別途、明日にでも(?!)、紹介したい。

執筆の時間と、8月16日(金)からの第二回目の「ざっくばらんな田舎ライフスタイル体験」のために、能登へは8月11日(日)までに戻りたい…っと、そんな感じの強行スケジュール。

っと一息ついたと思ったら…10月予定の「里帰り出産」のためにまずは青森へ。そして…今、ぼくはまたまた、徳島県上勝町にいる。

そんなぼくらのハイエースがベースとなっているキャンピングカーのファミリーワゴンCは大活躍。(「クルマについて」や「ぼくらの旅スタイルについて」はこちらや こちら(今後詳細載せる予定!)

そんなこんなだけど、今日も元気に走っている。

ぼくらの“動く拠点”/ハイエースがベースとなっているキャンピングカーのファミリーワゴンCは大活躍。(「“動く拠点”」や「ぼくらの旅スタイル」に関する情報はこちらの雑誌を!

そんなこんなだけど、今日も元気に走っている。

ここは岩手県一関市の厳美峡(げんびきょう)。雑誌にはより“隠れた”スポットを特集して理う。

ここは岩手県一関市の厳美峡(げんびきょう)。雑誌にはより“隠れた”スポットを特集して理う。

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 



関連記事

  1. 能登・穴水町岩車(石川県) - バックパッカー中川生馬の娘 ラジオ 文化放送<AM1134>に登場! ~ 田舎でホントやって…
  2. 今日の北國新聞に登場 「移住男性『穴水おいで』首都圏の友人ら50…
  3. 田舎旅するバックパッカー、フィリピン最大手航空会社の機内誌「Sm…
  4. 中日新聞 田舎 仕事 メディア掲載:中日新聞『記者コラム 窓』~ 田舎は仕事ができる環…
  5. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 メディア掲載: “住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に滞…
  6. 田舎体験 countryside experience 田舎バックパッカーのメディア掲載:能登・岩車『田舎体験』で盛り上…
  7. 北陸中日新聞 カナダ人映画監督 穴水で脚本 能登暮らし 創造力刺激 コナージェサップ メディア掲載:中日新聞『カナダ人映画監督 穴水で脚本』コナー・ジ…
  8. NHK総合73分番組に田舎バックパッカーが生出演

コメント

Pickup Post

ウミネコパーラー 石川県 穴水町 足立秀幸 かき氷 カフェ Anamizu Shaved Ice Kakigori cafe 奥能登・穴水に移住看護師がオープン かき氷カフェ『ウミネコパーラー』 best yakiniku bbq meat in gotanda tokyo 五反田 最高の焼肉 うしごろ バンビーナ “ほどよい都会” 五反田の“スゴイ”焼肉店『うしごろ』 ~ “食”ブロガー一押しの焼肉 ~ winter snow tire in Hokuriku Ishikawa Noto Japan 北陸 石川県 能登半島 スタッドレス タイヤ 冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~ 穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ コワーキング Connor Jessup 田舎バックパッカーハウスの初代ユーザー、Netflixオリジナル映画「Locke & Key」に登場! 群青 吹奏楽団 天の川 チラシ ポスター 「星空のまち 穴水町」天の川の写真 九州・吹奏楽団「群青」コンサートのポスター画像に

今季の牡蠣出荷・販売開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

能登・石川県穴水町のシェアハウス・バンライフステーション『田舎バックパッカーハウス』

動く家 モバイルハウス 軽トラハウス モバイルハウスビレッジ
  1. Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島 キャンプ テント
  2. バックパッカー 石川県 日本
  3. 能登 石川県 穴水町 川尻 シェアハウス 田舎バックパッカーハウス
  4. オレゴンコースト 歩く
  5. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  6. 薪ラーメン 薪暮らし 田舎暮らし

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP