INAKA Lifestyle Experience - 田舎ライフスタイル体験

“牡蠣の穴場”で冬の「ざっくばらんな田舎ライフスタイル体験」2日目・後編 ~ 能登の里山里海を味わう ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
石川県 能登半島 穴水町 牡蠣 炭火焼き Ishikawa Noto Oyster BBQ

さて、田舎バックパッカーが企画・実施した『“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験』は終盤。これから、穴水町沿いの湖のように穏やかな海目の前の車庫で、お待ちかねの小さな「炭火焼き牡蠣(カキ)祭り」だ。(前回の話しはこちら

世界農業遺産「能登の里山里海」の実力を“口に入れて”味わう!

 

みんなで水揚げした牡蠣を食す牡蠣祭り開催!

ちなみにこの牡蠣は、この日、水揚げ作業体験をした河端勝男さんが2年かけて大切に育てたもの(前編の「牡蠣の水揚げ作業」と「薪味噌作り」はこちらから)

能登 穴水町 牡蠣 炭火焼き

里山里海のミネラルを沢山取り入れて育った牡蠣。

石川県 能登 穴水町 一斗缶 牡蠣

【能登は穴場の牡蠣スポット。里山里海のミネラルが、最高の牡蠣を育てる。「里海の幸」の宝庫なのだ】

さすが!「能登の里山里海」として「世界農業遺産」に認定されていることだけある。

能登の牡蠣は最高に美味しかった。

石川県 穴水町 牡蠣 海

石川県 能登半島 穴水町 牡蠣棚

石川県 能登半島 穴水町 牡蠣漁師 体験

【山と海両面の豊かな自然のミネラルをたらふくに取り込んだ牡蠣は、ここ穴水町沿いの七尾北湾で育てられている。「能登の里山里海」の牡蠣棚】

ぼく自身 実は、牡蠣が好きではなかったのだが、能登・穴水町で牡蠣を食べて「牡蠣ってこんなに美味しかったの?!」と初めて感じたのだ。

能登で初めて牡蠣を体験したときは、50個近い牡蠣を食べたのではないだろうか…

一体、今回はみんな何個食べたのだろうか…牡蠣に夢中で数えてもないかなぁ…

石川県 能登半島 穴水町 牡蠣 炭火焼き  Ishikawa Noto Oyster BBQ

【能登・穴水町岩車での“ちいさ~な”炭火焼き牡蠣祭り: 「鱈汁」を味わいながら、炭で焼いている牡蠣を待つ たかちゃんとアルピンさん。「鱈汁を味わいながら待つ」ってのも贅沢な待ちかただなぁ】

まりちゃんは「私が今まで食べてた牡蠣は、牡蠣じゃなかったね(;O;)これが今回の旅の一番の大発見です(゜o゜;)

たかちゃんは「牡蠣ねー、ほんっと、あんなに美味しい牡蠣は生まれて初めて食べたよ!」とコメント。

石川県 能登半島 穴水町 牡蠣 炭火焼き バーベキュー Ishikawa Noto Oyster BBQ

【能登・穴水町岩車での“ちいさ~な”炭火焼き牡蠣祭り: みんな大満足な様子】

きっと、これまで食べた牡蠣も美味しかったんだろうが、今回能登で口にした牡蠣は圧倒的にこれまでの牡蠣を上回ったかと思う。これまで食べてきた牡蠣には申し訳ないが、「これまで食べてきた牡蠣はなんだったんだろう」と表現してしまうほどだ。

アルピンさんやのりちゃんも、もちろん大満足!大絶賛だった!

石川県 能登半島 穴水町 牡蠣 炭火焼き バーベキュー Ishikawa Noto Oyster BBQ

石川県 能登半島 穴水町 牡蠣 炭火焼き バーベキュー Ishikawa Noto Oyster BBQ

【能登・穴水町岩車での“ちいさ~な”炭火焼き牡蠣祭り: 一斗缶一杯の牡蠣。これだけではない。岩牡蠣、阿古屋貝(あこやがい)、鱈汁など海の幸満載】

ニッチな情報だが、能登の牡蠣は、日本オイスター協会の「日本一牡蠣決定戦」(2012年)の味部門で、長崎と並んで一位に。

牡蠣と言えば、広島とイメージする人が多いかもしれないが、能登は広島を超えるほどの味を誇り、知る人ぞ知る日本の牡蠣の穴場。

っと…牡蠣も美味だったのだが…(続きはこちら

石川県 能登半島 穴水町 牡蠣 炭火焼き バーベキュー Ishikawa Noto Oyster BBQ

<前回のストーリー: “薪”を使った“味噌造り”と“牡蠣の水揚げ作業” ~冬の“楽暖”で「ざっくばらんな田舎ライフスタイル体験」2日目・前編~

<次回のストーリー: “牡蠣の穴場”で冬の「ざっくばらんな田舎ライフスタイル体験」最終話 ~ 体験をベースにした旅 ~

 

ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

関連記事

  1. day 14.3 奥能登一周中 穴水町の『田舎暮らし体験』とは …
  2. cultural experience in Anamizu Ishikawa 石川県 穴水町 文化 田舎体験 アメリカ人一家、能登で田舎/文化体験 薪ストーブ囲って牡蠣メイン…
  3. 穴水町 川尻 事故 聖頌園 Anamizu Accident 速報:穴水町川尻の橋で老人ホームのクルマ転落事故
  4. お笑いコンビ『ヤスヨとヤスコ』の奥能登全域での田舎体験 前編
  5. remote countryside rural workspace share house office satellite office in Ishikawa Noto Japan Purchasing Japanese Traditional …
  6. wood stove anamizu noto ishiakawa 穴水町 中居 吉岡 薪ストーブ 能登での田舎暮らし: 焚付から始まる朝
  7. Jack Nicklin Harvey Sears in Japan 田舎体験 石川県 北陸新幹線走る外国人うけ良い寿司屋『もりもり寿し 能登総本店』
  8. 日本海倶楽部 ビール day 61 バックパッカー夫婦の誕生日 ~ 新田さん夫婦と数馬…

コメント

    • 小野貴子
    • 2013年 2月 26日

    この『牡蠣祭り』は、もう言葉に尽くせないくらいとにかく美食の集まりでした。<br />前日に捕獲して喜んでた(笑)ナマコも、バッチリ美味しくいただけて満足♪<br />そして牡蠣、かき、カキ!!!!おっきいし美味しすぎるのに、量が半端なくて幻かと思ったよ☆<br />アコヤ貝も美味しかったね~!<br />そして、そう、鱈汁ね、さいこーだったね!白子もバンバン入っててビックリしたもん。<br />現地のみなさんがお肌つるっつるなのは、やっぱりお魚から栄養たっぷり摂ってるからなんだろうね。<br />地酒もみんな美味しそうに飲んでたね!<br /><br />今回は、とても寒かったけど『楽暖』で本当に充実した楽しいハートウォーミングな3日間でした!<br />こんな貴重な体験をさせてくれて、本当に感謝しています(^з^)-☆

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 メディア掲載: “住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に 動く家 モバイルハウス 軽トラハウス モバイルハウスビレッジ こんな家いかが?走るよこの「ワンベッドルーム軽トラック」 hiace cruise control ハイエース クルーズコントロール クルコン 長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも 上勝町 紅葉 “葉っぱ”の町へ再び…バックパッカー✖クルマ“私事”旅 動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」中川生馬さん(右)と会話を弾ませて交流を深める赤井成彰さん=穴水町川尻で 写真 金沢の赤井さん、穴水で魅力伝える 宿泊型移動車「モバイルハウス」で一風変わった旅をしている赤井成彰さん(30)=金沢市=が二十九、三十の両日、穴水町川尻に宿泊し、なじみの薄いモバイルハウスの面白さを町民らに伝えた。(田井勇輝)赤井さんは昨年春、営業社員だった大手玩具メーカーを退社。ハワイでの暮らしを夢見て、貯金するため家賃を節約しようとさまざまな生活の仕方を模索。家を持たないで車内や荷台で寝泊まりしながら生活するモバイルハウスと出合った。中古の一トントラックを購入し、昨年十月から荷台で部屋作りを開始。長さ二・五メートル、幅一・六メートル、高さ一・九メートルの木製による落ち着きある空間を手掛けた。壁を開閉して楽しめる縁側や、天窓、折り畳み式机といった工夫を凝らした家具を設置。外壁はオレンジ色と茶色の細長い板千枚以上を組み合わせ、魚のうろこを表した。製作は今年一月に終了。車の購入と製作の総額約九十万円の大部分は資金を募るクラウドファンディングで集めた。モバイルハウスの可能性だけでなく、全国の魅力ある人や場所を探そうと、今月二十七日に金沢市を出発。車中泊可能な場所を検索できるサイト「カーステイ」で、中川生馬さん(40)=同町岩車=が運営する場所を見つけ訪れた。赤井さんは中川さんや通り掛かった住民に「まさに動く個室。行った場所がどこでも庭になる」と熱く語った。バックパッカーとして国内を旅した経験がある中川さんとはうまが合い、縁側でいつまでも会話を弾ませていた。赤井さんは十一月末まで全国を巡る予定。三十日は珠洲市、三十一日は七尾市能登島で泊まり、その後県外に出る。 【メディア掲載】中日新聞『動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」』

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登

  1. 能登 かき 穴水町 牡蠣 石川県 金沢
  2. 田舎 広報 仕事
  3. SUUMOジャーナル ライター バンライフ 新生活様式
  4. SNS 中傷 コメント
  5. 長期滞在 車中泊スポット 住める駐車場 シェアハウス 能登 石川県 穴水町

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP