2011.02: <九州>福岡県(小呂島)・長崎県(池島・五島列島)

day 90.2 五島列島 野崎島 世界遺産暫定リスト「長崎の教会群とキリスト教関連資産」の一教会がある無人島 ~学塾村へ向かう途中の…とんだ“大きな”ハプニング~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2011年2月9日(水) – ぼくら田舎バックパッカー夫婦は現在、五島列島の一つ無人の野崎島にいる。 無人といっても、人の代わりに鹿400頭がいる。

「なぜそんなところにいるか」って?

簡単に言えば…五島列島にいる地元の人たちから薦められたからだね。

9:40頃、船の旅人菊池幸紹(きくち ゆきつぐ)さんの船から降りて、自然との触れ合いが目的につくられた島のアウトドア宿泊施設「野崎島ワイルドパーク自然学塾村(がくじゅくそん)」へと向かった。

港から学塾村までは徒歩約20分。バックパックは、菊池さんのヨット近くに置かせてもらった。

五島列島 野崎島で見られる野生の鹿。合計400頭いると言われている

しかしながら、この話しは「学塾村まで20分も待てない…」って展開になる…

ぼくらは、廃墟となった村を通り抜け、学塾村へと歩き始めた。

船から降り、学塾村へと歩き始めると…ぼくはとにかく、トイレへ行きたくてしょうがない状態に。しかも、ウン悪く…“大きいほう”だ。

突然のハプニングで…ぼくは「結花ちゃん、だめだ!ちょっと先行くから!学塾村で!」っと、一人先に早歩きで学塾村へと向かう。時には走る…

「自然が綺麗な野崎島」だが、この状況下、今そんなことに構っている余裕はない。

かっなり…つらい状況にあり、その辺でしてしまいたいぐらいだが、紙がないし、今日小値賀から来たみんなもそこら辺をうろうろしている。(四国・徳島県神山町(かみやまちょう)から上勝町(かみかつちょう)への山越えを思い出す…こちら

本当にこの道で合っているんだろうなぁ…」と思いつつ、学塾村へ向かった。すぐに見えてくるかと思ったら、中々、見えてこない学塾村。道が合ってなかったらどうしよう…

五島列島 野崎島の「野崎島ワイルドパーク自然学塾村(がくじゅくそん)」。その前には、棚田の跡と山。横にはエメラルド色以上のカラーを誇る海が

ようやく「お~!やっと学塾村に着いた!」 っが!学塾村の入り口がどこだかわからない。

学塾村はフェンスで囲まれていて、鹿が入ってこられないようになっている。

入口どこだよ…」と焦る自分。

しかも入口だと思って向かったフェンスの扉は閉鎖されていて入れない。

「え~?!なんだよ!おい!」と、引き続き焦りを隠せない自分。

隠れキリスタンの人たちがつくった教会「野首天主堂(のくびてんしゅどう)」に猪鼻さんや、野崎島のガイドの人たちを見かけたので、「ここのトイレって使えますかねぇぇ~!」 と、大声で叫び聞いてみる。

五島列島 野崎島 野首天主堂が見えてきた。近寄って見てみたい。しかし、今はそれどこじゃぁない

入るのに料金がかかるかもしれませんよ~」、返答される。「トイレだけのために…料金取られる?そんなにここは厳しい施設なのかよ…」と思いつつも、学塾村に入ると、料金取られることなく、トイレを貸してくれた。

いやぁ…本当に助かった…」 館長の前田博嗣(まえだ ひろつぐ)さんや、受付にいた人は親切な人たちだった。

「ただのトイレぐらいで…親切なの…」っと思うかもしれないが、そんな状況下、ぼくにとっては天使的な存在になる
ようやく、とんだ大きなハプニング終了…

五島列島 野崎島の「野崎島ワイルドパーク自然学塾村(がくじゅくそん)」の入り口前で。学塾村の館長の前田博嗣(まえだ ひろつぐ)さん、数日前に宇久島(うくじま)で出会った同島観光協会の猪鼻聡(いのはな さとし)さん、佐世保出身の木山憲太郎(きやま けんたろう)さん。偶然にも今日、小値賀の港で、宇久島の二人と再会した。宇久島は五島列島 最北端に位置する島。ぼくらバックパッカーが小値賀へ来る前にいた島

さて、この「野崎島ワイルドパーク自然学塾村」館長の前田博嗣(まえだ ひろつぐ)さんと出会った。前田さんは5年間、自動車会社で働き、小値賀へ戻ってきた。小値賀では22年間、漁協勤務。現在、IT協会に属し、自然と向き合った仕事・生活をしている。

高校の修学旅行、大学のサークルなどのアウトドア活動で、野崎島へ来る学生たちも多いそうだ。

この学塾村の建物は、1985年(昭和60年)ごろまで、小学校だった。小学校の校舎を改装して、1989年(平成1年)から野崎島の自然を体験できるアウトドア宿泊施設「自然学塾村」となった。

昔、学塾村の周辺には、棚田もあった。今でも棚田の“段々畑”の跡が残っている。

一体…野崎島はなぜ…無人になってしまったのだろうか。

さっきは、もろもろの“焦り”があり、通り過ぎただけだったが、なぜこの島には天主堂があるのだろうか…?(続きはこちら

<前回のエピソード 『day 90.1 五島列島 野崎島 風を操る“遊船人”的ライフスタイルの菊池さんとの出会い ~無人島に2週間 海の上を拠点にするスタイル~』>

<次回のエピソード 『day 90.3 五島列島 世界遺産 暫定リストに登録されている無人・野崎島の“ちょっとした”歴史について』>

ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年l間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設で“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタル事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆”の山崖松花堂などの広報を担当する。また、移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. day 87.4 森さん宅へ戻る前に…五島列島・小値賀(おぢか)…
  2. 五島列島 野崎島 菊池幸紹 day 90.1 五島列島 野崎島 風を操る“遊船人”的ライフス…
  3. day 81.1 長崎県 大瀬戸から“池島”に向けて出発 ~池島…
  4. day 85.4 長崎県 五島列島・宇久島の隣にある人口14人の…
  5. day 90.5 バックパッカー田舎旅 in 五島列島 「中川く…
  6. day 83.1 田舎バックパッカー、長崎県佐世保へ
  7. day 91 五島列島の中通島へ ~五島を南下するバックパッカー…
  8. day 90.4 世界遺産登録が近い五島列島 野崎島 出発45分…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

穴水町 LTE 4G 5G 携帯電波 【田舎でITレビュー】穴水町岩車の田舎で突然LTEが入り始めた ~ 田舎移住で欠かせないモバイル通信 ~ day 10 石川県輪島から50キロ沖合に浮かぶ舳倉島へ のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣 東京の駅だったら批判殺到?!能登牡蠣“破格”食堂『あつあつ亭』2018年1月7日から van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影 「車中生活」「バンライフ」の“影”に必要なこと | NHKスペシャル記事「車中の人々 駐車場の片隅で」から考える 中日新聞 田舎 仕事 【メディア掲載】中日新聞『記者コラム 窓』~ 田舎は仕事ができる環境なのか ~

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所
  1. GAZOO 田舎バックパッカーハウス バンライフ ステーション vanlife station livable parking space
  2. 動くオフィス 書斎 ハイエース 自動車 車中泊
  3. 冬 車中 仕事 モバイルオフィス 動くオフィス 動く拠点
  4. 穴水町 大雪 石川県

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!<2021年注文受付・出荷・販売開始!>
【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
人気の動くオフィス「モバイル・オフィス」の存在感!
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。