2012.01: <北陸>石川県穴水町

20ヶ月世界を旅している韓国からの友人と能登の生活スタイルを ~まずは能登で生原酒と岩牡蠣の絶妙なコンビネーションを味わう~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2012年1月13日(金) – 石川県穴水町に来て、明日で一週間が経つ。そんな長期間いたような気はしないのだが…
宗玄の生原酒、岩牡蠣(イワガキ)、水雲(モズク)など能登の新鮮で贅沢な食べ物三昧な日々が続く。昨日は、新田さんとぼくの他、20ヶ月ほど世界中を旅回っている韓国出身のジゥンさんも参加!20ヶ月前まで、ジゥンさん(35歳)はサムスンで半導体関連の部署で朝から夜中ごろまで仕事をしていた。が、「自分の人生ってこんなもんか…」と考えは始め、8年以上勤めたサムスンを退社し、世界の旅へと出発したそうだ。


このように旅に出ることは、一般的には「自分探しの旅」と言われている。「自分探しの旅」というのは、外から見ると「楽しそう」、「いいな。ずっと旅続けられて」と思われることがあるが、奥が深くて「大変」なのである。まず、毎月もらっていた給料がなくなる不安から「一歩踏み切る」ことも難しい。あらゆる人との出会い、食、酒、地方/田舎巡りなど、楽しいことはたくさんあるが、自分のバックパックには、衣服、自炊道具、テント、寝袋など生活に必要なモノの他、大きな「不安」も積めて旅立つ。


「職はどうする?」、「将来お金はあるの?」、「やっていけるのか?」など、将来への不安を感じることもあるが、ポジティブな将来像を自分らで描き、ネガティブな不安を潰しにかかる。しかし、「不安」も重要な荷物なので、完全消去はしたくない。そんなバトルも波のように起こる。
『旅』も楽ではないね、と自分の中で振り返った。


まぁ、それはともかく、この宗玄の生原酒は、冬季限定で製造されたもの。岩牡蠣とモズクは、その日、近所の漁師さんが海からあげてきたもの。岩牡蠣とモズクに、この宗玄の生原酒が合う。絶妙なコンビネーション!「その土地の組み合わせた食べ物がマッチする」とは、こういうことを言うんだ!と感じる日々…。牡蠣の身、牡蠣から海水がきいた出る汁、生の日本酒…。

石川県 穴水町岩車 (左から)町会議員の新田信明さん、自分(中川生馬)、韓国からの旅人ジゥンさん、今日採ってきた新鮮な岩牡蠣と記念撮影
石川県 穴水町岩車 町会議員の新田信明さんとジゥンさん、今日採れた新鮮なモズクをしゃぶしゃぶに
石川県 穴水町岩車 生原酒の宗玄(そうげん)、純米酒「千枚田(せんまいだ)」
石川県 穴水町岩車 水雲(モズク)のしゃぶしゃぶをホタテの形をした鍋に…

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. (動画)バックパッカーファミリーは能登の田舎で…
  2. 能登・穴水 朝焼けの七尾北湾に浮かぶボラ待ちやぐら ~ 潮騒の道…
  3. バックパッカー夫婦の能登への“拠点移動”と…赤ちゃん! R…
  4. 結生ちゃんカメラマン&バックパッカー撮影中 能登さくら駅<能登鹿島駅>にて 日本最大の“桜駅”能登さくら駅<能登鹿島駅>へ ~ 着物モデルも…
  5. 田舎へのバックパッカー旅からの“必然的”出会いと“つながり”
  6. 能登・穴水町の大きなナメコ
  7. サクラサク能登・穴水町 岩車で 大津波警報が!?
  8. day 70 石川県穴水町 “体にスーっと入っていく…”『100…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

神山 ヒッピー 田舎のライフスタイル in 徳島県神山町 1話 – 風力発電の建設と 自然と共に暮らす人々 クラブハウス 田舎 地方 世間はClubhouseが爆発的な流行… なんで?さすが日本って感じがしてならないけど 【メディア掲載】日経本紙「日経プラスワン」に登場 「くらし探検隊 災害時の避難にも車中泊試した―安全な場所確保 準備十分に」 マイクロソフト ユニバーサル・モバイル・キーボード 出張 パソコン 不要 スマホで十分 仕事 【田舎でITレビュー】短期間の出張「旅」 モバイル周辺機器で仕事を快適に その1 – キーボードとスマホ スザーンロス day 70.5 輪島塗と独自の技法でデザイン“Power of Wood(木の力)”を感じられる作品をつくるスザーン・ロスさん

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. 海 プール 田舎暮らし 遊び場 穴水町 岩車 石川県 能登
  2. 日経 AR 記事

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

田舎バックパッカーハウス <応募条件とご利用の申し込みについて>
田舎バックパッカーハウス < 公式概要と利用料金について>
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
Carstayと田舎バックパッカー、国内初 中長期滞在“住める”民家の駐車場「バンライフ・ステーション」を能登にオープン
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
『田舎バックパッカーハウス』のシェアハウス&オフィスと、長期間 住める駐車場<車中泊スポット>『バンライフ・ステーション』について<まとめ情報>
田舎へのバックパッカー旅の背景『ぼくの人生 これでいいのか』の自問自答
【田舎クルマ旅グッズ】買ってはいけない夏の“返金OK・返品不要”車中泊アイテム
星空旅スポット: 能登・穴水町で『天の川』 ~ 街灯がない地方の魅力 ~
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。