2011-03-04 Backpacking Kyushu Kumamoto - 九州 熊本へのバックパッカー旅

day 95-96 バックパッカー、夜行バスで横浜から博多経由 天草へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
横浜駅 博多 夜行バス

2011年3月29日(火) – ぼくら田舎バックパッカーは、昨晩22:00横浜駅西口天理ビル前発の夜行バスで、福岡県博多駅へと向かった。(前回の話しはこちら

 

旅の移動手段『夜行バス』

横浜から博多までの夜行バスの料金は約7,800円。乗り換えなしで、寝ている時間を有効活用するので、夜行バスでの遠出は悪くないバックパッカーの移動手段なのだ。

横浜駅 博多 夜行バス

特急電車だと2万5千円弱で約5時間半、鈍行だと1万5千円弱だが、約26時間もかかる。

ぼくらバックパッカーにとって夜行バスはお手頃価格で、寝ている時間を有効活用できることから遠出の移動手段としてはベストだと考えている。

前回の五島列島(長崎県)のバックパッカー旅で、「天草へ行ってみたい~!」と結花のリクエストで、今回、天草へと向かうことになった。(五島列島のバックパッカー旅はこちらから)

12:00ごろ、博多駅に到着した。博多駅からは電車に乗り換えた。鹿児島本線快速電車で、荒尾駅へ。

荒尾駅で乗り換えに余裕があったので、結花がトイレに行ったついでに、缶コーヒーを買ってきてくれたが、残念ながら、電車を待ちながら座っていたベンチに置いてきてしまった。

熊本駅 バックパッカー 天草へ

その後、熊本駅に14:33に到着。天草方面の三角駅へと向かった。

16:00前、熊本県宇城市(うきし)の三角駅に着いた。

ここからバスに乗り換えて、天草へ行く予定だが、時間が遅かったので、三角駅付近でテント泊することにした。

熊本 三角駅 バックパッカー

三角駅の外にあった周辺案内の看板をみる。

このあたり(天草エリア)では、年中野生のイルカを見ることができるそうだ。

熊本県 三角駅

駅近くの乗船券が売っている建物へ行き、中に入ると、1階の売店「三角みかん直売所」(0964-52-2369)の前で、一人のおばさんが紫色のドレスを縫っていた。

「何をやってるんですか?」と尋ね、話しが始まった。(続きはこちら

熊本県 三角駅 バックパッカー 旅

<前回のストーリー 『バックパッカー旅、次はどこへ… 大震災後 鎌倉散策しながら村尾茂雄さんと語る』>

<次回のストーリー 『day 96 熊本県三角町で“戦争”と“震災”について語る75歳のおばさん、』>

 
結花のブログはこちら

 
●関連するストーリー:

  • 旅の背景はこちらから
  • 【2010年10月】能登半島へのバックパッカー田舎旅こちらから
  • 【2010年11月】四国“左周り”のバックパッカー田舎旅こちらから
  • 【2010年12月】四国“右周り”のバックパッカー田舎旅こちらから
  • 【2011年1月】能登・穴水町岩車椿崎での田舎暮らし体験はこちらから
  • 【2011年2月~3月】福岡県 小呂島、長崎県 五島列島や池島の島々へのバックパッカー田舎旅はこちらから
  • 【2011年3月~4月】熊本県天草へのバックパッカー田舎旅はこちらから

ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●バックパッカーが掲載されたまたは執筆した雑誌の一部


関連記事

  1. 鎌倉 紅葉 おすすめ ライトアップ 田舎バックパッカーが行く『秋』の鎌倉 『池』が紅葉するスポット…
  2. <都会にある小さな田舎>鎌倉がロケ地のテレビドラマ「続・最後から…
  3. 天草 苓北町 ドラえもん 松野さん day 102 熊本県天草郡苓北町で松野さん夫婦との出会い ~ …
  4. 五島列島 宇久島 Goto islands ukujima イナ旅スポット:五島列島がロケ地の『出川哲朗の充電させてもらえま…
  5. 熊本県 天草 苓北町 松野さん Kumamoto Amakusa Reihoku Matsuno 熊本県苓北町でアリューシャン列島 “超”遠洋漁業のお話し
  6. 福岡県 小呂島 day 76.3 福岡県 小呂島 少人数の学校のメリットやデメリ…
  7. バックパッカー 天草 若宮海水浴場 テント 野宿 キャンプ day 103.1 熊本県天草市五和町 若宮海水浴場での綺麗な海…
  8. day 98.3 熊本県天草市牛深「うしぶか海彩館」から地域初の…

コメント

Pickup Post

動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」中川生馬さん(右)と会話を弾ませて交流を深める赤井成彰さん=穴水町川尻で 写真 金沢の赤井さん、穴水で魅力伝える 宿泊型移動車「モバイルハウス」で一風変わった旅をしている赤井成彰さん(30)=金沢市=が二十九、三十の両日、穴水町川尻に宿泊し、なじみの薄いモバイルハウスの面白さを町民らに伝えた。(田井勇輝)赤井さんは昨年春、営業社員だった大手玩具メーカーを退社。ハワイでの暮らしを夢見て、貯金するため家賃を節約しようとさまざまな生活の仕方を模索。家を持たないで車内や荷台で寝泊まりしながら生活するモバイルハウスと出合った。中古の一トントラックを購入し、昨年十月から荷台で部屋作りを開始。長さ二・五メートル、幅一・六メートル、高さ一・九メートルの木製による落ち着きある空間を手掛けた。壁を開閉して楽しめる縁側や、天窓、折り畳み式机といった工夫を凝らした家具を設置。外壁はオレンジ色と茶色の細長い板千枚以上を組み合わせ、魚のうろこを表した。製作は今年一月に終了。車の購入と製作の総額約九十万円の大部分は資金を募るクラウドファンディングで集めた。モバイルハウスの可能性だけでなく、全国の魅力ある人や場所を探そうと、今月二十七日に金沢市を出発。車中泊可能な場所を検索できるサイト「カーステイ」で、中川生馬さん(40)=同町岩車=が運営する場所を見つけ訪れた。赤井さんは中川さんや通り掛かった住民に「まさに動く個室。行った場所がどこでも庭になる」と熱く語った。バックパッカーとして国内を旅した経験がある中川さんとはうまが合い、縁側でいつまでも会話を弾ませていた。赤井さんは十一月末まで全国を巡る予定。三十日は珠洲市、三十一日は七尾市能登島で泊まり、その後県外に出る。 【メディア掲載】中日新聞『動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」』 読売テレビ バンライフ 車中泊 カーステイ Carstay 【メディア掲載】大阪の読売テレビ「かんさい情報ネットten.」にバンライフ特集で登場 神山 ヒッピー 田舎のライフスタイル in 徳島県神山町 1話 – 風力発電の建設と 自然と共に暮らす人々 中日新聞 大堀悟 Obori Satoshi on Chunichi Newspaper 【メディア掲載】中日新聞「先輩移住者に共鳴、穴水へ」 移住者が新たな移住者を“呼ぶ” 石川県 移住特使 石川県の移住促進プロジェクト「いしかわ移住応援特使」に任命

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

石川テレビ バンライフ ishikawa tv vanlife media
  1. Carstay CMO 田端信太朗 資金調達
  2. ドキュメント ユーチューブ 能登 石川県 穴水町 中川生馬 取材
  3. kinto carstay キャンピングカー プレゼント
  4. 福岡県 小呂島

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP