Kamikatsu Town - 上勝町

映画「人生、いろどり」ロケ地 上勝町の「かおり風景100選」の上勝晩茶「神田茶の里」 – 二話目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
上勝晩茶 葉っぱ 上勝町 人生いろどり ロケ地

徳島県勝浦郡上勝町 – ここ上勝町の「神田茶の里」は、晩茶のいい匂いが香る場所。(前回のお話しはこちら

上勝へ行く前の8月中旬に、静岡へ行ったが、なぜか…茶の香りがあった記憶はほとんどない。

「神田茶の里」の地域一帯では、晩茶農家が、昔ながらの特別な製法を使い、外で茶葉を天日干ししていることから、地域一帯に晩茶の香りが漂うわけだ。

山々が晩茶を囲み、その香りをここに閉じ込めている。

神田茶の里 棚田 人生いろどり ロケ地 巡り 田舎 カエル

【徳島県上勝町 – 映画「人生、いろどり」ロケ地を歩く。「神田茶の里」で晩茶の天日干しを見学しているときに、晩茶の葉っぱにカエルがひょこっと現れた】

“茶”を想像すると、やはり最初に静岡産の緑茶をイメージし、「あ~あのよく飲む緑茶の香り?」と思う人が多いと思うが、全く違うのだ。

一言で言うと、深くて香ばしい麦茶っぽい香り…とぼくらは感じた。

それでちょっとした甘み…もある。味もそんな感じで、緑茶のような苦味がなく、年齢問わず飲みやすい。子どもが緑茶を飲んだ場合、「にがい~」というのが最初の印象だと思うが、緑茶独特の味や香りは全くしない

色は黄土色というか、明るい肌色…山吹色というのだろうか

つくったばかりの晩茶をいただいた。紅茶と緑茶の中間…いや…どちらか言うと麦茶に近いような気がするが、麦茶よりも味が濃くて…“自然の香ばしさ”がする茶だった。

晩茶作業をしていたおばさんから、この周辺について説明を聞いた後、晩茶の葉っぱを干している現場を見学した。

上勝町 猿滝 幻の滝 人生いろどり ロケ地 tokushima kamikatsu

【徳島県上勝町 – 映画「人生、いろどり」ロケ地をバックパッカーが“田舎旅”して駆け巡る。この写真は「神田茶の里」にある「猿滝」。上勝町は“葉っぱ”だけではない。水も豊富な町だ。町の中心には、勝浦川が流れ、山に行けば滝もある。どこに行っても水が流れている】


 

番茶/晩茶の歴史が長い上勝町

上勝町は、上勝晩茶(阿波晩茶)の発祥の地として知られ、上勝晩茶は800年も前から“秘伝の製法”でつくられている。以前、株式会社いろどりのインターンで上勝町へ来た時、そんな話しを聞いたことがあった。

この晩茶には、平安時代末期から鎌倉時代に遡る、伝承ストーリーがある。

平清盛を熱病から回復させるために、清盛の家臣(かしん)横尾権守(ごんのかみ)が、妙薬を探しに中国大陸に渡った。

その“妙薬”とやらが、“晩茶”の製法だったそうだ。しかし、晩茶の製法を中国で学び、帰国した時には、既に清盛は熱病で病死。そして、平氏は、「壇の浦の戦い」で、源氏に敗れたのだ。

上勝晩茶 葉っぱ 上勝町 人生いろどり ロケ地

その後、平家の落人となった横尾権守は、四国に下り徳島県日和佐から山に入り地田(じでん)の岩屋で休んでいた時にお茶の木を見つけた。そこで、中国で学んだ晩茶の製法を地域に伝えたのが「阿波晩茶」または「上勝晩茶」として今に伝わっているそうだ。

