2011.02: <九州>福岡県(小呂島)・長崎県(池島・五島列島)

田舎バックパッカー夫婦が行く野生の鹿400頭&住民1人 “ワイルド・ワイルド”な野崎島

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

引き続き、「冒険する人生の記録」の続編だ。

五島列島 小値賀島(おぢかじま)の次に行った島は、野生の鹿400頭が生息する無人の野崎島(のざきじま)。

まさに“自然だけ…”と“人が住んでいた形跡だけ…”が残る野崎島。“無人の島”だから綺麗なままなのかもしれないね。坂の上メートルぐらい上から、海の底が見えるほど…これが本当のエメラルド色の海って言うんだろう。

いや…ここはエメラルド色を超える海って感じだった。そう簡単に表現できる色ではないほどの綺麗さ。

これまで沖縄や他ダイビングスポットの海外の島へも行ったけど、ここはまさに、知る人ぞ知る、透明度が半端なく、海が綺麗な島だよ。混雑する観光地の島へ行くよりは…五島列島のような、穴場的な島へ行ったほうが、得した気分になると思うよ。

“本当の自分の休み”をここで過ごせたり、“夫婦だけ・家族だけの時間をここで過ごせる”と思う。

この野崎島には、UNESCO(ユネスコ)の世界文化遺産登録を目指す「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の一つ「野首天主堂(旧野首教会)」がある。赤レンガづくりのクラシックな雰囲気がある。赤レンガと言えば…ぼくが“住みたくなる…カフェ”として紹介した鎌倉の“樹ガーデン”も思い出すよ。(樹ガーデンの内容はこちら

野崎島では、2001年に最後の住民が島を離れ、実質、人口が0人に。現在、住民登録している人は、島にある自然体験ができるアウトドア施設「野崎島ワイルドパーク自然学塾村(がくじゅくそん)」館長さん1人だけだが、実際住んでいるのは小値賀。

野崎島に今、住んでいるのは…400頭の鹿のみ。

そして…この無人島でも、新たな出会いが…「こんにちは」の挨拶から始まる出会い

一体全体、ぼくらの“出会い”運はどこまで続くのだろうか。

五島から鎌倉へと戻ると、公共広告機構では、「あいさつの魔法」というコマーシャルの放送が始まっていた。その中に「あいさつするたび、ともだちふえるね」という一言があるけど、バックパッカー旅をしているとその意味がよくわかるよ。

そこでのバックパッカー“イナ旅”の記録はこんな感じ。

気軽にお茶やビールを飲みながらでも、読んでみてよ。

day 90 人口0人・鹿400頭が住む五島列島の野崎島へ ~無人島でのミステリアスな“船旅人”との出会い~

day 90.1 五島列島 野崎島 風を操る“遊船人”的ライフスタイルの菊池さんとの出会い ~無人島に2週間 海の上を拠点にするスタイル~

次は、野崎島の中へと進むけど…そこでは、とんだ“大きな”ウン悪いハプニング…が起きてしまったよ。

昔の記録を読んでくれた人なら…この書き方で「またかぁ!?」と、わかってしまうかもしれないけどね。


ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)で広報責任者として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てられた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. day 86.2 ぼくらと同じ湘南エリア出身の移住者との出会い …
  2. 五島列島 クリーニング 森 goto ojika island mori day 87.2 「飲んじょるか? ほら、飲みなさい!」 五島…
  3. day 84.5 バックパッカーな“キムチ雑炊”?! 道でもらっ…
  4. day 81.2 長崎県 池島 「一体ここで何があったの…!?」…
  5. day 90.3 五島列島 世界遺産 暫定リストに登録されている…
  6. day 85.6 五島列島・宇久島(長崎県)と大宰府(福岡県)の…
  7. day 85.4 長崎県 五島列島・宇久島の隣にある人口14人の…
  8. day 81.5 長崎県 池島 海面下650mの炭鉱世界を“マン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

ジャパファンカップ サッカー 福島 国際親善試合 リトグリ 福島でU-18東北選抜 対 東南アジア選抜の国際親善試合「JapaFunCup<ジャパファンカップ>」開催 渡り鳥とカタツムリ, 車中泊 漫画 【メディア掲載】車中泊旅漫画「渡り鳥とカタツムリ」に能登・穴水町川尻の住める駐車場「田舎バックパッカーハウス」がリアルに登場中 2020年7月10日付 北國新聞朝刊「横浜の40代夫婦、3カ月滞在 コロナ禍 穴水で車中泊 自然、人情に触れ『来て良かった』」 【メディア掲載】北國新聞 田舎バックパッカーハウス滞在の秋葉さん夫婦、生馬と結生が親子で同日メディア掲載 石川県 穴水町 岩車漁港 落ち着く漁港 Ishikawa Noto Anamizu Iwaguruma relaxing spot in Japan ゴールデンウィーク中の奥能登の混雑具合 ~ オレゴン大学時代 友人との能登一周クルマ旅 ~ day 12 奥能登一周旅 職務質問されるバックパッカー ~ 真浦海岸から大谷へ ~

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
田舎バックパッカーハウス
  1. 田舎バックパッカーハウス
  2. やっさ祭り, 広島県三原市, yassa camp
  3. ノスケ バンライフ, 沖縄 ちより,田舎バックパッカーハウス,石川県 穴水町, 田舎暮らし,移住,地方移住,穴水町 車中泊,車中泊 石川県,japan,noto,ishikawa,inaka backpacker house,rv in ishikawa,rv station
  4. 田舎バックパッカーハウス,石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記,秋葉博之,秋葉洋子,ぶー散歩,穴水町 車中泊, child in the countryside japan,noto,ishikawa,inaka backpacker house,rv in ishikawa, sakura,
  5. 田舎で仕事, 石川県 移住,穴水町 移住,中川生馬

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
【田舎旅】サブバッテリーの走行充電ができないとき、確認したいポイント
【田舎バックパッカーハウス】「さよなら、ぼくのモンスター」のコナー・ジェサップが写真で語る『結生の能登暮らし』続編
田舎バックパッカーハウスの初代ユーザー、Netflixオリジナル映画「Locke & Key」に登場!
輪島に移住して20年以上 イギリス人漆芸作家Suzanne Ross(スザーン・ロス)さんとの出会いに関する旅記録1話目
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で 2話目
能登・石川県穴水町ならでは!を活かした地方移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
<写真で見る>能登・穴水町の とある一軒の田舎/地方の空き家
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。