徳島県 上勝町 - Kamikatsu Town (Tokushima Pref)

おばあちゃんたちがタブレットPC 「Galaxy Tab」を使いこなす上勝町 ~“かみかついろどりラジオ”に明日出演~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
20111220日(火)さて、明日(21日(水))、上勝町をメインに取り上げている徳島のラジオ局「FM TOKUSHIMA 80.7」の番組「かみかついろどりラジオ」(16301650)に明日(21日)、ぼくらバックパッカー/“ストリートキャンパー”夫婦のインタビューが放送される予定です。

今年10月下旬~11月上旬、徳島県の上勝町(かみかつちょう)に行ってきました。 彩りの“葉っぱ”で有名な町で、60歳~90歳のおばあちゃんたちが、ドコモのタブレットPCGalaxy Tab」を使いこなしている上勝町です。※放送翌日、「かみかついろどりラジオ」のポッドキャストでも視聴可能。

一回目の上勝町 「山越え」

上勝町には、1年間で三回も行ってしまいました。一回目は…実にディープな内容でした。

初めて上勝町へ行ったのは、1年前の12月。まず、同県吉野川市鴨島町から神山町まで、ヒッチハイクでの移動も含め、歩いて行きました。
やっと着いたと思いつつも、ぼくらはさらに歩き続け、神山町から上勝町への標高約1200m以上の“山越えを試みました…。テント、寝袋、自炊道具、ITグッズなどを入れた6575リットル級のバックパックを担いでです…。
途中、道を聞いた人たちによると、「んーそうだね~。大体6時間ぐらいで行けるんじゃないか?!」との話しだったのですが、とんでもない!実際かかった時間は、なんと“約30時間”です。山中で一泊!しかも、ただの山中での一泊ではないのです。“土砂崩れ×テント泊×動物の鼻息”です…。山を越えてようやく上勝町に辿り着きました。これが一回目です。上勝町には一泊しただけでしたが、料理などの飾り付けのための彩りの葉っぱ“いろどり”ビジネスとダイナミックな勝浦川が強く印象に残りました。

二回目の上勝町 「出会い」

この“山越え”で…「徳島県には懲りたでしょ~」と思う方々もいるかと思いますが…。その後、(まだ詳細の記録としては載せていませんが)また今年6月に上勝町を再訪してしまいました。四国放送「ゴジカル!」にレギュラーで出演している株式会社いろどりの滑川里香さんや上勝町在住でぼくらと同じ鎌倉出身の夫婦と出会いました。そこでの “出会い”と“つながり”がなければ、3回目はなかったかもしれない…。上勝町は、“山越え”で疲れ切ったことを忘れさせてくれる町でした。

そして、「また上勝町へ行くぞ~」ということになり、今年10月下旬~11月上旬、今度は株式会社いろどりのインターン生として、上勝町へ!
三回目の上勝町 
「さらなる出会い」と「つながり」
「そうだ、葉っぱを売っちゃおう!」と20年前に農家の人たちに提案した いろどり社長の横石さんと横石さんの提案を信じ続け一緒に取り組んできた農家の人々(今は有名になっていますが…よく考えれば“ただの”葉っぱですよ…その事業をここまで拡大させた!)、27歳でサラリーマン生活から離れ約15年も旅を続け現在自給自足をして上勝町に暮らす人(現在65歳)など…個性豊かな人たちが上勝町にいます。

そんな、上勝町になぜ3回も行ってしまったのか?ぼくらにとって、上勝町とは…。

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. NHK「あさイチ」に“田舎業界”注目の徳島県上勝町が! ~ 明日…
  2. 田舎のビッグイベント『ニッポンのすごい田舎の“普通じゃない”お話…
  3. “田舎バックパッカー”がいる徳島県上勝の隣町 神山では… ~“田…
  4. 田舎へのバックパッカー旅からの“必然的”出会いと“つながり”
  5. 徳島のラジオ局「エフエムびざん(FM79.1)」にぼくらバックパ…
  6. 田舎バックパッカーは現在、テレビ東京「日経スペシャル ガイアの夜…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

自家製味噌 美味しい day 65.2 石川県穴水町(味噌作りの途中に)『そうだ!“微生物”を食べ物に入れよう!』または『あ!微生物が入った物を食べてたね!』の発想からの創造 ~ “微生物”を食べることを決めたクレイジーな人たち ~ 一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか? 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ 【メディア掲載】能登穴水町の長期滞在可能な車中泊スポット「田舎バックパッカーハウス」舞台の漫画「渡り鳥とカタツムリ」 石川県 志賀町 非核宣言 能登の田舎にある志賀原発 再稼働するのか?大丈夫なのだろうか? 鳴嶋英雄, ナルシマフレンド, 自転車 day 48.1 高知県甲浦駅で都内自転車店『なるしまフレンド』の鳴嶋英雄さんとの出会い ~ 最初は誰でも「パンク修理すらできない」 ~

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
vanlife asahi バンライフ 朝日新聞
  1. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  2. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
【バンライフ動向】朝日新聞の“選挙”コーナーにバンライフに関するコメント 女子大生バンライファー宮本芽依さん
田舎バックパッカーハウス < 公式概要と利用料金について>
デルのノートパソコン 購入半年で三度目の修理、デルの最悪なサポート対応を暴露
day 76.6 福岡県 小呂島 EXILEのミュージックスクール特待生 島田乾生くん家族とバックパッカー夫婦の夕べ
【田舎で仕事】カナダ出身の映画俳優兼監督コナー・ジェサップ 『クリエイティブ“田舎”ワークスペース』で脚本執筆中
【田舎で仕事 ‐ 田舎バックパッカーハウス】「さよなら、ぼくのモンスター」のコナー・ジェサップが写真で語る『結生の能登暮らし』続編
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
田舎バックパッカーハウスの初代ユーザー、Netflixオリジナル映画「Locke & Key」に登場!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。