この製法の最大の特長は茶葉を乳酸菌で発酵する手法で、主に「後発酵茶(こうはっこうちゃ)」と知られる。

太陽を浴びて育った一番茶を手で摘み収穫し、茶葉を茹でて、約1ヶ月、木桶で乳酸発酵する。その後、天日干しにして、仕上げる。

“神田茶(じでんちゃ)”や“上勝晩茶”は、古来より不老長寿の妙薬とも言われ、製法が今に受け継がれているそうだ。

そんな製法と背景から、上勝のおばあちゃん・おじいちゃんたちは元気なのかもしれない…

ちなみに、漢字一文字違う“番茶”とは製法が全く違う。番茶の場合は基本、天日干しなど干すのみで終わる。

この上勝の晩茶の製法では、茶葉の天日干しの他、約1カ月間 乳酸発酵するなどの製法が加わっている。

いろどり晩茶 上勝町 後発酵茶 不老長寿の妙薬

ちなみにこの上勝の晩茶…

いろどりでインターンシップに参加し上勝に移住した井川圭太郎さんが今年(2012年)8月から、晩茶をペットボトル化した「いろどり晩茶」を、500ミリリットル158円で販売開始した。

今は徳島県内で売られているそうだが、全国での販売が開始されるのも近いかもしれない。

さて…アートスポット「もくもくもく」へと進む。(続きはこちら

<次回のロケ地スポット: 映画「人生、いろどり」ロケ地 「江田家族の山」へ – 上勝のアート「もくもくもく」と「田野々の棚田」

<前回の映画「人生、いろどり」のロケ地スポット: 映画「人生、いろどり」舞台 上勝町「江田家族の山」へ – 「かおり風景100選」の上勝晩茶「神田茶の里」 – 一話目

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

 

関連記事

  1. バックパッカー 中川結花子 day 44.1 徳島県 上勝町から小松島 焼肉屋『団十郎』へ …
  2. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan 新米の季節 棚田だらけの徳島県上勝町で学んだ「美味しいお米の炊き…
  3. 徳島県 上勝町 もくもくもく アート 葉っぱ tokushima kamikatsu leaf 田舎旅:“人生の見直し”を考えさせられる映画「人生、いろどり」ロ…
  4. 徳島県 上勝町 叫ぶ もくもくもく 一望スポット 映画「人生、いろどり」ロケ地 上勝町「かおり風景100選」の上勝…
  5. 上勝町 ごみ ゼロウェイスト オピニオン: 人口約1500人の町、世界の政財界リーダー集まるダ…
  6. 土砂崩れ 徳島県 上勝町 神山町 day 43.1 徳島県 神山町から上勝町への『やばい』山越え7…
  7. 夫婦 仲良し バックパッカー day 43.2 徳島県 神山町から上勝町への『やばい』山越え8…
  8. 上勝町 もくもくもく 人生いろどりロケ地 上勝町 全体撮影 tokushima kamikatsu backpacker japan 徳島県上勝町へのバックパッカー+ハイエースの“動く拠点”旅ストー…

Pickup Post

石川県 志賀町 非核宣言 能登の田舎にある志賀原発 再稼働するのか?大丈夫なのだろうか? Iwagruma Anamizu Ishikawa 能登半島 石川県 穴水町 岩車 農山漁村の『岩車』に移住した理由 ~ 東京で“埋もれる”よりも田舎へ ~ creative coffee shop countryside in Japan 能登での田舎暮らし: 穴水町岩車にカフェ?! 福岡県 小呂島 day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~ 天草 バックパッカー夫婦 テント泊 day 99.5 旅人のトイレと風呂に関する“革新的”な発想?!

今季の牡蠣出荷・販売開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

能登・石川県穴水町のシェアハウス・バンライフステーション『田舎バックパッカーハウス』

石川県 知事 谷本正憲
  1. 動く家 モバイルハウス 軽トラハウス モバイルハウスビレッジ
  2. Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島 キャンプ テント
  3. バックパッカー 石川県 日本
  4. 能登 石川県 穴水町 川尻 シェアハウス 田舎バックパッカーハウス
  5. オレゴンコースト 歩く
  6. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP