Hokkaido - 北海道

日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
brown bears on shiretoko peninsula in Hokkaido Japan ヒグマ 羆 知床半島 北海道 日本

これはつい最近あった北海道知床(しれとこ)での「羆(ヒグマ)」の遭遇ストーリー。その時の想いは、全て秒速単位で感じていたことだ。*北海道のヒグマ亜種は、エゾヒグマとも呼ばれる。

ぼくら田舎バックパッカー夫婦はこの日、世界自然遺産の北海道・知床半島にある「カムイワッカの滝(別名: カムイワッカ湯の滝)」に向かっている途中だった。

ぼくは車窓から顔を突きだして自然を感じていた。

蝦夷鹿(えぞしか)はいたるところにいる。ぼくが窓から顔を出して探していたのは熊だ。滅多に遭遇しないという話しを聞いていた。

常に黒いものをみると、「ん?!熊か?」と気持ちが先走ってしまう。

早朝6:00ごろ、ぼくらは2頭の羆(ヒグマ)と遭遇した。

その瞬間、冷静に興奮した状態で「熊だ!いた!」と、結花と運転していた二階堂さんに静かな声で叫ぶ。二階堂さんは北海道出身でハイエースであちこちへとクルマ旅している大分で出会った友人。

ヒグマは、ぼくらがクルマで走っている砂利道から下の坂 約30メートル先にいる。



坂の角度は約25度。車がとおれる砂利道の両サイドには笹や木が生え、ヒグマが歩いている周辺には泥っぽく、池がある。

brown bears on shiretoko peninsula in Hokkaido Japan ヒグマ 羆 知床半島 北海道 日本

世界自然遺産の北海道 知床半島にある「カムイワッカの滝(別名 カムイワッカ湯の滝)」へ行く途中に遭遇した野生の羆(ヒグマ)

「ヒグマ…でかい…」まさに野生のヒグマだった。

傾斜なので、車から降りないと撮れない。「ヒグマには滅多に遭遇しない。

これを逃したら、もう一生野生のヒグマに遭遇することはないかもしれない」と瞬間的に感じたぼくは、クルマを降りて、クルマの近くで撮影を始めた。

しかし、望遠での撮影だが、少し遠くてヒグマを撮れない。ヒグマは先へと進んでいるので、距離もどんどん遠くなる。

クルマから少しづつ離れ、ヒグマに見つからないように望遠レンズを使った撮影を始めた。

さすがに傾斜をおりることはできない。危険すぎる。

brown bears on shiretoko peninsula in Hokkaido Japan ヒグマ 羆 知床半島 北海道 日本

ぼくがヒグマを撮影していた時間は約15分間。一枚目は6:05に撮り、最後は6:13に撮影している。

興奮しすぎて、時間はそこまで気にしてられなかったが、おそらく15分ぐらいだったかと思う。

ぼくは、ある程度の距離はおいたまま、ヒグマに少しずつ距離を縮めようとした。

brown bears on shiretoko peninsula in Hokkaido Japan ヒグマ 羆 知床半島 北海道 日本

ヒグマの一歩は大きいため、歩きでもかなり早いスピードで進んでいる。

止まって撮影していると、ヒグマはどんどん先に行ってしまう。撮影が追いつかない。

しかも、大きい動物なのに、走ると時速50キロから60キロ。人よりも、はるかに早い。

ぼくは、2頭のヒグマの斜め右前へと回り込み、シャッターをきる。ただ心臓が「ばくばく」して手が震えるばかり。「武者震い」の最高点に達していたのだろうか…

しかし、手が震えて中々写真が撮れない。

距離もどんどん遠くなっている(続きはこちら

 

ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

関連記事

  1. 今年もロシアから琵琶湖に“アイツ”が飛んできた
  2. Hokkaido fox wild life animal 北海道 キタキツネ 北狐 バックパッカーが旅する北海道 知床半島 かわいいキタキツネとの出…
  3. wild life sperm whale shiretoko hokkaido japan マッコウクジラ 知床半島 北海道 日本 北海道へのバックパッカー旅: 日本で最も大きい野生動物マッコウク…
  4. brown bears on shiretoko peninsula in Hokkaido Japan ヒグマ 羆 知床半島 北海道 日本 日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で 2話目…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

brown bears on shiretoko peninsula in Hokkaido Japan ヒグマ 羆 知床半島 北海道 日本 日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 メディア掲載: “住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に 石川県 志賀町 非核宣言 能登の田舎にある志賀原発 再稼働するのか?大丈夫なのだろうか? 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan 田舎へのバックパッカー旅の背景『ぼくの人生 これでいいのか』の自問自答 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅 ビジネス・経済誌最大の日経ビジネスのコラム「時事深層」でバン泊新市場

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登

田舎 広報 仕事
  1. SUUMOジャーナル ライター バンライフ 新生活様式
  2. SNS 中傷 コメント
  3. 長期滞在 車中泊スポット 住める駐車場 シェアハウス 能登 石川県 穴水町
  4. バンライフ 秋葉博之 秋葉洋子 夫婦 家捨て 家売却 横浜出身
  5. 長期滞在 車中泊スポット 駐車場 シェアハウス 能登 石川県 穴水町
  6. 読売新聞 朝刊 Carstay カーステイ トヨタ Mellow メロウ

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP