2011-03-04 Backpacking Kyushu Kumamoto - 九州 熊本へのバックパッカー旅

day 99.6 牛深で…北海道の旅人 二階堂さんの“自宅”100系ハイエース訪問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
100系ハイエース クルマ旅

2011年4月1日、熊本県天草市牛深町 – さて、ぼくらはまだ牛深(うしぶか)にいて、二階堂隆夫さんとの会話はまだまだ続いている。(前回の話しはこちら

二階堂さんは100系のハイエースを“家”として活用し、全国を旅する北海道出身の58歳だ。

ぼくら田舎バックパッカーと二階堂さんは、牛深ハイヤ大橋の高架下で出会い、話しが弾み、ぼくらは二階堂さんのクルマ旅スタイルを探っているところだ。

二階堂さんから「うち(クルマ)の釜 見てみる?」と言われ、二階堂さんのクルマへ向かった。

100系ハイエース クルマ旅

世の中には、本当にあらゆる旅人がいる…と思ったこの日だった。

二階堂さんのクルマであるこのハイエース、運転席と助手席より後ろは、完全にカスタマイズされている。

ぼくらバックパッカーとは完全に違う旅スタイルで面白い。

100系ハイエース クルマ旅

 

クルマに釜だぁ?!

ご飯釜が…クルマに設置された木の棚の上に“ひょい”っと置いてある。

見た目、立派な釜っぽい。

100系ハイエース クルマ旅

1480円なんですよ」と二階堂さん。

ぼくの反応は…

この釜はさすがに重すぎて、ぼくらは歩きなので、持ち運べないなぁ

いやいや…釜の金額や…重さより…

「クルマに釜~~?!」ってところでしょ。

そして、そんな釜の価格よりも気になるのは…このモノ溢れたクルマの中だ。

 

一体なんなんだこのハイエースの中は?

「どこで寝てるんですか?」と尋ねると「ここで」と後ろのベットを見せてくれた。ベットの上にはギターが置いてある。

100系ハイエース クルマ旅 ギター 二階堂隆夫

「でも、失敗したのが、このベットを高くしすぎて、(ベットに)座れないのさ。(北海道に)帰ったとき、修理しようと思ってるの」と、二階堂さん。

このハイエース内で…十分生活できるかもなぁっと考えながら、もろもろ話しを聞く。

しかし…クルマの中は整理されているようには見えず…

“そこそこ”きったないが、とにかくこの…自作スタイルがいい!

だが…バックパッカー旅をして必要最低限のものを持ち歩いているぼくからすると、必要ないものが多そうだなぁという印象も受ける。

ハイエースの中には緊急時のためにポータブルトイレもあるが、一度も使っていないらしい。

「一応、積んでおくか」という感覚で荷物を積んでいくと、クルマの中が満タン状態になる。

旅に出ると、生きていく上でが不要で、次回必要そうなアイテムがわかってくる。

新たに作るものなど、毎回“宿題”がでる。ぼくらは重い荷物を背に担いでいることから、話していることがよくわかる。

 

電気はどうしているのだろか?

バックパッカー旅で困ることは電気だ。

カメラ、スマートフォン、パソコン、ICレコーダーなど、あらゆる電機機器の充電で電気が必要となる。

クルマの場合、エンジンにバッテリーを積んでいるわけだが...このハイエースには3台のバッテリーを積んでいると言うのだ!

この“業界”では、サブバッテリーと呼んでいる。

詳しいことは分からないが…「3台のバッテリーにプラスの線をつなげて、マイナスの線は、車体につなげれば充電できるのよ」と...

100系ハイエース クルマ旅 バッテリー

エンジンとつなげて、走りながら充電する“走行充電”というやつだ。

エンジンのバッテリーが万が一弱ってしまっては困る。そこで、クルマの後部座席、二階堂さんのクルマの場合、「うしろの寝床」下にバッテリーを積んで工夫しているのだ。

バッテリーを積んで、旅に不自由はないそうだ。発電機は騒音がひどいので、バッテリーが一番とのこと。

旅の最中、困ることは、“充電”できるスポットなのでこのバッテリーは実に便利だ...素晴らしい。

ハイエース ポータブルトイレ

また、万が一のため、ポータブルトイレも積んでいる。

しかし、まだ一度も使用してない。「あ~良かったぁ~」となぜかほっとする自分...

クルマの“後ろ”を作るのが楽しみなんだ」と、笑いながら解説を続けてくれる二階堂さん。秘密基地みたいな感じで楽しそうだ!(続きはこちら

 
<前回のストーリー 『day 99.5 旅のトイレ…仕上げに綺麗なお湯を使えば風呂はいらない…という新しい“旅人”的発想』>

<次回のストーリー 『day 99.7 熊本県天草市牛深で…“スゴイ”クルマ旅人との出会い ~ 『万が一グッズ』ばかりの100系ハイエース ~』>

 
●関連するストーリー:

  • 旅の背景はこちらから
  • 【2010年10月】能登半島へのバックパッカー田舎旅こちらから
  • 【2010年11月】四国“左周り”のバックパッカー田舎旅こちらから
  • 【2010年12月】四国“右周り”のバックパッカー田舎旅こちらから
  • 【2011年1月】能登・穴水町岩車椿崎での田舎暮らし体験はこちらから
  • 【2011年2月~3月】福岡県 小呂島、長崎県 五島列島や池島の島々へのバックパッカー田舎旅はこちらから
  • 【2011年3月~4月】熊本県天草へのバックパッカー田舎旅はこちらから

 

関連記事

  1. 熊本県 天草市 崎津 十字架 モニュメント バックパッカー 田舎旅 熊本県天草へのバックパッカー旅 『ハイエースでの小便事故の衝撃』…
  2. 天草 伊勢元 いせげん 郷土料理 岩下さん day 97.1 天草の“地”居酒屋食堂「伊勢元」で郷土料理 ~…
  3. winter snow tire in Hokuriku Ishikawa Noto Japan 北陸 石川県 能登半島 スタッドレス タイヤ 冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノ…
  4. day 99.3 二階堂流クルマ旅スタイル 旅先の温泉の上限価格…
  5. day 97 熊本県天草 朝から公園でドライカレー作るバックパッ…
  6. 鎌倉 江ノ島 富士山 サーファー 熊本県天草へのバックパッカー旅記録 “ぞくぞく”と身震いする強い…
  7. ハイエース クルマ旅 辛口一献 日本酒 積む day 99.7 熊本県天草市牛深で…“スゴイ”クルマ旅人との出…
  8. 熊本県 天草 テント 野宿 バックパッカー 話題の天草へのバックパッカー旅…密かに更新中

コメント

Pickup Post

creative coffee shop countryside in Japan 能登での田舎暮らし: 穴水町岩車にカフェ?! 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅 ビジネス・経済誌最大の日経ビジネスのコラム「時事深層」でバン泊新市場 北陸中日新聞 カナダ人映画監督 穴水で脚本 能登暮らし 創造力刺激 コナージェサップ メディア掲載:中日新聞『カナダ人映画監督 穴水で脚本』コナー・ジェサップ 動く家 モバイルハウス 軽トラハウス モバイルハウスビレッジ こんな家いかが?走るよこの「ワンベッドルーム軽トラック」 nuroモバイル ソネット 0SIM 通話向け最安MVNO格安SIM「0 SIM」20年8月末でサービス終了 | 田舎でITレビュー

今季の牡蠣出荷・販売開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

能登・石川県穴水町のシェアハウス・バンライフステーション『田舎バックパッカーハウス』

石川県 知事 谷本正憲
  1. 動く家 モバイルハウス 軽トラハウス モバイルハウスビレッジ
  2. Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島 キャンプ テント
  3. バックパッカー 石川県 日本
  4. 能登 石川県 穴水町 川尻 シェアハウス 田舎バックパッカーハウス
  5. オレゴンコースト 歩く
  6. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP