2011-03-04 Backpacking Kyushu Kumamoto - 九州 熊本へのバックパッカー旅

day 99.5 旅人のトイレと風呂に関する“革新的”な発想?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
天草 バックパッカー夫婦 テント泊

2011年4月1日、熊本県天草市牛深町 – 「ここに一体なにがあるんだ?!」「ここの人たちってどんな暮らしをしているんだろうか…」

という気になる田舎スポットを見つけると、その地域周辺を集中して歩き、地域の人に挨拶して交流し始めるぼくらバックパッカー。

だが、その日の終わりには、トイレが近くにあるテントスポット(寝床)に辿り着くことが重要である。

そして、可能であれば、近くにお風呂(温泉や銭湯)があると尚良い。

バックパッカーやクルマ旅人、同じ旅人同士…共通して気になる“その日の終わり”のポイントは、そのあたりだ。

そして、冬のバックパッカー旅で、“ありがたい”トイレは…

 

旅のトイレ…

多目的トイレの利便性トピックの話しにもなった。話しは…“あちこち”へ飛んだり…戻ったりと忙しい。

「多目的トイレってお湯がでるからいいよ」と言う。しかし、ぼくらの経験上、多目的トイレのお湯は一時的で、しばらくすると冷水になってしまったりする。

秋や冬場、顔を洗うとき、冷水だと厳しいのだ…

それにしてもお湯が出る多目的トイレって少ないですよね

和式トイレは疲れるから、やっぱり洋式ですよね

っと…ぼくらのたわいもない会話は続く…

これは、ぼくらのようなバックパッカー、テント拠点や自作宿泊スタイルの旅人にしかわからない話しだろうね。

客観的にこの会話を聞いている人がいたら…「なんじゃ、この会話!」って感じなのだろうなぁ~っと思いながらも、話しは続く。

 

そして、ぼくらの会話は…お風呂ネタに舞い戻る…

ウェットスーツの話にもなり…二階堂隆夫さんの発想はとんでもない!

ウェットスーツとシュノーケルつけて、海でばたばたしていれば、風呂入らなくていい

…っと一言…

え~~!!??そうきたか…と思いつつ…

でも、それじゃぁ、塩が体についちゃいますよ!

と突っ込むと…

いやいや、あとはペットボトルの水で海水を流せば良いんだよ

なるほど…適当な水で汚れを落として、最後の仕上げとして、綺麗な水を使えば良いのか…

「なかなか考えた発想だ」と…この会話を締めくくる。(続きはこちら

 
<前回のストーリー『day 99.4 クルマ旅の二階堂さん、釣り竿は自給自足できる旅道具』>

<次回のストーリー『day 99.6 熊本県天草市牛深で…北海道の旅人 二階堂さんの自宅“ハイエース”訪問』>

 
●関連するストーリー:

  • 旅の背景はこちらから
  • 【2010年10月】能登半島へのバックパッカー田舎旅こちらから
  • 【2010年11月】四国“左周り”のバックパッカー田舎旅こちらから
  • 【2010年12月】四国“右周り”のバックパッカー田舎旅こちらから
  • 【2011年1月】能登・穴水町岩車椿崎での田舎暮らし体験はこちらから
  • 【2011年2月~3月】福岡県 小呂島、長崎県 五島列島や池島の島々へのバックパッカー田舎旅はこちらから
  • 【2011年3月~4月】熊本県天草へのバックパッカー田舎旅はこちらから

 

ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

関連記事

  1. 福岡県 小呂島 day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に…
  2. ハイエース クルマ旅 辛口一献 日本酒 積む day 99.7 熊本県天草市牛深で…“スゴイ”クルマ旅人との出…
  3. 天草 苓北 松野鈴代さん 中川生馬 day 103 熊本県天草郡苓北町から鎌倉へ ~ 一人旅と二人旅…
  4. day 99 熊本県天草市牛深で…気になる“黒い旅人…
  5. 田舎 離島 学校訪問 day 76.2 福岡県 山道を歩き小呂島に眠る“要塞”へ。島の…
  6. 旅人 バックパッカー 女性 day 76.5 福岡県 小呂島でEXILEのボーカル・オーディ…
  7. 小呂島 福岡 day 76.4 福岡県 小呂島にEXILEメンバーが!?「人か…
  8. 天草 伊勢元 いせげん 郷土料理 岩下さん day 97.1 天草の“地”居酒屋食堂「伊勢元」で郷土料理 ~…

コメント

Pickup Post

ドイツ オランダ アルチャ 輪島 龍昌寺 Arca from the Netherlands in Ryushoji temple Wajima 能登で田舎暮らし希望 ドイツ出身で19歳のアルチャと輪島の龍昌寺、穴水の空家見学へ van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影 「車中生活」「バンライフ」の“影”に必要なこと | NHKスペシャル記事「車中の人々 駐車場の片隅で」から考える suumoジャーナル 田舎で仕事『執筆』: 不動産情報メディア「SUUMOジャーナル」に「可動産」 天草 バックパッカー夫婦 テント泊 day 99.5 旅人のトイレと風呂に関する“革新的”な発想?! 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 メディア掲載: “住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に

今季の牡蠣出荷・販売開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

能登・石川県穴水町のシェアハウス・バンライフステーション『田舎バックパッカーハウス』

suumoジャーナル
  1. 石川県 知事 谷本正憲
  2. 動く家 モバイルハウス 軽トラハウス モバイルハウスビレッジ
  3. Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島 キャンプ テント
  4. バックパッカー 石川県 日本
  5. 能登 石川県 穴水町 川尻 シェアハウス 田舎バックパッカーハウス
  6. オレゴンコースト 歩く

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP